fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・曇天低温&風為り。

              曇天低温&風に、遣る気喪失のメランコリー為り。(12/23/22)
  いやはや、昨日は真に不安定な天気で在った。教会さんからリンゴを頂戴して、煮リンゴ⇒干しリンゴで庭に大笊を置いたので在るが、夜に成って雨で、大慌てで廊下取り入れをした。それが深夜帯に成ると、空に星の見える晴れと成った。結構な風は在った物の、本格的雨に成らずの就寝で在った。

 就寝時の動画見は、コメディ時代劇『紅ツバメお雪』第7話と吹き替え版シャーロック・ホームズの二本立てで在る。

 未明のトイレ立ちをすれば、何やら庭が白い。そろそろ起床の時間とは成ったが、雪を見て仕舞ったので、起床にブレーキが掛かって居る。

 しや~無いで、バッコン腹筋体操をして『助走起き』を試みたが、矢張り起床する気が起こらず、再度の試みとする。そんな次第で些か息が弾んで仕舞い、深呼吸を何回か繰り返しての起床と相成った。廊下への上がり石の庭サンダルは、強風に吹き飛ばされて雪の被りで在る。やれやれ・・・。

 空は晴れて居る。上がり石の雪を箒で掃いて、吹き飛ばされたサンダルの雪を払って、カット煮リンゴの大笊を庭に出す。

 小部屋定位置のコタツを強として、先ずは寝所から煙草セットを持って来る。ありぁ、ジッポーライターが無い。探すと代わりにズーと行方の解らなかったライターが出て来たが、ジッポーは見付からず終いで在る。まぁ、プラスマイナスゼロで在るから、それも好しで在る。独り生活、欲を掻いて見た処で、大勢に影響無しで在る。

 熱々のモーニングコーヒーで、ラジオを聴きながらのスモーキングタイムとする。本日のラジオは、中々の興味の湧く報道で在る。クリントンvsトランプ以来の米大統領選から始まって、トランプvsバイデンの酷い選挙状況を聴くに及んで、今まで思って居た米国の実相・実態に、これが米国の実情かと驚くと同時に落胆した次第で在る。
 そして中間選挙の模様を観て居ると、リベラル民主党+ディープステート+マスコミvs保守共和党の米ファースト+イーロン・マスク登場で、米を二分する政争は、米国の分裂状況を加速して、今やウオークとやらの個人の本質的物の考え方を先鋭化させて、益々分断方向に向かって居るとの解説で在った。

『米合衆国』との事で、古くは建国時の連邦派と反連邦派が対立したと云うし、南北戦争の内戦の歴史も在り、州の独立・三権構造が確立して居て、日本人の感覚からは推し量れない米国の国情が、教科書記載とは全く異なる事を教えられた昨今で在る。

 続いての物が、日本で開催されて居る『中央アジア5か国』と日本の結び付きを警戒する中狂、ロシアの関係報道で、世界史を趣味のライフワークとする物に取っては、報道資料として聴き逃す訳には行かぬ処で在った。

 キー打ちを中断して、聴き入って居ると、東フェンスの南天の茂みに雌ジョービタキの動きがはっきりと見えた。雄と違って雌は動きが緩やかで在るから、観察対象としては愉しみを与えて呉れる存在で在る。如何やら、雌の縄張りが確定して、東フェンスの南天の茂みが気に入った様で在る。来庭が増えれば、私への認識が高まるから、その内に私との距離が縮まって、松の横枝、物干し竿にも止まって、目と目とを合わせる事にも為ろう。 

             これで長い冬の観察鳥が出来て、へへへの感で在る。

 本日の最高気温は、お天道さんが在りながら1℃との由。いやはや、『ホンマかいね』で在る。尤も、北海道、北陸の大雪・停電と比べれば、文句を言ったら罰が当たると云う物で在る。低温に風で在るから、今日は縮こまって、コタツ日で過ごすしか在るまい。

 寝床のシンキングタイムの頭の備忘録に、重力、引力、気圧の負荷減少の無重力、肥大、沸点、・・・ect。水の惑星にして一個の生命体地球に於ける熱交換作用の上下対流、水平対流、季節風、水循環の蒸発、降雨・降雪の諸現象、巨大な熱交換作用は、地表、海表、プレートを浮かべた地球内部のマントル運動、太陽系衛星間の円周期と惰円周期の交差に因る引力構造を伴う周期差に因って、天変地異を齎すとの由。そんな雑駁知識の点と点を結んでのヘルムホルツの『エネルギー不滅の原則』を東洋思想の水は高きより、低きに流れるの『森羅万象の理』、インドのウパニシャド哲学の『梵我一如』、手塚治虫の『火の鳥』などを連想させて、スローバラードの洋楽をBGMにコタツ住人で過ごすと致そう。

 元より、スカンポ脳の蒙獏の頭脳構造ながらも、彼是と妄想する事は或る種の脳駆動にも為ろうから、広義の呆け防止にも寄与しようか。

 コタツに当たって居ると、先程まで晴れて居た空は、全面の灰色雲の蓋が掛かって居るでは無いか。本日の最高気温が1℃と云うのも、むべ為るかなの進みと成って来た。

 遺憾いかん、全く意気地の無い駄目人間で在るから、空を見た途端に気分はメランコリーに進んで仕舞った。飯後は不貞腐れの布団入りとするかいな。『土方黙らせるには、三日も雨を降らせれば好い』なんて、言葉を思い出した次第で、とほほの段で在る。

 アッジァ、何と氷柱が垂れ下がって居るでは無いか。外に置いた大笊のカットリンゴは、これでは諏訪地方の酷寒の風物詩の寒中干しの寒天、信州の氷豆腐、氷餅の方向に進んで仕舞う帰来で在る。何とも早や、子供時分の師走の寒さの襲来を見る思いで在る。

     苦も無く曇天低温&風に、戯け爺は遣る気喪失のメランコリー為りのトホホ感である。

 さて、縮こまってばかりでは妖怪様の4男坊としてはお粗末過ぎる体たらくで在るからして、家の半分を大掃除の前哨戦でスタートさせる。掃除に空気を開放すれば、ブルブル、ゾクゾクの寒風の寒さに見舞われる。止め止め、風邪を引いて仕舞うで終了として、温い小部屋定位置に座り直して、熱い茶の一服をして居ると、強風で垂れ下がった引き込みコードに鳥が止まった揺れで在る。

 冬鳥の雌ジョービタキをミルワームで餌付けして、2シーズンを同居人として観察した経験からすると、兎に角、家中を飛び回って縄張りの巡回行動をする習性を持った鳥で在る。来たなと思って、体を移動させると、案の定、雌ジョービタキが止まって居た。一瞬目が合って、直ぐ様飛んで行った。初の目合わせで在ったから、雌ジョービタキの緊張度が、真に面白かった。

 目合わせが叶った次第では在るが、生き者同士には、それなりの相性と云う物が付いて回る。さてさて、相性はプラスに作用するか否かは、一重に雌ジョービタキの選択肢で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!