fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・こりぁいかんの寒さ為り。

                こりぁいかん、寒く成って来た為り。(2/23/23)
 或る時期、社会問題としての認知症行動に就いて、ラジオで徘徊、行方不明、死に就いての解説報道が為されて居た事を思い出した。狭い所、狭い所へと入り込んで、身動きが出来ずに発見が遅れると悲惨な結果を招くとの解説で在った。
 そんな解説に、動物が死が近づくと自分の死に場所を選ぶ様に姿を消して仕舞うと云った子供時代の大人の話を思い出して、それも一つの認知症の行動なのだろうと、酷く得心が行った次第で在った。

 終日、家で過ごして居る独居老人で在るからして、行方不明者の広報車のアナウンスを聞く事がしばしば在る。前回の行方不明者はYの話では、私達より一つ下の73の女性だったとの由。お互い、近未来の明日は吾が身の段かも知れぬの同情心で在った。

 昨日は四畳半に居ると、ウザーラさんが車を止めて在るフェンスの狭い所に来て居て、如何するのだろうと見て居る羽目に為って仕舞った。外部に開放されて居る昔ながらの家で在るから、玄関から一周して来たか、土手から下りて来たのだろう。一時は、庭から頻繁に来られて、大分閉口させられたウザーラさんで在った。何度か入退院を繰り返しながらも、在宅生活を送られて居る。

 毎日の散歩?徘徊も、寒い冬の時季で在るから余り姿を見ない。それでも時々、身為りを忘れた家に居る様な服装で歩いて居る姿を見掛ける。

 認知症が進んだとは云え、五体満足な身体は運動を欲して居るのだろうと見て居るのだが、張りの無い雰囲気に益々の症状の進みに家族の心労を考えると暗い気持ちに為って来る次第で在る。私と同い歳で在る。心身ともに健康体の先日の77歳姐御さんの若い元気、呆けずに長生きの太鼓判を頂戴した次第では在るが、去年の夏の余りにも呆気無かった天敵女殿の死も在った次第で在る。

 昨日は作動した中国製ラジカセは、案の定、今日は作動せずで在る。斯様に明日の事は時が進むに従って、放物線を描く次第で文句の言え無い年齢域の現実と云う物で在ろう。

 朝日も何時の間にか曇りの中に消えて、寒く成って来た次第で今日は不要と思って居た半纏を着て来る次第で在る。遺憾いかん、ガタガタと風も強まって来たでは無いか。

 残り飯を温めて、ニシンのソテーで朝飯とする。さてさて、歳で長読みが出来無く為って居る身で在るからして、短読みの分割で見栄のノーマーキング540頁を読了し無ければ為らない。今日の最低限ノルマは弟5章の192頁として居る。まぁ何しろ、細い活字でぎっしり詰まった『詳説世界史研究』と銘打った難物で在る。赤線を一切施して居ない精読用に取って在る主本で在る。歴史事件とその背景の相関を探る事を、本の『主要テーマ』として居る本で、兎に角、うんざりとする内容では在る。
 石の上にも三年とやらで、其れなりの歴史単語は頭の歩留まりとして維持されて居ると自負して居るのだが、海に浮かぶのは氷山の一角の喩えも在る様に、ぽつねんと空中に浮遊するピラミッドも無い次第で在るから、歴史単語の組成される裾野、礎石を知らねば歴史解釈も『薄弱の謗り』を頂戴するからして、これも『学ぶ側の耐性』を喚起させるローテーションの要に位置付けて居る次第で在る。

 読めば読む程に、ローテーションを回せば回す程に、新しい気付きが生まれて、手元のメモ書きが増加して行く次第で在る。

 本日は中国史に名高い秦末の陳勝・呉広の乱のスローガン『王侯将相、いずくんぞ種在らんや』の西洋訳を発見して、ついニヤリの備忘録入れとした次第で在る。

 時は英仏百年戦争の最中、英仏共に戦争で荒廃し、人民=農民は戦費調達の重税に苦しみ、仏ではジャクリー(農民)の乱、英でも1377年にワット・タイラーの農民の乱が在った。その時のスローガンが聖職者ジョン・ポールの『アダムが耕し、イヴが紡いだ時、誰が貴族で在ったか』との由で在る。
 秦が滅びたのはBC206年で在るから、1377-BC206=1583で在る。一応の文字記録としての両者の差は1600年弱なのだろうが、乱の歴史は太古の昔からの極普通の抵抗運動なので在るから、陳勝さん、ジョン・ポールさんで在ろうと無かろうと、『同じ人間、一体何処に根本的違いが在るんじゃい。冗談じぁアラスカ、無駄事扱くと、はっ倒して呉れっか!!』の義憤爆発が繰り返されるのが、支配者と被支配者の『歴史沸点劇』と云う物で在ろう。

 漢文とバイブル説教語の違いだろうが、日本人の私としては、陳勝さんの言葉の方が、すんなりと胸に落ちる名言に感じる次第で在る。

 当初は字足らずで、困った次第では在ったが、途中から東洋、西洋の名言に字数を得た結果と為り申した。へへへ。

 午前中の仕上げとして、全く可愛げの無い中国製ラジカセの下部をガツンと叩いた処、なんとテープが作動した。矢張り、毒亜圏諸国には、痛い物理的圧力を加えて遣らないと、嘗められて仕舞う様で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!