fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・仲間の無い雀、われと遊べや、熊男。

               仲間の無い雀、吾と遊べや、熊男。為り。(7/10/17)
 夕刻に成って、散歩に出掛ける。短パンで河川敷を歩いて居ると、蚊に喰い付かれて痒い痒いで在る。草の河川敷から土手道に上がって、方向を上に採る。

 さてさて、『どの橋まで行って渡ろうか』などと考えて居ると、ポケットの携帯が鳴った。Kちゃんからで在る。仕事が自宅待機と成ったから、また飲もうとの由で在る。

 お互いに独居ロートルで在る。これから晩飯で在ろうから、ちょいと差し入れを持って行って来るべしで在る。散歩を引き返して、冷蔵庫から見繕って、缶ビールが丁度二本入って居たから、お茶代わりにそれも持って行く。

「あいよ。味見をして、食べれたら、お裾分けだいね。」
「この前のも、美味くてさ、一週間は食べさせて貰ったわ。じぁ、タッパを持って来るわ。」

             今年の熟し梅の特大の処を5~6個入れて来た。
「漬けたばかりで、まだ口がひん曲がるほど酸っぱいけど、御愛嬌と思って口を曲げてお呉や。土用の三日三晩天日干ししたら、庭の梅と赤紫蘇の『正規の梅干し』持って来るぜ。」

「うんうん、期待してる。それにしても、デカイ梅じゃん。これか、ブログに在ったアサリ、刻み昆布、新生姜の佃煮。どれどれ、この前のホタルイカも美味かったが、今日のは薄味で上品じゃん。
それで、こっちが山椒の実入りの辛子味噌だね。こりぁ、好いわ。飯に載せて食べたり、舐めて酒に合う味だわ。それで、こっちが山椒の実を入れた山椒醤油だね。如何使ったら好いんだい?」

「今の時期だから、冷奴の醤油に好いんね。」

「この前、Rちゃんに触発されて、山椒葉を刻んで納豆に入れたら、大失敗でさ。どう転んでも、俺には料理の才能は無いわ。毎日、あれだけの文章書いて、絵を描いて、家庭菜園して、料理も作って美味いんだから、一体幾つ才能を貰って来たんだい。知らなきぁ、おっかなくて近づけんわや。
 そうそう、トイレの水は、云われた様に分解したらさ、中にフィルターが入って居て、それが目詰まりして居たんだわ。トントン遣って、ガンガン水洗いしたら、元通りに成ってさ。水道水浄化されて綺麗だとばかり錯覚してたけど、細かい砂が混じって居るんだなぁ~。やっぱり、分解掃除は必要だって事だ。これで一つ、利口に成った。
 だから、外で立ち小便しなくても、バンバン使えるよ。子供家族が来ても、支障無く使えるから、理屈で考えれば如何にか為るで、儲けちゃったよ。アリガトさん。」

「何を仰います。模型飛行機と理工系の二本線さんじゃ無ぇかい。子分が居ない時は、自分が遣るのが二本線精神じゃ無ぇかい。駄目だんね。安易にプロに丸投げなんかしたら。処で、濡れたずら。」

「其処はさ、一応パイプを辿って止水箇所が在ったから、ドライバーで締めてさ。メーターの元も閉めたから、殆ど、濡れずに済んだ。意外とすんなり進んだよ。」

「嫌だねぇ~。其処が文系と理系の違いで。俺なんか、面倒臭いから、事前を怠つちゃうから、風呂蛇口の詰まり除去の時なんぞは、全身びしょ濡れで格闘しちまったわね。あい~!!」

「そりぁ、Rちゃんは『無謀過ぎる』って事だわね。そんな事で、理工と文系を比較する方が可笑しいわね。」

 缶ビールのお茶が無く成って、次の奴をKちゃんが持って来て呉れた。明後日飲む事に成り、Kちゃんはこれから義題を纏めて置くとの由で在る。流石に理工系さんは計画性に富んで居る。数学赤点組の私大文系とは元から脳回路が異なる。
 野苺ジャムの瓶も奇麗に洗っての返却で、朝パン食のKちゃんには美味かったと云うから、未だ在るから、消費して貰う事にする。

   お茶一杯の差し入れが、Kちゃんと居ると、あっと言う間の時間経過で在る。あはは。

 明けて本日、明日の青物差し入れを大きくさせようと、せっせとジョロ散水を配る。目論見は、赤の桃太郎、黄色のミニトマト、キュウリにインゲン、便利菜で在る。Kちゃんも、二級上の先輩とのお近付きに賛成なので、昭和21~23年生まれの団塊世代・三学年が揃っての町会二本線OB会が発足するのも近い事だろう。
 この頃は顔を見ないが、先日の後輩ママさんも、夫婦揃ってのOBと云う事でも在るから、町内のラーメン屋か、場所を提供して呉れると云うKちゃん宅で、○○生、黙って居れば優等生面、一皮剥けば好色戯けの面目躍如の『談論風発の二本線交遊会誕生』の運びと成るかも知れない。

 夢想するだけでも、これは限りの見えて来た独居ロートル日々の『カンフル剤』と成る事、必定で在ろう。高校時代からの親友との週に一度のゴルフを張り合いにして居ると云うKちゃんは、ボール載せ(ボールピン?)の二本線徽章の入った物が、欲しいとの由で在る。俄か草刈の先輩の顔の広さ、人脈から、是非とも購入したいとの希望で在る。

 午前の部のマイタイムの極薄アメリカンを飲んでの節煙を燻らせて居ると、久し振りに庭にシジュウカラの番いが遣って来た。原野と化した庭の緑の中を葉裏の小虫を漁って、暫く滞在して行った。本日も暑くなるのだろうが、時折涼しい風が吹き抜けて行く。二畳小部屋から見える私道の端に、タチアオイの赤の一輪が、暑い太陽に映えて好い様で在る。

 餌漁りの常連雀の一羽は、翼を痛めて居る。事故に依るものか、生れ付きなのかは不明で在る。そんな個体を見ると、毛無し、金無し、女無し、止めが甲斐性無しの四重苦の私としては、『同病相哀れむの衆生の心』が生じて仕舞う次第で在る。

『仲間の無い雀、吾と遊べや。四重苦の熊男』と成り、本日の餌撒きと相成る訳で在る。イッヒッヒ!!

 午前の部のマイタイムを終えようとすると、先程のシジューカラが巣立ちの子供達を引き連れて、庭に遣って来た。暫く観察をさせて貰う。今年はシジュウカラの繁殖ラッシュの様で在る。

  シャワーを浴びて居ると携帯に電話で在る。おやおや、これは珍しい。M氏からで在る。

 何ヶ月振りだろうか。間もなく土手に車が止まった。急げや急げで在る。タオルで身体を拭いて、玄関を開けて来る。見た処、変わりが無さそうで在る。野苺ジャムにコンデンスミルクを載せて、インスタントカップコーヒーを出して、涼しい戯画廊での煙草トークで在る。

 週二回の点滴治療は、場合に依っては会計を済ませて来ると一日掛かりとの由で在る。近くのS大病院なのだが、疲れ果てて寄れないとの由で在る。今日は早く終わったので来れたとの由。

 通院内容を聞いて居ると、下手な仕事より疲れて仕舞うのが当然で在る。医療が発達したご時世とは云え、癌治療とは身体に多大な負担と時間を要する物と知らされ、今の処の私の健康体の幸運さを知る次第で在る。TもM氏も口には出さないが、日々戦って居ると云う事で在る。

 健康な時は無尽旅行で海外で羽目を外して、T、M氏、弟、私と日本男児の旅の恥は、掻き捨てで『顰蹙行』を重ねて来た仲で在るから、共通の思い出話は山と在る。品行方正な私もそんな『後発のメッキの厚さ』で、上半身と下半身の『二律背反』を強いられて来たので在るが、これもまた積み重ねて来た『吾が人生の分身達』で在る。従って、今となっては、ロートル親父の無くては為らない友の様な物で在る。

 M氏の見送りに外に出れば、サイパン、プーケツト、フィリピン並の灼熱の暑さでは無いか。また、顔を出すと云うM氏を見送った次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!