fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・雨に如何せん。ロートルの時間潰し。

             雨に、如何にせん。ロートルの時間潰し。(7/25/17)
 庭に出て居ると、雨が落ちて来た。梅雨時期にはカラ梅雨のカンカン照りで、梅雨明け間近に為ると雨日の連続で在る。まぁ、植物、ダムの貯水量満たしには、好都合と云った処で在ろうか。小振りに成るのを待って、ゴミ出しをしようと四畳半でネットニュースに目を通して居ると、ブロック長の一本線さんが班長会議の連絡書を持って来た。

 本日は雨模様で、女子高生の自転車通学がさっぱりで在る。男子生徒は合羽通学で余りにも色気が無さ過ぎる次第で在る。

 小振りに成ったので、ゴミ出しをして来て、庭を一回り見て来る。鬼ユリが咲いて、カサブランカも蕾が割れそうで在る。雲行きからすると、本日は家の中でのうろつきと成りそうで在る。従って、二畳小部屋での時間送りが主体と成る。そんな次第で、楓の散髪と庭通路の草欠きをして置いて正解と云う物で在る。荒した地面も雨で締めまるし、緑一色の庭の自然感も、雨の風情にトーンがマッチして、『妄想の呼び水』とも為ろう。へへへ。

 昨日は四畳半で、陸自の鶫舞衣陸士長の『365日の?』をボリュームを上げて見て居ると、Tが元気な姿を見せて呉れた。

「幾ら、呼んでも出て来ん。変な事してたんじや無ぇか?」
「そうそう、女日照りで、若い娘っこの生き血を吸おうとしてたんだわ。」
「オイさんは、好きだねぇ~。その元気が羨ましいぜや。」
「あいあい、音楽は1だけど、歌を聴くのは好きなんだわ。」

 本日は、ソフトクリームの差し入れで在る。Tの孫の僕ちゃんは、一昨年の葦の中で私と掬った大きな鯉の感動が余程大きかったらしく、『じいちゃん、あの鯉、大きかったね。もっと大きく成ってるよね。元気だよね。生きてるよね。』と云って居るそうで在る。

 番から団塊世代の体育会系の爺は、幼児に対する躾けツールには、『ゲンコツ』が付き物で在る。それでも、Tの処も上の女の子も下の男の子も、爺ちゃん子で在る。

 元気そうで在るから、Tの為に用意をして置いたキリギリスを去年返却して呉れた容器に移し替える。ズーと夏の奏者・キリギリスをプレゼントして居る次第で、Tは大喜びで在る。アゲハ、グッピィ、キリギリスと、小動物に向ける眼差しは、男の乙さに相通じる物が在るのだろう。アハハ。

 私は然程の母校愛が無いから、高校野球には興味が無い。それでも、衛生部長さん、Kちゃん、Tは勝って居た試合をひっくり返されて、二本線野球部の『伝統と化した不甲斐無さ』に、御立腹の段で在る。普通に勝てばベスト8に入り、衛生部長さんからは、勝ったら長野に応援に行こうと誘われて居たので在る。アハハ。

 Tの元気な姿を見て、安心して頁捲り後は、晩飯まで横に成って居ると、公民館下の先輩さんが来られて、スイカを頂戴した。近々、ラーメン屋で一杯遣ろうとの由で在る。

 そんな次第で、昨日の夜から、朝と『スイカ喰い』で、漸く半分を食べた次第で在る。好物とは云え、独り暮らしでのスイカ消費は、中々の難敵で在る。土地の名産スイカで在るから、美味いスイカで在る。へへへ。

 本日は、降ったり止んだりの終日の雨日と成りそうな気配で在る。サッシの網戸には朝から、アブラゼミ一匹が張り付いてる。蝉の一生は土中6年、羽化6日とも云われて居る。その貴重な1/6を軒下網戸での雨宿りでは、頂けまい。おやおや、またまた降って来た。

 さてさて、省エネ底辺貧民の胃袋と云っても、スイカ腹だけでは妄想力も枯渇してしまう。白い飯を胃に入れねば一日が持ちそうも無い。飯を食べたら、本日は散歩優先で在る。

 雨が止んで、即、散歩に出向く。雨後の涼しさと同様に、雨後の蒸し暑さも在る。蒸し暑さでは在るが、家の中の熊のうろ付きよりは、格段に気持ちが好い。河川敷を歩いて居ると、サンダルに小石が入る。何度か、中の小石を払うが宜しく無い。歳で角質化した足裏を擦り減らそうと、中堤防のコンクリート縁を裸足で歩く。刺激が在って、一石二鳥で在る。

 橋のタッパの低い所で土手道に上がる。下からピンクの長袖アンダーシャツの福与かな胸をブルンブルンさせた老婦人が、自転車を漕ぎ上げて来る。お歳で在るから、胸の八の字を見る訳にも行かず、素通りしようとすると『何処かで見掛けた顔』で在る。5月の川からの砂運び時にお声掛けを頂戴して、吾が戯画廊に強制連行をさせて貰った婦人で在る。

「お~い」と声を掛けると、「私?」と自転車を止めて、こちらに来る。
「覚えてる?」「ああ、あの時の」と私を覚えて居て呉れて居た様である。

 現在はフィットネスクラブに通って居て、その帰りだと云う。いやはや、元気その物で在る。曰く、これからの好い時間を『ボケたら台無し』に成るから、散歩に、フィットネスに精を出して居るとの由。その後のご亭主殿との絶交状態が緩和したか、を聞きたかったが、『プライバシーへの干渉』は、私の流儀では無い。へへへ。

「好く分かったわね。」
「如何して、分かったか、当ててみましょ。」
「あれでしょう。婆さんだけど、好みの顔だったからでしょう。アハハ!!」

 へへへ、フィットネス、散歩効果で、ボケ防止以上の記憶力で在る。私の云った『歳を取っても、美人さんは美人。俺の好みの顔』の言葉を覚えて居られる。当年73歳と云っても、大した元気の好さで在る。健康の好さが、表情に好く現われて居る。

          好いですなぁ~。人間、男女共に、何時もそう在りたい物で在る。

 下の大手スーパーで買い物をして行く心算で在る。近くの信号まで来ると、またまた雨が降って来た。雨宿り方々、偶にはスタバに顔を出して行く事にしよう。

 行くと、スタッフさんが、懐かしいとの言葉掛けで、フィリピン・ハーフ嬢もお愛相を掛けて来て、『Tさん、元気ですか? 今日は、絵は持って来た?』の戯画ファン振りを頂戴して仕舞った。小柄なアルバイト仲間も、新しい絵を見たがって居ると云うから、『今度二人で、私の戯画廊に遊びに来るべし』と伝える。

 一人だけのコーヒータイムは、私には居心地が芳しくない。アイスコーヒーをそそくさと飲んで、下のTSUTAYAで本を覗いて行く。好い機会で在るから、『地球の歩き方 アンコール・ワツトとカンボジア』を買って、大手スーパーで食材を買って帰る。雨も止んで、重いレジ袋を左右交互にブル下げて、河川敷を上って来る。

 相変わらずの蒸し暑さでは在るが、歩く事は性に合って居る。散歩運動には、申し分の無い距離で在る。汗で濡れたTシャツを脱いでの、上半身裸スタイルが、私の夏の日常で在る。おやおや、また本日は雨で在る。本日は、真に締まりの無いお天気さんで在る事か。それでも、早い処、散歩をして来て正解で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!