fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・梅雨は明けぬが、始まった猛暑為り。

                梅雨は明けぬが、始まった猛暑為り。(7/11/17)
 昨夜のラジオ深夜便は、国会の参考人質問で在った。またニュースではNHKの世論調査の内容を繰り返し報道して居たし、ネットには某俳優・某タレント夫婦の離婚調停記事がウンザリする程、露出して居る。売らんかな、売れるだろうの類で在る事は、見え見えで在るが、よくも毎日毎日、マスコミ連中と来た日にぁ、飽きずもせずにこんな事の繰り返し三昧で在る。云いたくは無いが、自分の自堕落、いい加減さを棚に上げて、レッテル貼の大連呼、大合唱で在る。自らのお下劣さは、一切顧みない処が、何と呆れ果てた連中で在る事か。

  いやはや、ナンジャラホイの足の引っ張り合いのお気軽なご時世と成って仕舞った次第で在る。

 人世を振り返れば、何時頃だったか定かでは無いが、多元的価値論、多様性が時流と成って、とうとう此処まで来たかのゲンナリ観で在る。テレビが一般化する頃には、一億総白痴化などとも云われた次第で、団塊世代は映画世代、テレビ世代、漫画世代、大学紛争世代と、その当時の大人からは、今時の若い者はひっ弛んで居ると『酷評』され放しで在った。

 白痴化の先頭集団の世代が今や、70代に突入して、今のご時世はと、文句を付けて居る次第で在る。何時の世にも繰り返されて来た、そんな世代間感想は、同じ類の物なのだろう。
 然しながら、それがついつい口に出て仕舞うのが、人は時代の子、時代の存在たる由縁にして、三つ子の魂、百までと云われる様に、時代と云う価値観から脱せられないのが、人間の経験主義に依る尺度と云う物なのだろう。

♪男の女の間には、暗くて深い川が在る。誰も渡れぬ川為れど、今日一人櫂を漕ぐ。ローアンドロー、今日も独り櫂を漕ぐ。ローアンドロー。♪

 そんな唄が流行った時期も在った。従って、拠って立つ自分の価値観で、年寄りの世迷い語を語れば好いので在る。いざと為れば、奥の手で『何を扱きぁがる、この若造共めが!!』で、<人生の利息>で煙に巻けば好いので在る。難しく考えると、墓穴を掘るのが、関の山ってな次第で在る。ギャハハ。

 昨夜の散歩も暑かった。暑さの所為か知らぬが、とうとう、ホタルの光が無く成って居た。真にホタルの時期は、短命で在る。その暑さが、朝まで持続した感じの朝の訪れで在った。今晩は、Kちゃんとの長丁場の談論風発トークが控えて御座る。昨夕は念入りにジョロ散水を施して置いたから、家庭菜園の青物の朝採りをして置く事にする。

 キュウリ2本とトマトは、午後採りする事にして、インゲン、便利菜を採って、便利菜はお浸し、インゲン、キユウリ、トマトはマヨネーズ、味噌で食べれば好かろう。新鮮に勝る文句なしで在る。

 切干し大根、サツマアゲ、アゲを入れた煮物と、その汁で炊いた高野豆腐の煮物も作って冷蔵庫の中に在るから、古沢庵の味噌漬けを持って行けば、男の手作り惣菜でKちゃんも喜ぶ筈で在る。

 同世代で育った時代環境の共通性は、食べ物に関しても共通して居るから、独り食卓の市販物とは違った『郷愁の舌味覚』が蘇ると云う物で在る。へへへ。

 暑い外熱が入って来たから、二畳小部屋の遮光カーテンを引いて、隣の廊下カーテンも引いて、熱を遮断して押入れから扇風機を持って来て回す。いやはや、これで充分な涼しさが出来た。

 コーヒーと煙草で一服点けて居ると、ヤクルトママさんのコールで在る。倅と同い歳と聞いて以来、週に一度の娘の顔見せの様な物で在る。如何にも、暑そうな顔をして居るから、エネルギー補給に、野苺ジャム&コンデンスミルクをたっぷり掛けて遣ると。

「ワァ~、甘過ぎる」と云うから。
「ったく、手間の掛かる娘だ。残りは俺が始末するから、スプーンを一杯舐めとけ。」と云って、残りを受け取る。

 長身細身、色白ママさんで在る。皮下脂肪のプロテクターの無い体質故に、外気環境がもろに出るらしく、今日の暑さはしんどいとの由。子供が小さい時は、母親が一家の要で在るからして、体調を壊さずにのエールを送って置いた。へへへ。

 今朝も海上自衛隊・東京音楽隊の三宅三等海曹の歌唱・歌声を聴いた次第では在るが、細身の女曹長さんの頑張り様は、大した物で在る。世に『天職』為る言葉が在るが、差し詰め、彼女の様な存在を指して言うので在ろう。
 本職のソプラノ歌唱以上に、観客に対するサービス精神たるや、見上げた物で在る。音大出で無く、日大芸術学部・声楽科卒だけ在って、パフォーマンス芸術の何たるかを天性と授業の中で学んで居ると直感出来る『自衛官の逸材』で在る。

 願わくば、芸能界の魔手を排して、定年まで任官して第一線で活躍して、後身の指導に彼女の才能を存分に発揮させて貰いたい物で在る。歌って居る時の動態とそれ以外の静態の好さに、彼女の性格は『努力型の生真面目』なのだろうと想像する次第で在る。

 昨日動画を観た中に、『吾は海の子』のフル演奏&女性ボーカル3人の歌が、曲調を幾つかにアレンジして、大演奏並びに大合唱、大輪唱する長バージョン物が在った。自衛隊音楽隊の編曲力の実力には舌を巻いた次第で在ると同時に、軍隊の持つ総合力・統率力の何たるかを、そして日本の組織に於ける構成員全員の真摯な取り組みに、日本と外国との違いを考える好い材料とも成った次第で在る。

 本日ブログの字数も、頃合いと成って来た。午後のマイタイム域に移行すると致しましょうかね。梅雨は明けぬが、始まった猛暑のスタートで在りまする。この暑さ、無理は禁物で在りまするぞえ。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!