fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・完全なる冬日の一日為り。

                  本日は、望み無しの冬日為り。(12/17/22)
 昨夜は、夜更かしユーチューブ受講をして仕舞ったから、遅い朝とする。興味の在る分野は、寝るべしと思いながらも、如何してもそう為って仕舞う。遺憾いかん。

 明るく成っても、布団の中で受講の要点を復習しながらの起床アイドリングとする。寝て居るのも退屈と為って来て、さて起床とすれば、何と10時で在る。

          暗い訳で、無風曇天の寒空で、雪でも落ちて来そうな天気で在る。
 空腹で在る。残り飯の保温ONとして、小部屋定位置のコタツを強にしての朝茶に吊るし柿1個で、モーニングスモーキングタイムとする。

 真っ白に粉が吹いての、大分堅く成った吊るし柿を口に入れて、茶、コーヒーで含んで噛んで居ると、水分が適度に回って柔らかくほんのりとした甘味が出て来て、茶、コーヒーとの相性が好い。

         Tの決まり文句では無いが、思わず『美味いなぁ』の言葉が出る次第で在る。
 さて、飯待ちの時間で在るから、動画受講でメモ書きして置いた物を備忘録の飢饉・疫病・民族移動・侵略戦争の項目が設けられて居るから、それを持って来てその項を探して、差し込んで置く。こうして置けば、メモの紛失防止にも為るし、気が向いた時に備忘録にPC清書の運びと相為る。押し並べて、『継続は力為り』の頭の整理が叶う次第で在る。

 この3,4年に為るコロナ一辺倒の世の中では在るが、こんな騒ぎでも無ければ、教科書の字面追いの表面的世界史習得で終わって仕舞う世界史ライフワークで在っただろうが、人類と疫病の関わり合いと云う事で、『事件の裏に女在り』と同様に、歴史の裏に疫病在り、疫病の裏に地球環境の変化在りの気付きを学んだ次第で在る。受験勉強では無い歴史学習で在るから、諸因子の産物人類史を学ぶ上では、より多くの諸因子との相関関係を知って置く事は必要な事で在る。

 BGMのラジオは文芸選評のお時間と成って、半世紀に及ぶ選者をして来られた歌人の先生が89歳で逝去されたとの由。上品な語りと現地に出向く歌人の感性と、生活者の視点、歌世界に於ける研究など、その人格が穏やかに伝わって来る語りで在った。お顔もお名前も存じ上げないが、衒わず、気負わずの自然体の選評は、土曜の心温まる時間で在り、私は先生のファンの一人で在った。

 さて、飯する。未だ早過ぎる次第では在るが、半割で漬けたミヤシゲ大根の塩加減のチェックに一本取り出して、味見とする。驚いた。砂糖は一切使用して無いが、天日干しに因る大根本来の糖分、柿皮の糖分が回って、甘いので在る。毎年、大口の沢庵漬け消費者のTの寸評では無いが、私の沢庵漬けは年々腕を上げて居るとの由で在ったが、正にその通りで在る。

 私は出た処勝負の面倒臭がり屋にして、大雑把派で在るから、一切レシピとは縁遠い男で在る。その代り、観察の励行で干し具合、糠、調味料、塩加減、回し水などの其々の工程時には、指舐めで匙加減、時間加減をして居る。観察、調整の一連の携わりが、私の科学する興味が愉しいので在る。

  尤も、職業、仕事では無いので、探究心に非ず。広義の意味での『遊び心の一環』とする処で在る。

「Rちゃ、これ美味いなぁ。才能が在るねぇ。如何云う発想からだい?」
「美味いだろう。肉食動物は狩りにも役割、序列が在ってさ。ボスが一番美味くて、栄要の在る部位を食べる。詰まりは内臓だ。人間はそのグロテスク振りに腰が引けて、モツとかホルモンと蔑視して、貧乏人の食べ物と自惚れて居る訳だ。

 豚、牛モツはスーパーにも売って居るんだけどさ。昔懐かしい『鶏モツ』がスーパーから消えちゃった。

 だったら正月雑煮のベース、カツオの大和煮が無かったら、自分で作るより手は無い。同様に鶏モツが無ければ、鶏皮、レバー、ハッの単品を買って来て、自分で作るだけの事だ。詰まりは『必要は工夫の母』って事さね。

 ゴテゴテしたカレールーでのカレーにはそぐわないから、中学の給食のカレー汁仕込みにしてさ、白菜、人参、ジャガイモを少々入れてさ、美味い冬ネギをたっぷり入れてさ、SBカレー粉を利かせて、スープたっぷりのコトコト煮込めば、小間切れにした皮、レバー、ハッの無間臭さもカレーと相俟ってのトロトロ・カレースープの使い勝手の良さに様替わりって行けさ。

 鶏モツベースだから、爺の腹には穏やかに為るって寸法さね。そうそう、鶏モツにはトウガラシよりコショーの方が、相性が好いぞ。」

「相変わらず、理路整然として立て板に水で、好い事を言って呉れるもんだ。やっぱ、俺の先生だわ。」
「何を扱きぁがる。分野が違うだけで、頭の中身とレベルは同じだわさ。仕事手伝いで観察させて貰えば、道具の工夫、工事工程の進め方、人の使い方なんざぁ、好い勉強に為ってるわさ。
 観察する事でヒントを得て、改善発想の具にして、一つの形に仕上げて行くプロセスは分野は違っても、共通ベースだわさ。レシピに頼ると、人間って奴は発想力に蓋が掛かって仕舞う。

 発想力の土台には、自由さが無いと連想ゲームにぁ為らん。其処が肉体派、遊び派と優等生派のガリ勉派の脳構造との違いだわさ。所詮、優等生達には人間的魅力が無い所以って処だわさ。あい~。

 人間、遊んで学んだ事の中にこそ、エンジン機動力が秘められて居るって事らしいぞ。」

「おうおう、そう来たかい。巧い落ちだ。最後の一節は、弟だから頂きだ。最高最強コンビの補完補強関係だから、母親に足を向けて寝たら、罰が当たるって事で、感謝感謝だねぇ。
 親を利用するだけで、感謝も出来ない屑共が多過ぎて、昭和は薄く為っちゃって、嘆かわしい限りだわ。独り残されるのは、寂しいから、死ぬ時はポックリ一緒で逝くかいね。アハハ。」

「そうだな。行いは多分及第点の内だろうから、そう為るんじゃないか。尤も、死んで見なきゃ解らんけど、意外と、あの世の先達者が、それに向けて地均しをしてるかも知れんしな。」

「そりぁ、そうだ。まともにあの世修行して居れば、地均しに進むのが道理だわな。へへへ。まぁ、元気な内は冥土土産に旅行をするかいね。スマホ撮影ばかりで、一緒に行っただけで終わってしまう連中だけでは、金が勿体無いしね。」

 さてさて、起床が遅かった分、早や3時近いお時間と成って仕舞った。雨、雪の気配はない物の、風が終始吹き捲る師走中旬の寒い有様で、空元気はラジオだけで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!