fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、続行する為り。

               さて、骨休めも出来た次第為り。(11/2/22)
 昨日は、憎たらしい程に降った物で在る。然しながら、好い骨休めに為った。動画に『人間は何を食べて来たか』と云う興味深いシリーズが在って、世界の地理、生活、食文化の好い映像知識を得た。当然、趣味の世界史との重ね合わせで、頭のお浚いにも大いに寄与出来た。

 灼熱砂漠、熱帯雨林、温帯、乾燥ステップ、ツンドラ、高地、低地、平原、沖積平野、海岸部・・・etc気候風土の地理的条件下で、人間の営みは農耕、遊牧、魚労、交易に分化して穀物、雑穀、肉、魚の食文化を作り、保存食として干物、燻製、塩漬け、バター、チーズ、ハム、ソーセージ、北極圏の冷凍保存とも為る。調味料は穀醤、魚醤、各種のスパイスと様々な地理に根差した物が工夫されて来た経緯が解る次第で在る。肌の色、人種は違えども、人間が生きる糧の保存食への工夫は、腐食防止に対する歴史所産の価値充分の映像群で在った。

 家畜の冬の飼料不足で、家畜は大量に屠殺処分されて、その保存食としてハム・ソーセージの余す所無く利用され尽した。そんな経緯の中で冬の資料として蕪の利用法が考案されて、蕪男爵と称されたタウンゼント候が活躍されたとの世界史記述を思い出した。インディオの主食トウモロコシの生産は、現在では8割方が、家畜の飼料に供されて居るとの由。深い森で知られた独地方では森のドングリを餌に、豚が多く飼われて居たとの由。その食文化で、独ではポテトと豚肉がごく普通に食卓に並ぶ次第で在ろうか。

 昨日の天気予報では、全国的に晴れとの由で在るから、この曇天は霧と云う事で在ろう。些か寒いが空気の総入れ替えに全戸開放として、最後の吊るし柿6連の雨覆いのビニール外しとする。自転車を出して、ゴミ出しをして呉れば、やれやれウンザリするのみの土手の欅の落ち葉の溜まりで在る。

 通勤通学帯が終わったら、落ち葉掃きをするしか在るまい。木枯らしまで続く、これもお勤めの一つで在る。

 さて炊飯器をONとして、小部屋定位置で日本茶と柔らかさ充分の『ぼったら吊るし柿』を一つ摘みながらのラジオを聴きながらの一服を燻らせる。粉吹きは未だで在るが、柔らかさと大きさから云うと、これは生産者にしか味合えない『高級和菓子』と云う物で在る。

            さて、空気も一掃された次第で在るから、零気の遮断として来る。

 何時の間にか、こんな風な朝の文字打ちの態に為って仕舞った。字数もまぁまぁの具合で在るから、落ち葉掃きをしてからの朝飯として、本日分の庭作業に取り掛かると致しましょうかね。

 作業に取り掛かって居ると、活け花のお師匠さんの散歩で在る。お師匠さんは男性の小柄で上品な御人で在るから、散歩の供にして頂く。話しをして居ても気分の好いお人柄で在る。帰って来ての仕切り直しとする。土手スペースの土化も大分進んだので、土起しをして上下を掻き交ぜて、ニラと苺の棲み分けとすべく、全部を引き抜いての植え直しとする。これで見苦しさも改善された次第で在る。剪定枝、引き抜き雑草の後始末をして、入浴、洗濯のお時間とする。

 自転車で個人スーパーへ買い出しをして、昼ラーメンとすれば3時で在る。今日もお天道さんに誘われて、過不足無しの外仕事が出来たと云う物で在る。明日は柿の大木のツンツン伸びた枝刈りをすれば、暫くのインターバルと為る。後は切枝の山が乾燥して葉が乾燥した冬の陽溜まりに腰掛けを持ち出しての枝カットで春までに片付けて行けば好いだけで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!