fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・半曇天に薄日の差し為り。

               半曇天の空に、薄日の射し為り。(5/20/23)
 未だ起きんぞで、寝返りを打っての続眠とする。次にトイレ起き序の起床とする。昨日はよく降って呉れた物で在る。D2の帰りはすっかり雨の中のペダル漕ぎで、高校時代の自転車通学を思い出した次第で在った。

 自転車出しをして全戸開放の空気の総入れ替えをしながら、先ずは廊下でのモーニングコーヒーと煙草吸いとする。さて、雨の滴を避けながらの庭の一巡として来る。雨後の筍では無いが、雨後の雑草は凄い物で在る。こんな所にこんな大きな物が在ったのかで、地面の柔らかな内に根絶として回る。

 おやおや、今年はもう山椒の実が付いて来たでは無いか。例年だと苺の収穫が峠を越した頃なのだが、今年は自棄に早い。

 何やら、唇が虫に刺された様で腫れて居る。昨日の熱い味噌汁で火傷をしたと思いきや、虫にキスをされたらしい。夢でもキスされた事は無いのに、とうとう焼きが回って虫にチョツカイを受けるとは、年貢の収め時が近付いて居るらしい。いやはや、困った物では無いか。

 雨に打たれた八重の芍薬の花々は雨の重みに、項垂れ、倒れ掛かって居る。今日の苺採りで小鍋一杯のジャムの完成と為るが、雨の滴が蒸発してからの採りとすれば好かろう。一応、車にエンジンを掛けて、フェンスに這わせた甲州ブドウ種の果房の成長と数を数え、種蒔きのキュウリ、ミツバ、インゲン、花の芽出しを探すが、全体として未だ芳しくない状況で在る。

 朝アイドリングを済ませて、定位置の小部屋入りをしてラジオONとすれば、源氏物語の解説とやらで、キンキンとした甲高い早口で在る。私のエンジンは掛かって居ない時間帯で在るからして、ラジオからペギー・リーの洋楽テープに切り替える。好し好し、これでモーニングタイムに馴染むBGMで在る。歌詞が解らない処が、バックグンドミュージックの本領発揮と云う物で在る。

 全体的に曇天ながら、薄日の射しが出て来た。本日は別段する事も無いから、朝飯後は風呂入りをしてから、一日をスタートさせると致そうか。

 30℃超えが続いたと思ったら、雨日で自転車濡れをしたりで、この数日は寒暖の差がきつくて付いて行けない老躯で在る。空気の入れ替えも出来たから、廊下を締めに立つと西の空には青空で在る。

             飯が炊けるまでの間を、苺採りとして来ると致そうか。

 ジャム仕込みと朝飯を食べてのラジオ持ちで、長風呂とする。不図気付いた。中国、朝鮮の氏名は、姓が一文字、名が二文字の漢字で在るのに対して、日本の姓・名字は、概ね二文字、三文字漢字で在る。小中華の事大主義国・朝鮮の宗主国の右に倣えの半島根性はスンナリと腑に落ちる次第では在るが、日本の名字の複数字は意外や意外で、国柄・国民性・文化の違いを象徴する物かも知れないと感じた次第で在る。一応、それなりにアンテナを高くして、種々の雑学収集をして来た古希坂住人の一人と自負して居るのでは在るが、こんな視点からの話も活字も読んだ事は無い。

 何かに気付いて、解らない時は誰かに質問して解を求めたいと考えるのだが、残念ながら、それを質問する相手が居ないのが、寂しい限りで在る。久し振りに発想切り口は好いと思うのだが、応え人、居らずが、とほほの段で在る。

 風呂から上がれば、東の空にも青空の広がりで在る。適当な辺りで軽く昼を摂って再び全戸開放をしての頁進めをして置くと致しましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!