fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・雲一つない無風のリラックス日為り。

                雲一つ無い無風のリラックス日為り。(10/20/22)
 いや~、冷え込んだ物だ。ズボン下を履いて、上に冬用のシャツを出して着る。小部屋定位置で熱々のモーニングコーヒーとする。ラジオでは冬鳥のツグミの便りで在る。この処、廊下で柿の皮剥きをしながら、庭に目を走らせながらして居たのだがジョービタキの飛来を待って居たのだが未だの様で在った。此処でのツグミの飛来は12月になってからで在るから、日本列島は南北に長い次第で在る。

 ラジオの国会中継を聴きながらのチマチマ仕事で、旧統一教会による国会論戦を聴いて居て、野党側に理が在ると感じて居た。それが昨日の国会中継では民法事案も含まれると政府見解を修正した途端、『朝令暮改』の難癖付けの連呼と為るので在るから、ナンジャラホイの段で在る。国会論議で野党に理が在れば修正すると云うのが論議の成果で、喜ばしい事の筈なのだが、性格が螺子曲がった連中が居る物で在る。

 ラジオ体操が始まって、未だ頭が働いて居ない時間帯なのでOFFとする。眩しいお天道さんの昇りで在るが、この寒さなので太陽暖房を期待する次第で在る。歳時季の吊るし柿、廊下の熟し柿積みも完成して、家の管理人としては今年も守る事が出来たの安堵感で在る。朝日に柿簾が薄橙色に輝いて居る。

 土曜の会社7時出発の土日の一泊二日の中禅寺湖上紅葉鑑賞会で在る。今回で二度目で在るが、湖上から来光を拝む紅葉・黄葉の錦絵は、格別の一時間時間で在る。然しながら寒いこと格別の湖上遊覧会で在る。

 帰って来れば、冬の準備で庭樹の剪定、枝下し、土手の大欅の落ち葉掃きと色々遣らねば為らない事が続く次第で在る。

 さて炊飯器をONとして来て、漬け物を切って来てお茶飲みとする。再びラジオを聴く。空は雲一つ無く晴れ渡って居る。根を詰めてのチマチマ日々で在ったから、運動不足で在る。飯前に散歩をして来ると致そう。解放されたので在るから、マンネリ日常復帰が肝要で在る。

 Sさんの整理物で貰って来たスニーカーを履いて、帽子を被っての河川敷降りとすれば、一面の霜の白さで在る。一つ歳を取って、耄碌した訳では無く、実際に冷え込んで居た訳で在る。軍手をして呉れば好かった。ポケット手で歩くしか無い。今年は柿の生り年で在る。吊るし柿のお宅は増えて居るかの歩気とする。家人は年々歳を取り、柿の大木は年々上に伸びて、黄橙の実を付ける。高齢化進む放置される柿の実りの光景で、毎年家人と庭樹との乖離が哀れな様で在る。道行く人も、縮こまっての厚着の態で在る。川向かいのお宅にも吊るし柿が掛かって居る。桜、欅の紅葉も始まって、雲一つ無い日差しに光りは絵をして居る風景で在る。此処数日のひたすらに皮剥きをして居た関係で、散歩がきつい。背筋が丸為って居た様で、人間、座って居てばかりでは爺姿の硬直と為って仕舞うらしく、姿勢を正すには散歩は欠かせない習慣で在る。

 一歩きをして来て、家に入る前に飴色に成って来た吊るし柿の揉み解しをする。柔らかなオッパイ揉みの様で、好い感触で在る。然りながら邪念が入ると、表皮が藪れて仕舞うから、下心は禁物で手加減を要する次第で在る。揉み揉みの数は半分程度で済んだが、日に日に数が増加して行く厄介管理では在るが、宇都宮、弟の娘家族に進呈するには、それなりに半熟吊るし柿と為ろう。

                     さて朝飯の用意と致そう。

 今朝の味噌汁はシジミ汁にして、魚は鰺の開きが加わっての漬け物、野菜の純和風の食卓で在る。

 ああ、美味かったの朝食を終えて、小部屋のサンルームでの食後の一服を燻らせる。前倒し散歩もして来たし、昨日は買い物をして来た次第で在るから、割愛して居た頁捲りを取り入れしながら、本日は日溜まりの廊下でリラックス日とするべしで在る。

                   日本晴れ こそりともせずの正午なり
                     吾 廊下の陽光に頁進めなり

                縁側の柿簾 吊るしの日数現わして 色・縮みの違いなり
                  朝霜の寒さ消え 庭にトンボ・蝶・羽虫飛ぶなり

            茶の啜りに煙草の昇り 時折の空気の流れに蜘蛛の糸見せるなり
             開放に外気と繋がる暖かさ 通り過ぎる車音も また穏やかなり



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!