fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さてさて、明日からは。

            さてさて、暫くの留守をして来ると致そうか為り。(1/3/23)
明日からは、弟の七光に便乗させて貰っての豪勢な親父4人旅で在る。そんな次第で閉じ籠もりマンネリ日常とはオサラバで在るから、今朝は布団の中でのシンキングタイムを長くして居た。

 幼稚園⇒小学校⇒中学校⇒高校⇒大学⇒社会人⇒結婚⇒子育て⇒中年⇒母親介護⇒独り暮らしの人生第二ステージのDIYの現在と自分史を振り返ったり、社会・国際情勢への同時代史、趣味の世界史絵巻との対比、映画の数々の内容を辿ったりで在る。言って見れば自分史のお浚いタイムとして見た次第で在る。人間74年も生きて来れば、脳裏一杯に走馬灯が巡って来る物で在る。吾ながら、性向に合った身の丈の時代時代の中で過ごして来た次第で在るから、『悪くは無い人生を過ごして来た』の一応の及第点と云った処で在ろうか。

 トイレ立ちで体内湯たんぽの放尿をして起床とする。寒気団の襲来で、庭通路の地面も凍っての庭樹の霜が際立つ眺めで在る。おお寒いで、小部屋定位置のコタツを強として、モーニングコーヒーとスモーキングタイムとする。ラジオを聴きながらのコタツへの手焙りで在る。

 さてさて、日の出の時間で在るから、小部屋のカーテンを開ければ、窓には内部の水蒸気が霜を吹いて居る始末で、冷え込みの強さを示して居る。

 未だお天道さんの眩しさは出て来ないが、中央に白雲の昇りが一つで、無風の青空を呈した外の風景で在る。ラジオでは大学駅伝の復路がスタートして居る。日の出前が、一番低下して居る気温との由。

 小部屋の睡蓮鉢からは、ヒーターの水蒸気が朦々と立ち昇って居る。4日も留守にすると為れば、出掛ける時はグッピィ世界に満々の補給水を満たして、蒸発に因る減水防止にカヴァを施して行くしか在るまい。生き物を飼って居る以上、留守をするのは何かと手当てをして行くのが、管理人の役目で在る。こんな処が、留守番をして呉れる者の居ない慎重を要する次第で在る。尤も、自由さと不自由さは表裏一体の関係に立つ次第で在るから、それも仕方の無い処で在る。

 さてさて、留守中の水量確保と為れば、入りと出の調整で在るからして、ヒーターの入りを抑えるには容器の保温、出の調整としては水蒸気の循環で在るからして、蓋掛けが『常識の手当』と云う事に為ろうか。日本の義務教育は、好く出来て居る。小・中学生程度の学習経験が在れば、何かと、それなりの『自前手当』が出来ると云う物で在る。学んだ事を役立てる事に因って、賢くも為るし、それなりの対処も出来るし、、生活の知恵も生まれて来ると云う事で在ろうか。

 人間折角覚えた事を一過性の点取り道具だけに終わらせて仕舞うのは、覚えた努力を無にする勿体無さと云う物で在る。歳を取ると、マスコミ界のサラリーマン原稿読み、学会のサラリーマン化、ジャーナリストのサラリーマン化、内外情報ダイジェスト業としての政治経済社会分野での専門家、識者、コメンテーターと、個性的欠如の面白みに欠ける表層の世で在る事か。

 金、地位に執着して仕舞うのが、現実娑婆の実相に多い次第では在るが、得た物に対する勿体無さへの思いは、金も知識も共通する物で在ろうに。人其々の価値観と云って仕舞えば、それまででは在るが、有形物に偏重して無形物を冷淡視するのは、面白味の無い生き方なのかも知れない。

    そう云えば、達観、中庸を以って、対象に距離を置いて観るなんて、先人訓も在るそうな。

 座して、マンネリ日常に埋没してばかり居ては、独り暮らしの最大の友・思い出を増やして行く事は出来ない。体験を増やせば、その分、思い出の反芻が増すと云う事で在る。人間、誘って呉れる内が花で在る。脳味噌、身体、感受性が呆けぬ内に、老後の最大の友・思い出作りをして行くのが、ピンピンコロリの寂滅の道行きと云う物で在ろう。

 さてさて、神棚、仏壇にお神酒を替えて、正月三が日のご挨拶をして、ぞうにを頂戴して、風呂入りをして穏やかな新年のマイリズム・マイタイムをすると致しましょうかね。旅行中は本読みも出来無いから、その分も進めて置くべしで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!