fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さてさて、暫しの非日常へ為り。

               さてさて、明日からは沖縄行で在るか為り。(4/28/23)
 今朝は中々の好夢で在った。世界史・日本史の総合歴史検定一級試験?の受験に上京して、記述、口頭試験にも上々の手応えを得て、序で在るから、独り旅を思い立って交通機関を利用しての歴史名所散策を始めた。

  何やら修験僧で有名な古刹が、在るそうな。何事も見学見聞して損は無かろう。此処は日本で在るから、言葉に不自由する事も無い。財布にも金が入って居るから、行って見る事にした。

 コロナ規制解除と為って、海外旅行者の人盛りと云った態で在る。正月の広島厳島神社、四月の高山の桜時同様の、日本に居ながらの海外旅行をして居る様な気分で在る。マスコミ、ユーチューブでは、日本観光は堰を切った様に『一大ブーム』とのそうな。

 インターネット、スマホを自由自在に使いこなす近時で在るから、世界遺産の観光地、日本食、テクノロジーと伝統が併存する清潔、安全、安心にして穏やかな日本社会への憧憬は、アニメ、マンガ、日本映画などで『世界的な文化提供』をして居るそうな。
 其処へ持って来て、失われた30年の経済成長率の足踏みによる『デフレ経済』と為替による『円安効果』で本国の金銭価値からすると、吃驚するほどの『物価の安さ』を満喫して居るそうな。

 高所得と云う事は、当然に物価高と同位で在る。生活の原資を労働で稼ぐので在るから、稼ぐ力と消費する力の均衡が、その国の経済実態と観て好かろう。人間の生活実態は経済的指数のみで、安易に比較は出来ないのが、その実態で在る。経済評論家、政治家、講演屋の経済指標に偏重し過ぎると、蝸牛角上(かぎゅうかくじょう)=蝸牛(かたつむり)のツノ合わせに似て居る。受験の高校・大学の偏差値ランキングばかりが、唯一基準の如く吹聴されるのは、可笑しな基準値で在る。受験知能と人格・人徳とは歴然とした次元の差で在る。

 自分軸と選球眼を身に着けないと、為にする御用学者・ご都合識者・言葉狩りの現代瓦版マスゴミの偏向評に洗脳されて仕舞うのが、情報過多の世相と相成る。

               それを称して、マスメディアの大衆社会と云うそうな。

 或る意味、マスコミ情報の『作られたブーム』と云うより、現代の文明の利器・携帯PCのスマホによる『口コミ情報の繁栄』と云った処なのだろう。世界史学習では、侵略形態には領土・人口・資本の三形態が在るそうな。それにこの日本ブームを観ると、文化も付け加えたく為って来る。文化侵略と形容するのは不適なので、『文化浸透』と表現するのが妥当と思われる。

 同じ様な事は、古代ではアレキサンダー大王の世界帝国でのヘレニズム(ギリシャ風)文化圏、唐代の仏教による東アジア圏も在ったし、イスラム文化圏、中世キリスト教文化圏、近時のアメリカナイズ文化圏も在った次第で在るから、テクノロジーと伝統が併存する『日本文化圏』が俄かに注目度を浴びて来ても、何ら不思議は無かろうと観察する次第でも在る。

 天皇が127代も続く天皇の国・日本が空気として醸し出す国土・国柄は、一万数千年に及ぶ日本文化の精神的揺籃期を経た一本の道に繋がる継続した文化に根ざして居る。言って見れば、『不変の長期文化の息吹』と云う物が、ミラクルジャパン、クールジャパンの感嘆詞付きで外国人の感性を撫でて居る・・・そんな現象と観るべきでは無かろうか。小さい時から日本のアニメをテレビで見て育って来たと云う世代が、親、子世代に、『世界的母数として裾野』を広げて居る。

 一時、麻生首相がアニメを国策として海外に発信すると言った処、マスコミから総叩きに遭った次第で在る。短命で終わった麻生政権で、その後は、『国民の生活が一番』の民主党の素人政権の飛んでも無い2年数か月の駄目政権から、『日本を取り戻す』の第二次安倍政権の最長政権が誕生した。そして、菅、岸田と続く自民党政権で在る。

 雑駁に数えると世界に国策としてアニメ文化の種蒔きをしたのが、10数年前の事で在る。カップラーメンの値段を知らない、漢字を読めないと『下らない言葉狩り』の集中砲火に晒された麻生首相時の事で在る。従って、その功績大と云う結果なので在る。安倍政権は麻生連立政権で在った、その実態を観る人は少ないのが、残念な次第で在る。

 私流に云えば、これぞ正しくマスコミ、ジャーナリズムの劣化現象と云わずして、何の形容有りやの様で、マスゴミと評されても仕方在るまいの段で在る。

 夢に纏わる作文が多く為って仕舞ったが、夢の中では険しい道無き道を往時の、修験者、修験僧さながらの杖を突いた老若男女の観光客に交じっての登坂の果てに、辿り着いた仏閣の威容と眺望のスケールの大きさに息を呑む海外観光客の満足感が実感出来たのが、私には『人間は未だ捨てたものじゃ無い。簡単便利、功利にあやかるばかりでは無く、精神の禊(みそぎ)を受けたいの真摯な願望が残って居た』

           そんな実際を外国人観光客の中に発見出来たのが、嬉しかった、感動した。
 感性に恵まれた観光客ならば、大都市と地方都市、そして田舎の田園、山林風景を比較体験すれば、田舎が地方都市を支え、地方都市が大都市を支え、大都市が地方都市を地方都市が田舎を支えて居る日本の構造が理解出来るだろうし、自助・連助・公助の国の体系こそが、精神の揺籃期・一万数千年に及ぶ縄文の地下水脈に通じて、一君万民の何事も有難いの自然神道の日本人の精神構造を育んで来て、現在に通じて居ると理解、納得出来る日本旅と為って居るのだろう。兎も角、彼等、彼女等にとっては、日本は特別の国の世界との由で在る。

 国も国民も人間も、経済的指標だけで把握も理解も出来ないのが、信頼度、感動度と云うものでは無かろうか。馬鹿の一つ覚えの様に、失われた30年40年と云うが、経済先進国離れした経済後進国・日本に、人種を問わず世界は何故にクールジャパン、ミラクルジャパンと云って殺到するのか。聞き質したい次第で在る。

 帰りの道はロープウエーで在ったのが、道は登りより下りが難儀で危険で在る。何とも事故防止策で日本人の労わりの心を現わして居て、国民の一人として誇らしげに感じた次第で在った。

 周囲の外国人観光者の話の内要は、外国語故に解らなかったが、ウァオ、ビューティー、ミラクル、クールジャパン、ナイスビュー、サンキュー、グー、グー、アイリターン、ジャパン・・・etcの単語からして、その雰囲気からして、私同様の感想の様で在った。

 多分、一神教の白人社会から、日本の自然観にこそ八尾萬の神々が宿る自然道を肌身で感じたと思いたい次第で在った。

 夢の後半は、駅の方角が解らず、嗚呼、図に乗って『迷子の古希坂爺の現実』に、やれやれの態での目覚めで在った。

 以上の如く、好夢を再ライブしながらの全戸開放の廊下で、熱々のモーニングコーヒーを飲みながら、煙草の一服を付けての庭降りとする。

 ゴミ出しをして来ての4日程の留守で在るから、知らず知らずの内に庭長居をして仕舞う。昨日の石積みの上のヤマカカシには驚いたが、春の菜園土起しをすれば、沢ガニ、ウシカエルが冬眠をして居る次第で在るから、陽気が好く成って蛇がニョロニョロして居たからと云って、騒ぐ必要も無い。

 家人は私一人では在るが、自然界に在っては、人間も自分達同様の一動物に過ぎない次第で在る。人間に好い環境で在れば、動植物・昆虫・鳥達にも好いので在るから、環境を平等にシェアするのが、無為自然の古希坂爺の生活態とするべしなのだろう。

     昨日は弟から電話が在って、会社集合が午前2時在ったのが、3時半の変更と相為った。

 朝飯後は旅行の準備をして昼風呂、昼寝の体力温存で、寝たら自信が無いから、会社で待つのが好かろう。

 風呂前にバック詰め、古希坂爺の珍味で朝仕込んで置いた特辛炒め味噌、古沢庵の丸干しを刻んで味の素をたっぷり振り込んでタッパに。そして梅干しを適宜入れて少々の液補充に湯冷まし、砂糖・酢を調合して、シェイクを施して置く。私達兄弟以外は、皆さん酒飲みで在るから、多少なりとも酒に好し、飯に好しの『気は心の提供』にも為ろう。私に出来る事は、その位の物で在る。アハハ。

 遺憾いかん・・・。閉じ籠もり日々から、非日常の留守で、知らず知らずの内に文面が伸びて仕舞った物で在る。新しい発見に、歳甲斐も無く脳細胞が活性化して居る様で在る。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!