fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・一枚の絵に、労いを頂戴する為り。

                一枚の絵に、労いを頂戴する為り。(8/6/22)
 災難は続く物で在る。今度はプリンターが機能せずに白紙のままで出て来る。有効期限切れによるスルー状態との表示で在る。メールアドレスor電話番号の入力と在るが、正しくないとの由で撥ねつけられて仕舞う。ピクチャを出して印刷すると作動するから、???で在る。SにSOSを発信して見て貰うが、インクが正しくセットされて居ないとの由で、一切作動し無く成って仕舞った。こう為ると、機械音痴の私はお手上げ状態で、プリンターを買い替えるしか無い。

 Sが帰った後、駄目もとで貧乏人の足掻きをして、インク装着部の拭き取りをしてインクの装着をして見ると、エラー表示のオレンジの点滅が無く成った。若しかしたらのスケベ心で試して見ると、作動した。然しながら、インして置いた絵が出て来て仕舞い結構な無駄印刷と相成って仕舞った。

         まぁ、プリンターが蘇生したので在るから、そんな物は微細な物で在る。

 飛んだ事態と為って、昼寝のタイミングを逃して仕舞ったので、薄いコピー画に色付けをして、本日は早目就寝としようで、お絵描きタイムとした。色塗りの最初は、半ば不貞腐れの時間潰しの段では在ったが、途中から何やらスイッチが入って来て、何と無く行けそうな感じが濃厚と為って来た。絵の肝と為る箇所の眼元、口の歯を細いシャープペンで修正描きを施して見ると、原画を越した明瞭な雰囲気に為って来た。

 こう為ると、俄然にファイトが湧いて来るのが、戯けの本領発揮と云う物で在る。今までに描いた目の中で、これ程生きた眼を描いた事が無い、絵から浮き上がる目力で在る。金髪、青い目、赤い唇を何としても浮き立たせる配色を考えねば、申し開きの出来ない気持ちがムラムラと湧いて来た。

    描いた、描いた、塗った、塗ったの絵に魅せられた古希坂爺の奮闘の時間で在った。

 額を4枚買って来て居たから、早速、完成した絵を額に入れて見ると、久々の快作で在る。本日は5日の金曜日にして、8日の月曜日には美大出のブロンソンさんの集金日と為ろう。宇都宮のSさんのリクエスト画、カメレオンの戯画と本日分の絵の三画を話の肴に、絵感想を頂戴出来る次第で在る。

 毎日が日曜日の弛緩し切った日々では在るが、前輪に続いての後輪パンク、直したと思いきや、またまたの空気漏れ、それに続いてのプリンターの不都合と災難続きで在ったが、無駄印刷画への色塗りで、原画を遙かに凌ぐ好作が誕生したので在るから、3連チャン、4連チャンの災難を御破算にして余り在る程の成果が出たと云う結果で在る。

     ★災難一掃の労いが、金髪さんの青い目と赤い口から零れる白い歯の笑みで在る。

  11時で在るか、結果として好い日に終わった次第で在る。さてさて、寝間に移動すると致そうか。へへへ。

 明けて本日は、雨が降った様で庭サンダルに水溜りを見せて居る。補給水が無いので涼しい内に長靴を履いて川に水汲みに行く。この前、刈り取った河川敷なのだが、呆れ返るばかりの雑草の伸びで在る。運動部の女子高生の一団が運動着スタイルで土手道を行く。白い短パンの素足の足は小麦色に日焼けして、夏に相応しい若さで在る。多分テニス部の生徒達で在ろう。中階段を下りて川原を進めば葦の群れで在る。雑草には早くもバカの実付きで在る。グッピィ達の命の水は、重い次第では在るが、生き物を飼う以上仕方の無い事で在る。

 長ズボン、長靴序に、庭の朝の見回りとモロッコとミニトマトを僅かばかり採る。独り食卓で在るから、充分な量で在る。小玉スイカ、プリンスメロンは未だ待つ事に致そう。ブラックベリーが欲しいのだが、採れず終いで、小瓶半分を満す事が出来るか微妙な状況で在る。

 本日は仏壇のお供え物消費で、夕方の米研ぎをバスして在るので、朝食はモーニングコーヒーでの甘い饅頭の摘みとする。曇天で遮光簾は必要無しと外した処、日差しの登場で在る。

      朝飯代わりとは云え、甘い栗饅頭を2個も食べて仕舞うと、流石に手が出ない。

 さてさて、昨夜の打ち物に加算した本日分ブログで在るからして、字数の面では遜色が無い。プリンターの具合と、スキァナーの具合を再確認の為に少し印字をして置くと致そう。

 プリンター機能は回復して居るが、絵の方がブログに取り込めずで、我田引水とは為らない次第で在った。涼しい時間帯で、頭の整理の妄想お時間として居ると、ブロンソンさんの声で在る。

 好いタイミングでの来宅で在る。印字して置いた世界史備忘録・・・訓えの根底に在る物の違いを今月のプレゼントとする。昨日描いた労いの笑顔を見て貰うと、ギリシャ正教の宗教画の趣が在るとの由。私の掻き上がった第一印象がそうで在ったから、感受性が共通して居るのだろう。Sさんの面影絵に、7文字だけで、仁の文字が欠落して居るとの指摘で在る。いやはや、困った次第で在る。ポンツウ号の覆いポールを『人』に見立てて置いたので、人を仁に捩(もじ)るべしと苦しい言い訳をして置いた次第で在る。

     へへへ、弟にも同じ指摘を受けて、遺憾いかんの大雑把人間の恥じ入る処で在る。

 それでも、月に一度の番から世代の男話は、話が合う次第で好い雰囲気の中に流れて行く物で在る。本日の歴史テーマは、以下の世界史備忘録とした次第で在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!