fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・ちょいと大工する為り。

              マンネリの非日常行を前に、大工仕事をした為り。(10/21/22)
 今朝も、絵に描いた様な快晴のお天道さんの輝きで在る。早い物で、明日は一泊二日の紅葉の行楽日で在る。吊るし柿は粉吹きまでは行かぬが、飴色の高級和菓子の手土産に供する事が出来る運びと為った。今日一日お天道さんに当たれば、果糖の粉も散見されるかも知れぬ。いずれにしても、私の自信作と為る次第で在る。毎年干し柿を作るのを楽しみにして居たと云うSさんが、弟に夏期は無いか要望で、一度、『実家に腐るほど生るから、持って行って遣る。兄貴独りで、泣きながら皮剥きをして居るから、手間が省けて願ったりだ。』で始まったお裾分けで在る。

 Sさんは知り合いのハチヤ柿で作って居たと云うから、ヒラタ柿の甘味にゾッコンと為って仕舞い、去年は霜害で生らず終いで在った。Sさん独りで好く剥いた物だと感心して居たのだが、自然派の親方母娘が剥いて居たと云う『裏話』を聞いた次第で、成程Sさんらしいと笑い合った次第で在る。Sマリーンを引き継いだ共同経営者の『親方』さんは自然派で在るから、夏に引き継ぎ完了の骨休みに白骨温泉に行く時に、私の家に訪れて極彩色の戯画廊、柿の木を見て、時季に成ったら柿採りに来ると言って居たのだが、目下、仕事上の試験で猛勉強中との事で在る。

 自然からの贈り物で、今年は例年より半月も早い実りで、内心困ったと心配して居たのだが、恐る恐る柿採りをして剥いて見た処、丁度、採り頃の感触で在った。タイミング好く、弟がUチィさんを伴って、手に負えぬ高い所の柿採りをして呉れたので、夜なべ仕事で剥き終えて吊るして、スタート時の物が、真っ白な粉吹きの完成形には程遠いが、飴色の柔らかな『高級和菓子』の仕上がりを呈して来て居る。昨日は粗相が在っては申し訳が無いから、一つ試食したが、申し分の無い出来で在った。

世の中、『結果好ければ全て好し』で、お天道さんの為さる事には間違いが無い次第で在る。従って、日本人の宗教は、お天道さん信仰で、過不足無しの充分で在る。

 昨夜の動画見はプロレスで、力道山、馬場、猪木世代と違って、一段とショープロレス化して、根が格闘技好きで在るから、『野獣・藤田和之』の迫力・テクニック・腕力に感心して見惚れて居た。いやはや、スターさんで在る。
 その内眠く為って早や寝をして仕舞った。そんな次第で目が覚めると未だ3時で在った。火の気の無い小部屋入りも出来ずに、布団の中での動画見と為った。

 その中で古代史を扱う美人女性の動画貼り付けを見付けて、2本を見る。容貌に絶対の自信が在るらしく、自信満々のフェイス&スタイルを誇示して、目の保養と好い勉強の時間を頂戴して、満足の二度寝の布団で在った。

 世の中、無名、有名を問わず、専門家はだしの人が五万といらっしゃるもので在る。話の内容は天孫降臨の高天原は、東国に在ったと云う田中英道先生説のダイジェスト解説で在ったのだが、切り口、解説の流れがハイテンポで、安心して彼女の美女鑑賞とさせて頂いた次第で在る。PCが日常の便利機と為って、色んな人の研究、解説がふんだんに溢れて居るこの世は、多種多様な人間の自己実現の具体場として、フル回転して居る歓迎すべき世で在る。

 学問が公開されれば、それを学ぶ事で知識が蓄積されて行く。知識が蓄積されて行けば、所謂、学識者と民間知識人・教養人の差は、縮まって来るのが知的空間の方向と云う物で在る。人間、知らなかった事を知って、問題意識を持ち始めると、その内に自己見解と云う物が頭を擡げて来る仕組みと為って居る。

 色んな分野が在っても、その基本形は如何方向を目指す物で在る。人間知り得た事を自分の切り口、語り口で不特定多数に発信出来る時代、社会とは、何と幸せな事では無いか。

 ただ単に、テレビ、雑誌、新聞は面白く無いとぼやく前に、PC一つで世界と繋がる趣味の時間を持てば、退屈も無く為ると思うのだが、知り得た事、感じた事、考えた事を自分の切り口に従って、自分語として表現出来るかどうかで、同好の仲間が出来て、愉しい一時を共有出来るかの分水嶺と為って来る。

 さてさて、飯も終わったし、吊るし柿の揉み揉み、山と成った柿皮の攪拌も終わった。動き序に、前々から気に為って居た廊下の沈み箇所の治しに、日曜大工の真似事をして、修理も出来た。

 普段は怠け者体質では在るが、旅行、強制連行労働、行楽予定が入ると、妖怪様の遺伝子の為せる処で、遣らざるを得ない気が働く。独り暮らしのマンネリ日常の埋没ながらメリハリが付くから、これも呆け防止で好しとする次第で在る。アハハ。

 さて、これで好し。明日の行楽の為に、入浴・洗濯後は運動代わりにD2に行って来ると致そうか。明日の用意をして、後は流しの一日で好かろう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!