fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・昨日は嬉しくも在り、疲れた為り。

                 昨日は嬉しくとも、疲れた為り。(10/17/22)
 朝の柿採りをして皮剥きをして居ると、10時に弟から電話で在る。精の付く昼飯を食べに行くから、飯は食べずに置け、11時頃、迎えに行くとの事。左様で在るか、後一時間で在るから、休憩前にピッチを上げて置くか。果糖でベタ付いて鈍く成った包丁を砥石で磨いて、腕捲りの胡坐掻きとする。

「おっ、やっぱり遣ってるわ。それにしても、数吊るしたな。好く薄く剥けるもんだ。Rちゃの事だから、中禅寺紅葉に合わせて、発破掛けてると思っていたけど、流石だね。今日はUちいを連れて、高い所の柿採りに来た。豊科の鰻屋行くから、混まない内に行こう。帰りに道の駅に寄って、何か買い物をして行こう。」

「あっ、Rちゃん、遣ってますね~。独りでこりぁ、大変な作業だわ。こう遣って、手間暇掛けて一個一個手剥きしてるんだ。」

 食通が訪れる名店で在るから、早い処行こうで、家を出る。今日は弟はセルシオで在る。高級車に似合わぬ三人は、着込んだ作業着にサンダル履きで在る。馴染みのお得意さんで在る。弟の運転する助手席で、何時もの様に兄弟話をスタートさせての暫しのドライブで在る。

「おっ、金持ち親父は居ないな。」
「Rちゃ、大丈夫だよ。無駄事吹っ掛けて来たら、此処は美味い物を食べる店だって弟の俺が、ばっちりと引導渡して遣るさ。」

 食事を終えて、道の駅に寄り、珍しいものを衝動介して、帰宅して、柿採り開始で在る。脚立、手ノコ、剪定鋏を2人に渡して、私は下で鈴なりに成った枝の受け取り役に回る。

「剪定も兼ねて居るから、伸び過ぎて居る所はバッサリ切り落として呉れ。」
「あいよ。分かった。相変わらず二度手間を省いて居るわ。」

 弟は勝手知ったる実家で在るから、思い切りが好い。一方、初めてのUチィさんは、及び腰のスタートで在る。バッサ、バッサと見る見る内に下ではカット、切り落とされた枝の山が築かれて行く。それが完了して、社長殿は役目完了で疲れた体を仏間で大の字で在る。Uチィさんに紐掛けフックに為る様に切り方を教えて、私は皮剥きに移行する。

 去年の霜害でほぼ全滅した柿の挽回力は凄まじく、過去1000個の吊るし柿を大きく更新する分量で在る。柿の実は色付いても生育するもので、例年通りの大きさを呈して居る。吊るし場所が無い次第で在る。立派な形の揃った柿で在るから、熟し柿、冷凍保存して解凍すれば渋抜きと為るので、好きな人には高価な物に為る。約束した宇都宮への干し柿用プレゼントとしては一週間のタイムラグは如何しようも無いので、会社の冷凍庫に入れて貰う事にする。何度か、冷凍柿をプレゼントして居るから、弟はそれを知って居るから。『Uチィ、佐渡の食事のデザートに出る『おけさ柿』だよ。』と言って居る。

「実家の渋柿は、苺ジャム、梅干し、干し柿、沢庵と並んで絶品だよ。好い手土産に為るから、外の冷凍庫保存さ。吊るす必要が無いから、ヘタの処でカットすれば好いし、熟し柿の食べ方は、ヘタの所を軽く捻る様にして抜くと、すーと取れるから、其処に口を当てて、吸うと甘露水で、手も汚れずに完吸い出来る。」

「えっ、社長如何して、知ってるんですか。」

「俺は、Rちゃから教わって、RちゃはTさんから教わったってさ。貧乏人は、上から吸って汚して、お公家さんは奇麗に余す処無く上品に吸い尽すって事だってさ。」

 レジ袋パンパンに4個持って行って貰い。廊下には山と積み上げられた大笊四個を目の前に、私は夜9時までの皮剥きと相成った。

 本日は雨が降ると云う無風の曇天で在る。一大エベントの柿採りが弟の助っ人で完了して、私は大助かりで在った。てんこ盛りの柿の大笊が3枚占拠した廊下で在る。

 作業は夜まで遣っても、丸二日を要する我慢のチマチマお仕事で在る。親分無しの子分無しの総べからず、仕事は引き算の総和為りの段で在る。本日分ブログを打って、朝飯として皮剥きに特化した二日を消化すると致しましょうかね。へへへ。

       10時から始めて1時で在るか、昼休憩をして頑張ると致そう。やれやれ・・・。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!