fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さてさて、本日も遣るべし為り。

                 さてさて、本日も遣るべし為り。(6/25/23)
 カラスが鳴いて、カッコウが鳴いて居る。朝で在るか。起床として時計を見れば、5時で在る。金曜日の完全バテ作業に、佐渡手伝いで前倒しをした梅の収穫日で在った。疲労溜まりで、自然と早寝の就寝で在った。

 本日のメインは、梅漬けで在るか。昨日は午前採り、長い昼寝を挟んでの午後採りと彼是、2時間ずつの計4時間を費やした作業で在った。疲れたが、ノビタ身で好くぞ辛抱して遣る物で在る。沢庵の漬け物容器2つに汚れ取りの水に浸かって居る大梅量で在る。

 全戸開放の廊下コーヒー&煙草の一服をして、庭下りとする。キュウリ1本の収穫が在る。梅の木を見れば、採り残しが在る。玄関の自転車を出して、折り畳み踏み台を持って来て、梅採りをして、容器の仲間入りをさせる。空は曇天模様で在る。

 相手は生物で在るから、新鮮な内に、塩漬けをして置くべしで在る。苺ジャム、梅干し、吊るし柿も採って直ぐの新鮮加工で在るから、不味い訳が無い。労力と手間掛けが信条の産物が、吾が手作り品で在る。個人スーパーのレジ打ち先輩、弟が、私の人の好さに苦言を呈して、『手作り品の労力と手間掛けの価値が解らない者に遣る必要は無い。市販品を買って来て食べれば好いのだ。』ご尤もな御意見で、本質的には私も同意見で在る。従って、知る人ぞ知る隠れた逸品の進呈が、吾が心情と云った次第で在る。

 未だ水仕事は嫌で在るから、高枝鋏でツンツン伸びた小枝をカットして、後始末をして一服付けた後で、本日のメイン仕事に着手すると致そう。重い腰さえ上げれば、後は黙々、道産子農耕馬体質で在るから、エンジン始動の運びと為ろう。

 長靴を履いて、バケツを椅子代わりにして、大量の梅の水揚げをして一つを漬け込み容器として空にして、水切りをする。引き上げた梅の水切りタイムとして、一服タイムとすれば8時少し前で在る。その頃に成ると薄日が差して来た。耳の裏、捲った腕に小蚊の痒みで在る。ズボンも濡れ、やれやれの感で在る。

 ムヒは何処だで、擦り込んで足元に蚊取り線香を焚く。梅採り、水揚げが済めば、後はたっぷりの塩振りをして漬け込むのは、大した作業では無い。

 庭の自生赤紫蘇も梅干し作りの回を重ねる内に、梅の塩漬けと赤紫蘇は一緒で無くとも、後で入れても影響の無い事が解ったし、赤紫蘇も引き抜くのでは無く、葉だけを捥ぎ取って使用して行けば、『葉の再生産』が行くから、適宜追加して行けば好い。
 そんな方法論を学んで行けるのが、『自前作の強み』と云った次第で在る。何事も基本は、観察に拠る特性を見ての創意工夫がDIYの面白さ、愉しさに通じる次第で在る。

 今時は何でもかんでも、市販品とチィーンの電子レンジの簡単便利の画一的食生活が幅を利かせるご時世で在る。加えて人工頭脳の大流行で思考までもが、機械頼りに移行しつつ在るそうな。

 至れり尽くせりの21C、人間は便利簡単益の化け物社会に凌駕されて、益々の精神性・人間性喪失の世に進むのだろうが、果たしてそれが人間ひいては人類にとって好ましい方向なのか。

 時代遅れの末端底辺貧民の幼稚な知能しか持ち合わせて居ない古希坂半ば男には解らない次第で在る。こんなご時世ながら、人口減、食糧・至言不足と云うので在るから、解せない事ばかりの辻褄の合わないご時世で在る。
 内実は地球と云う大きなゲージで飼われているブロイラーの生産工場の生き物が、人間の様らしい。採卵、食肉に二分化されたブロイラーは、最先端飼育で49日で一生を終えるとの由。そんなモヤシ生産で在るから、当然に若肉でコクも美味味も備わって居ない。従って人工的なタレに漬けて『人工味加工』されて、人間の胃袋に供される次第で在る。そして、行列の出来る店として、画一的味覚が人間の舌を画一方向に進められて行く。

 おいおい、そりぁ、冗談アラスカ。グルメじゃ無くて、単なる味音痴の人工装置じぁゴザンせんか。ブロイラーと名産○○地鶏の値段と味の高さは、一つの文明批評の象徴なのだろう。へへへ。

 さて、9時に成るか。朝飯として梅の塩漬けに取り掛かると致そうか。それをすれば、作業からの解放で、マイリズム・マイペース、オールマイタイムの復帰が叶う次第で在る。

 漬け物容器2個に塩漬けをして、今年は梅酒代わりに弟に約束した梅シロップ用にデカイのを選んで、氷砂糖を買いに行く。序でに自家製チャーシューは簡単に出来て、分厚く切って食べれるから、豪勢にして安上がりだと云うと、未だ作った事が無いから参考に作って持って来て呉れとの由で在ったので、私と弟用の豚ブロック肉を買って来て、それを仕込んで置く。明日は会社に行く用事が在るので、シロップ用に入れた梅酒用瓶と自家製チャーシューのブロックとUちぃにリクエストされたお代わりジャムを持って行けば手土産と為る。

 こんな朝勤めを終えると、丁度正午で在る。苺ジャム、青山椒実、梅漬けと年間歳時記も滞り無く進んで、先ずはホッとの一安心の態で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!