fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・朝から、好天為り。

                朝から、好天の輝き為り。(3/29/23)
 映画の話をインタビューに応えて、長々と話して居て、監督名を思い出せなくて、顔は浮かんで居るのに名前が出て来ない・・・えーと、えーとと思い出そうとして居るシーンで目が覚めて、名前を思い出した朝で在る。
 朝日が昇った処で、好天の空で在る。炊飯器をONとして廊下茶を飲めるように湯を沸かして、去年の沖縄行の折に私の分としてお揃いで買った携帯ポットに入れて、先ずは全戸開放した廊下でのモーニングコーヒーと煙草とする。

 遺憾いかんで、昨日の砂運びの筋肉痛が残って居る。コーヒーを手に庭降りをして一回りして自転車を出して、玄関も開放して、河川敷を少し歩いて来る。流れの濁りが収まって、好い感じの水量と流れで在る。川相からすると、釣れそうな感じでは在るが、ヤマメの帰りが期待出来ないのが残念な次第で在る。その内に試して見ると致そう。雲一つ無い空に、些かの春霞で西の雪を落としたアルプスが柔らかい感じで眺望出来る。砂取のをして居る脇に桃の木が生えて居て、ピンクの蕾が咲きそうに膨らんで居るし、土手の桜も咲きそうな感じで見える。

 学校は春休みの筈なのだろうが、大きな声で話しながらクラブの男子高校生達が自転車で上って行く。

 今朝の映画論を語って居る夢は、どんな出処が在ったのだろうかと考えると、そうかの前提が在った。国民の歴史は上巻の古代史に於ける対東洋史、対西洋史比較に最大の主題と云うか魅力が在る。何度目の通読に為るのかは知らぬが、歴史関連の5、6冊の本をローテーション読みをして居ると、色々な観点からの知識が知らず知らずの内に蓄積されて来て、覚える段階から本との対話の場と為る。

 そんな次第で、昨日の夜の部は区切りの好い処までの読み進めが出来て居たので、私なりに日本史の本質部分の書き込みとして備忘録に打ち足す事を前提に、メモ書きをして見た。多分、そんな脳細胞の余韻が、映画論の形で夢に現れたらしい。同好の話相手が居たら、推理、お互いの歴史観の交換で中身の濃い歓談のお時間と云う事にも為ろうが、生憎その相手が居ないのが残念な日々で、そんな心理状況が夢の中で、歴史ジャンルでは無く、一般向けする映画論のインタビュー形式で市井の映画通大いに語るの夢に為った模様で在る。

 そう考えると、お天道さんが私を不憫と思われて、めげずにライフワークの世界史を続けよとのエールを下されての事だったのだろう。

 ガーシー、旧NHK党、行政文書VS捏造文書の立民・小西・杉尾・福山の日本語理解ゼロ度、マスゴミの立民迎合の『毒素に満ちた醜悪存在』は、真に見苦しき様で在る。
 物云い、顔付き、目付き、仕草に中道(常識)を逸した偏向者の本質は、吠えれば吠える程に非常道者の本態を際立たせる処と為る。

 これも、お天道さんが示す単純明快さと云う物で在る。心技体では無いが、心は真に通じて居ないと、悪技体の偏向見本を晒して、自滅の彷徨に進むしか無いのだろう。杉尾某為る者が長野選出議員で在るから、長野県人としてお恥ずかしい限りで在る。

 健全な心に健全な体、健全な体に健全な心宿るの反対に、邪悪な心に、邪悪な論理では、お天道さんに背く行いにも為ろう。

  さて飯も炊けて居る次第で在るから、朝飯として本日をスタートさせると致しましょうかね。へへへ。

 それでも飯前の庭降りで地中の落ち葉の『分解度や如何に』で手鍬を入れて見ると、全然為で在る。幸い川砂がふんだんに在るから、一丁、遣って見るかで鍬に持ち替えて、土起しをして、重成り合った落ち葉層に土を混ぜて行く。この春の作業は、腐葉土作りでは必須の作業で在る。 鍬で掘り起こして、中の小枝、石などを取り除いて川から砂土を入れての土作りの成果で、年々土が黒々と進んで行く。今年はこのスペースに何を蒔こうかと考えるのは、愉しい物で在る。

 お天気が好いと川向うのS大付属幼稚園生が河川敷遠足に遣って来て、微笑ましい光景を見せて呉れる。私は邪魔をしない様に、作業を中断して中堤防の縁に座っての小休止として居る。
 百姓の経験は無いが、野良仕事の休憩の様なホツコリした気分と為る次第で在る。土、自然と関わり合う野良仕事での休憩は、人間も自然の中の一部感がして、好い気分で在る。川の増水も収まって、青味を増した流れで在る。追々と、釣り遊びをする季節で在る。

 人間は自然から遠ざかる程に、言ばかりが達者に為って利に敏い自己中心的なパフォーマンス根性に為り下がる傾向大らしい。同じ『リ』なのに、利と理の違いは、『人品・人格の違い』をマザマザと晒して仕舞うのが人間界と云う物らしい。 

 朝飯前の庭降りが習慣性の影響で、得心するまで遣ったら、正午の朝飯と為って仕舞った。然しながら、こんな処が私の性分の特徴なのだろう。粗食ながら美味い飯で腹が膨れた次第で在る。人間、何事も単純明快が好さそうで在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!