fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、遣るべし為り。

                   しゃ~無い。遣るべし為り。(8/18/22)
 夜の雨は止んで、曇天の涼しい風が吹いて居る。長ズボンに長袖とする。西には僅かばかりの青味が在るが、東の空は一面の濃い暗さで在る。その内に、雨が降って来る雲の流れで在る。庭サンダルの雨溜まりを振るって、庭降りをしてミニトマトと、色付いて来た昔ブドウを摘んで見る。未だ早く酸っぱい。雨で潤った土に活き活きとした緑の甦生は、目出度し目出度しの眺めで在る。パッとしない空模様で、昨日用事を済ませて来て正解と云う物で在る。

   ラジオをONとすれば、雨で開始時間が伸びて居るとの由で、過去の名場面の再放送をして居る。

 飯の残りを確認して、足りないから不足分を素麵を茹でる事にして、洗濯をして置く事にする。マンジュシャゲも終わりを告げて来たから、明日にでも御苦労さんの刈り取りをすると致そう。さしもの熱暑も四季の国で、秋への移行と成ろうか。これからはコオロギ鳴く夜長の過ごし好さの訪れとも成ろうから、老体に優しい季節と成る。

 昨日は民生員さんが独り暮らしの安否確認に参られて、ずーと暑くて顔出しが出来なかったとの由。玄関のアジサイは咲いたかと云うから、今年は暑さで咲かなかったと云うと、私の処もそうだったとの由。お互い歳だから、無理をせずにボチボチと行くのが好いとの事で在った。小柄でニコニコ顔、色白の枯れた感じのポツンポツンとゆっくりとした話方をされる。おっとりとした、味の在る人で在る。

 薄日の差しで、息抜きに庭降りをして雑草抜きをして居ると、涼風に庭奥から未だ未だ小さいが、コオロギの声で在る。

                    さてさて、朝飯と致そうか。

 形の小さな捻くれたキュウリを1本採って、キリギリスの餌替えとして、削り節の補充をする。グッピィ達には補給水を並々と満たして、これで好しで、朝飯の用意は残り飯と作り置きおかずの消費とする。独り食の洗い物をして、梅干しを一つ、口で転がしながら晩の米研ぎとする。買い物は我慢して、冷蔵庫物の消費が肝要で在る。

 昨日は東宝30年?記念作品とやらで、石坂洋次郎原作、淡島千景、草笛光子、音羽信子、星由利子、山村聡、東野英治郎、加東大介、加山雄三の『河の畔で 』と云う、全員が善人と云う微笑ましい好作を観て、団塊映画世代は日本の古き良き時代を堪能させて頂いた次第で在る。青い山脈の『大人版』と云った内容で在った。
 私は淡島千景さんの悪戯ぽい色気の在る目が、何とも庶民的で好きな女優さんで在る。東野英治郎さんの役処が、特に光った作品で在った。

 食事も終わって、晩飯の米研ぎもして、洗濯物は風に戦いで、本日分ブログの字数も一枚をオーバーした次第で在る。面倒では在るが、世界史備忘録に別立ての本国と植民地戦争と題して、脳軟化症に進みつつ在る虎の巻打ちをしなければ為るまい。面倒面倒と先送りをして居ると、一切、前に進まないのが物臭男の常体と云う物で在る。ゼロと1 とでは、その差は無限大の乖離との由。

     この涼しさは、お天道さんの指導道なのだろう。しゃ~無い。遣るべし遣るべしで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!