fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、お天道さんの暑さ為り。

                  本日、お天道さんの暑さ為り。(7/28/22)
 朝日で在るか、庭に朝降りをすれば、カサブランカと鬼ユリの見事な共演で在る。グラジオラスの終わった花茎を剪定鋏を持って来て、御苦労さんと上仏させて遣る。

     限られた物しか育たない地質で在るから、適者繁茂の緑に埋まる放置の環境で在る。

 雨で蘇生したブラックベリーの実が溌剌として居る。それが徐々に熟して来て、目下、採ってはジャム作りとして居る次第で在る。この分で行けば、中瓶2本が期待出来るかも知れぬ。
 如何云う訳か、今年のインゲンは不生りで終わった。幅広のモロッコは蔓を伸ばしに延ばして居るが、予想に反して、タイテのコラサの不甲斐無さを呈して居る。小滝スイカが一つ、プリンスメロンが一つの不生りで、如何ともし難さで在るが、これも自然観察の現れ事の一つと考えるしか無い。白花の百日紅が咲き始めて来た。

 庭降りをすると、途端に小蚊の餌食に為る次第で、する事をしての短時間の戻りとして、ムヒ塗りをする。蚊取り線香を炊いて、小部屋定位置で本日は朝茶とする。おやおや、キリギリス鳴く小部屋に、ミンミンゼミの紛れ込みで在る。朝からお天道さんのお出ましで在るから、堪らん暑さに向かうのは必至で在る。

 洗濯機の排水ホース交換、自転車のパンク貼りもした次第で、何かするも好し、しないも好しの時間送りで好かろう。7時半とも成ると、ミンミンゼミが鳴き、通勤帯が始まって来た。

      毎日が日曜日の独り暮らしの生活と為ると、夏場は飯が残って仕舞う物で在る。

 それでも盛夏の虫・キリギリスがキュウリと削り節だけでギース、チョン、ギースで夏を奏で続けて居るを以って、底辺貧民の小食で在っても、体調も崩さずに居られるので在るから、考える必要も無い生活なのだろう。世話を焼く必要も、焼かれる必要も無い生活空間は、私の気質、体質に合致して居るのだろう。

 ただ難としては、息抜きに庭に出て草むしり、水遣りなどをして居ると、ご近所高齢者連から、声を掛けられ、同じ内容の愚痴話しを長々と頂戴して仕舞う煩わしさで在る。子供時分から、そんな類の話は嫌いな性分で在った。世間では、それが高齢化の一般傾向との由で在るが、根が短腹者で在るから、ご近所さん話の演技をして居る次第では在るが、中々にその耐性が備わって来ない未熟者なので在る。へへへ。

『君子危うきに近寄らず』で、お姿を見付けると、隠遁の術を使って難を遠ざける行動を捕って仕舞う次第で在る。

 この頃は吾が天敵女様の高級車による車散歩を見掛けないと思って居たら、入院中との由。日に何度も散歩と云うよりも、徘徊の態と為って居る同年女性も話し掛けて来る会話もすっかり短く成って来て、危険信号かなと気に掛かる観察とも為って居る。散歩時に時々一緒に為る女性とも遭遇して居ない。時々入院をして居るとの由で在ったから、体調が芳しくないのかも知れない。

 コロナコロナの自粛モードで、今年で3年目の同級会自粛の流れで在る。その間に中学の同級生の男1人、女1人が他界した。健康上、気掛かりな男2人が居るので、どんな様子かの気掛かりも在る次第で在る。

 生命体は生まれて来た以上、命閉じる事が確定して居るので在るから、その長短が在るだけの事で在る。凡人が嘆いて見ても、一切始まらぬ生命の宿命で在る。宿命で在るるから、哲学する事も宗教に進む必要も無い。
 その内に歳の巡りの遅い戯けの私にしても、愚痴にすがる人恋しさ、徘徊の痴呆に向かう事に為ろうが、妖怪様の往生の様に矍鑠(かくしゃく)とした『終焉』を迎えたいと考えて居る次第で在る。

 備忘録を貸し出したら、一向に帰って来ない。増頁が7枚と為って居るから、挿入したいし、相当な歴史知識が備わって居なければ使いこなせない世界史ダイジェスト版にして世界史早見表の体裁と為って居る。

 言わば真正の『優れ物』なので在る。常々、回りからは『我田引水・自画自賛』と軽口を叩かれる次第では在るが、私の努力の結晶体の作品で在る。

 興味の無い人には『無用の長物』で積み読とは次元の違いなのだが、貸し出した私に目が無かった次第で在る。或る意味では3、4000頁、本数にして8冊以上、映画本数にしても何本分のエキスが注入されて居るので在る。幸い原本はPCドキュメントに残されて居るから、再印刷すれば復元出来る次第では在るが、『価値観への鈍感さ』が許せない次第なので在る。

 さてさて、詮無き事はこの位にして、愉しき世界史の思索探察のお時間と致しましょうかね。科学革命と評される17C前半の英ベーコンの帰納法⇒蘭グロチィウスの国際法⇒仏デカルトの演繹法⇒英ニュートンの万有引力⇒英を中心とした自然法・自然権思想・・・etcの科学的思考、思想の大開花期は50年程度の期間に誕生して居る。人間方法論、アブローチ法を見付けると、正に百花総攬の全方位開花をして行く物と驚嘆する次第で在る。
 中世カソリック世界の失敗に終わった十字軍遠征ながら、ギリシア・ローマ学の継承者アラブとの文明の衝突を経験して12Cルネッサンス、14~16Cルネッサンスを経験する事で、ギリシアが残した12神信仰での神を唯一無二の絶対神扱いをせずに、人間同様の神性と看做す事で、冷利な観察眼を以って客観的な科学的論理性を学問の基本姿勢として、学問体系を構築して来たアラブが引き継いだアリストテレス哲学の再花時期と観るのが、妥当な歴史観と云えよう。

          何事も絶対無二の存在を崇めるのは、思考停止に陥る物で在る。

 三年経っても、コロナコロナの繁栄振りで在る。一神教じぁ在るまいし、生物の持つ自然治癒力、免疫力、集団感染⇒集団免疫力、医食同源の未病体質を構築する為の体内環境、生活環境の改善と云った東洋医学的防御態勢と、外科的処方の西洋医学の長所と短所の取捨選択をして病気怪我に対応して行くしか無い筈で在る。
 自然界から生まれたのが人間で在るから、人間の生体組成も自然界の物で在る。化学薬物は、所詮は無機質の自然界外の異物で在るから、有機質態の人体に入れば、多かれ少なかれ、異物反応。拒絶反応を引き起こすのも道理と云う物では無かろうか。

 薬は極力生薬を選択して、人体を黙々と支え続ける自律神経の働きを維持する事に努めるのが、人体指令者の理性と云う物で在ろう。

『健全な肉体に健全な精神宿る』『可愛い子には旅をさせろ』では無いが、無菌室の潔癖症の過保護をさせてばかり居ては、生物の生態とは云えぬ次第で在る。WITHコロナで多種多様な地球生命体との共存で、情報収集には忍者衆を放つ。強敵の前に撃ち出す為には出城、招かざる敵には体内免疫力で対応する為の外濠、内濠、石垣、天守閣を造って防衛策とするのが『自然界の掟』と云う物で在る。

 其れなりに自己防衛策を採っても、人生には不可抗力は付き物で在る。『病いコウモウに至る』の本丸・天守落城と為らば、日頃の領国経営の失敗の咎を以って、五体五感を滅するで好かろう。

 自然界に範を取り、歴史に範を取り、人生経験に経験知を取れば、マスコミ騒ぎに付和雷同する必要も無く、我田引水・自画自賛の人畜無害の日の送りも出来る次第で在る。何事も、詮無き事は極力近寄らずに済ませる。物云わぬ植物、小さな物にズームアップして暮らすのも好き事で在る。へへへ。

 こんな行を打ち進めて居ると、電話で付き合えとの由。ビーバー修理のお伴方々、昼はイラッシャイマセの店で食べ、帰りに旧パソコンのキーボードとマウス、印刷用のブラック、カラーインクを買って来る。底辺貧民の財布は細った次第では在るが、これで当分、仕障無くブログ打ちが出来ると云う物で在る。近くにPCに強い者が居ると、真に助かる次第で在る。交換したキーボード、マウスもスンナリ稼働して、目出度し目出度しの段で在る。

 目下、3時半で在るが、炎天は退いて曇天の雷鳴の轟きで在る。これで一雨来て呉れると申し分の無い処で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!