fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・序散歩をして来てからの

             序散歩をして来てからの、午後の部とする為り。(1/17/23)
 夢見をして二度寝をして居たら、9時を回っての目覚めと為って仕舞った。お天道さんの明るさで在る。早速着込んで、先ずは全戸開放をしてクリープたっぷりのモーニングコーヒーと煙草を廊下でする。無風の日差しと云っても、冬の空気で在る。一応の淀んだ空気も外気と入れ替わった次第で在るから、戸締めをして来ての定位置小部屋のコタツに胡坐を掻き、ラジオONとすれば聴くに値せずの煩さで在るから、OFFとする。

 カレンダーを見れば、1月も早や17日の進みでは無いか。いやはや、唯単に日数だけを重ねて居る始末で無為に日を過ごして居る不甲斐無さで在る。これを称して、無為ペンペン草、無為積る埃の生活と云うのかも知れない。草木も冬眠中で在るから、庭に下りての草との追いかけっこも出来ずで在る。

 雀達に撒いて置いた残り餌が漸く食べられたから、少し撒いて置く。野生は観察をし尽くして、慎重に行動する物で在る。撒いたからと云って、直ぐ様食べに来ると云う物では無い。何日も放置されて居ると人間には思われても、雀達は確り観察して居て、此方が忘れて来た頃、食べに来る。そんな用心深さが野生界の常識なのだろう。

     そんな観察が、壁に耳在り、障子に目在りで、私には面白い観察と為って居る次第で在る。

 冬の自然界と違って、古希坂独り暮らしは言って見れば飽食の様で、正月物の餅残りの態で、冷蔵庫の物などを見ての片付けと為って居る。さてさて、カレー汁にうどんを煮立てて、カレーうどん風の『カレーパスタ』で洒落食べをするしか在るまい。

 教養番組で、『人間は何を食べて来たか』のシリーズ物を観た次第で在る。加齢ですっかり胃袋の小さく為った、目下の私の食生活は魚と野菜物、漬け物中心の粗食が定着して居る食卓で在る。摂取と消費を考えれば、それは当然のバランスと為って居るのだろう。これも無為自然の流れと云う物なのだろう。

 有名な言葉に、『災害は忘れた頃に遣って来る』に因んで、『減量は忘れた頃に遣って来る』を吹聴して居る次第で在るが、足るを知るが加齢域の理と云った認識で在る。一応、背筋が伸びて居るから、見た目からすると私も弟も、癌で瘠躯の様の様に見えるらしく、何処か具合でも悪いかの質問を受ける。二人とも、高校時代の体重と為って居る。
 兄弟で在るから、旅先での風呂も一緒で在る。体重は減っても、90kg当時の表皮は体内に縮小しない次第で在るから、肉の削げ落ちた皮膚たるや、象の外皮のタボ付きで惨めその物で在る。自分の背部は鏡でも見れない次第で在るが、体格も似通った三歳違いの一卵性兄弟の体質で在るから、嗚呼、歳は取りたくないの共通感想と云った処なので在る。

 目下、男盛りの180cmの倅の頑丈その物の態駆には圧倒される。妖怪様との二人暮らしは夏の私のスタイルは、短パンに上半身裸が小学生以来のスタイルだったから、妖怪様が吾が子に対して、好い体をして居るねぇと目を細めて居たり、持病の腰痛時には風呂上がりの私の腰、背中に自分が塗って居る軟膏を、皺ぐれた手で万遍無く擦り込んで呉れた経緯が在った。

 私は四男坊の戯けで在るから、90を越しても女は女で、『男の肌が恋しいのか』と些か、うろたえて居たのだが、自分が古希坂も半ばに差し掛かると、老いの寂しさの為せる処と理解出来た次第で在る。

 こんな行を打って居ると、ピンポンとSの顔出しで在る。久し振りに同級生話と相成った次第で在る。車を見送って、少しばかりの風と為って来た。序に少し散歩をして来たからの午後の部とすると致しましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!