fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・キリギリスの初鳴き為り。

                  キリギリスの初鳴き為り。(7/1/22)
 ラジオでは、猛暑猛暑の注意喚起が続いて居る。本日の家内の熱の籠もりが只事では無かった。ラジオでは東京の夜の気温が29℃と云うので在るから、それもむべなるかなの納得で在る。全戸開放で外気と同じ涼しさの交換では在るが、それも束の間で太陽が昇れば、猛暑の更生が開始されるヤレヤレ感で在る。カレンダーを7月に改めて、メモ用紙にカットする。遺憾いかん、少しはメモ紙の消費をしなければ為らない。昨日は目に合った老眼鏡を2つ買って来たから、書きながらの頁捲りをすると致そうか。

 老眼鏡を物色して居ると、お仲間年配者が遣って来て、愚痴溢しの面白さで在った。聞けば私同様に、健忘症で老眼鏡を各部屋に置いて居るとの由。従って安物で済ませて居ると言うし、老眼鏡で対応し切れない物は、虫眼鏡を使用して居るとの由。度数が読めないから、店員さんの所に行って読んで貰う物の、話して居る内に忘れて仕舞う爺ぃ二人で在るから、コミカルにして、何をや云わんかの嗚呼、歳は取りたくは無いの『情け無さ』で在る。

    昨日は、Sが手作りアンズジャムを持って来て呉れた。薄いピンク色で上品な色合いで在る。

 ラジオを聴いて居ると海外レポートで、インドネシアと日本の関係を三つ紹介されて居た。氷河期は現在の海水位が130mも低かったので、インドネシアと日本列島は陸続きで在ったそうな。2つ目は、7~9C日本の僧は海路でインドに行って居たそうでねその中継地がジャワ島のボロブドウールで在ったそうな。成る程と一つ世界史の勉強と為った。唐代の玄奘はシルクロード超えをして、『唐西域記』、義浄は渡印の際、往復ともジャワ島経由で『南海寄帰内法伝』を残して居る。
その当時のインドネシアはスマトラ、ジャワを本拠にマレー海峡を抑えて南シナ海の交易強国の座に在った。

 こんな風に教科書に出て居ない切り口に接すると、草原の道、オアシスの道、海の道の東西交流の担う手の北方騎馬民族、ラクダキャラバン、海ルートの並列性がストレートに繋がって来る。東アジア文化圏の規模の大きさと情報の共有化が好く理解出来て、歴史単語が関連付けて覚え易く為った次第で在る。三つ目は明治期の住み付き日本人商人のインドネシア商いの様で在った。

 別に意識して居る訳では無いが、或る物に興味を持ち続けて居ると、白紙の砂で在っても、紙の下の磁石の様に、砂の中の砂鉄が磁石に吸い寄せられる様に、姿を見せて呉れるから、不思議な物で在る。

 アレキサンダーでギリシアと中央アジアが繋がり、仏教がインド、ガンダーラ、ペルシァ、中国、東南アジア、日本を繋ぐ。蒙古の騎馬軍事力。中国理富、イスラムの商業ネットワークがユーラシア大陸にモンゴル世界帝国を樹立する。ラジオのひょんなインドネシアレポートから、こんな歴史絵巻のお浚いが出来るので在るから、これも無為自然の一断面かも知れぬ。
 
 大分、暑く成って来て、飯でも食べようかと思って居る処に、ギーと中途半端なキリギリスの初鳴きと相成った。いやはや、7/1の初鳴きとは、余りに出来過ぎた流れでは無いか。

 流石に急な猛暑続きで、食欲もあっさり系で在る。何か肉系で精を付けて置く必要が出て来た。この酷暑の中での選挙合戦で在るからして、立候補者さん達も大変で在ろう。

 連日、ユーチューブで熱血溢れる『参政党街頭演説ライブ』に涙腺全開で観て居るのだが、参政党一丸と為って、利権、職業政治家集団に『真一文字の中央突破』を敢行すべしと熱い声援を送って居る次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!