fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日もスタートさせる為り。

                本日も好天に、感謝すべし為り。(10/16/22)
 朝日では無いか。今日もお仕事日で在るか。まぁ時季の作業で在るから、雨よりは好しとすべしで在る。

 全戸開放して、廊下でのモーニングコーヒーの一服とする。物干し竿に半分強の長い柿簾が掛かって、朝日が黄橙の色を透かして入って来る。静寂の朝に、好い色合いと風情で在る。

 昨日は5時まで掛かって仕舞った作業で、流石に疲れて、晩飯後はアリバイ工作の頁捲りは数頁に目を通しただけで、動画も見る物も無く、早々に横に為って仕舞った。今朝の目覚めが7時で在るから、体は正直な物で在る。

 周りからは『遣る事が在るのは幸せな事』と定型句を頂戴するが、半分は当たり、半分はお座なり人間の言で在る。実際に遣った者が、諦観・達観で用いて呉れると、言葉に重み、深みが出て、含蓄の在る人格表現と為るのだが、実践者と傍観者の言とは、一目瞭然の隔たりが出て仕舞う物で在る。尤も、我田引水・自画自賛人間の典型と評されて居る身で在るから、大きな事は言えない次第で在る。

 もう少ししたら、作業開始で在る。不図、思い出したが、自転車を引いての散歩をして居た年上の長新スリムな女性を思い出した。去年は柿が生らなかったので、気に為らなかったが、一昨年は柿採りをして居ると、干し柿を作りたいので分けて呉れとの事で、レジ袋満杯の柿を持って行って貰った。そんな高齢者の姿が見られないと云う事は、健康面で衰えが一気に進んで居るのかも知れない。

 前は隣班の独り暮らしの年長さんも、この頃はすっかり老け込んで仕舞って居る。梅、柿の採り時季に成ると、顔を出して一緒に採って居た物で在る。そんな定点観察をして居ると、元気な人でも75を超えると、体力、気力が萎えて来るのが一般的風景の様で在る。

 この前は晩飯前の休憩で横に為って居たら、ピンポンが鳴って、斜向かいさんが、熟させて冬の鳥に食べさせて遣りたいので柿を分けて呉れとの事で在った。長兄の一歳年上の人で、80代で在るが、考えて見ると奥さんの実家の柿で毎年干し柿を作って居たが、子供、孫達も余り食べないので、止めたと云って居たのを思い出した。
 そんな事を彼是と思い出して居ると、加齢の分水嶺は如何やら75歳らしい。因みに町会の松寿会は75歳以上で、国家の線引きも75を以って、後期高齢者として居る次第で在る。来年は、私もその範疇入りで在る。

 病は気から、景気の気は、気持ちの気とも、言われて居る次第で在るから、何事も気が肝要事と云う事に為ろうか。進み行く加齢期に対しては、戯け根性を発揮して、アンチエイジングで行くのが、気で補う生活の知恵なのだろう。

 さてさて、本日分ブログの字数も所定の分量と為って来たから、これで好かろう。何事も遣る気を無くさないのが、生活のコツで在る。好天に感謝して、お仕事開始と致しましょうかね。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!