fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・アッじゃ~、廊下のキリギリス全滅為り。

                アッジャ~、廊下キリギリスが全滅為り。(8/20/23)
 昨日は夕刻から夜に掛けて、庭通路がプール状に成っての漸くの雨で在った。これで植物達も息を吹き返した事で在ろう。昨日の魔の時間帯は酷い在り様で、体内に籠った熱に早々にシャワータイムとして熱冷ましの午後タイムで在った。晩飯時の汗掻きにも汗流しに、シャワーを被っての上半身裸のパンツ一枚で過ごして居た次第だったので、雨量たっぷりの地熱下げは快眠を運んで呉れた次第である。
 快眠効果でのスッキリした目覚めで在ったが、体力回復の為に未だ起きるのは勿体無しの感で、少し頭のアイドリングで世界地図を脳裏に浮かべ、世界史の雑駁な流れを反芻した後は、少しバッコン腹筋体操をしての離床とする。全戸開放をして自転車出しをして庭を一回りして来る。

 甲州ブドウ系の赤ぽい色付き粒を摘まんで、その高級感にニヤリとする。昔ブドウも一部色付いて来たが、未だ味見には遠い次第で在る。今年は夏焼けで、キュウリ、インゲンは完全な不作で終わって仕舞った。マツバボタンも疎らの態で在るし、種蒔きアスターも辛うじて1本の成長に終わって仕舞った。
 総じて、今年の家庭菜園は元取れずの低調さで終わって居る。春物の牡丹、芍薬、ツツジ、サツキと兎に角、咲きの早かったユリ類は見事で在ったが、夏の早さと過酷さが明暗を分けた様らしい。苺、梅は大生りで在ったが、落果の夥しさで柿は如何成る事やら・・・で在ろうか。

 人間の科学、技術は頂点に達したとは云え、地球規模の自然界とも成れば、何事も自然任せの受忍が、人間の限界とも云える次第で在る。末端底辺貧民の粗食&小食ながら、バッコン腹筋体操も自然と出来るし、炎天下での肉体労働も其れなりに出来て居るからして、健康態と云う事なのだろう。7時のニュースを聞いて居ると、昨日、今日と松本は36℃超えの要注意地域との由。いやはや、堪らんですなぁ。

 ウヌ~、廊下のキリギリスが鳴いて居ない・・・。餌を替えて遣ると致そうかで、行くと、何とオスもメスも全滅で在る。???? 餌が悪かったのか。四畳半ケースを見に行くと異常無しで在る。熱中症で全滅と云う事か。ケースの砂も捨てて、ゼロ払いで砂交換もして、キリギリス獲りに行って来るべしで在る。未だ未だ夏は続くので在るから、夏の風物詩キリギリスとの同居が必要で在る。善は急げで在る。飯前の汗掻き運動をして来ると致そう。

 朝で在るから、キリギリス達も静かな物で在る。中々出て来ない。体は楽では在るが、捕獲が目的で在るから困った次第で在る。その内、お天道さんが照って来て、暑く成って来た。ふうふう、暑さを堪えてのキリギリスの追い出し獲りに専念して、オスメス3匹づつの捕獲として帰って来る。
 汗でずぶ濡れの上下を洗濯機に入れて、洗って置いた空ケースに川砂を敷いて、たっぷりの水でお湿りを付けて、餌のキュウリと削り節を入れて、キリギリス達をケースに放す。これで本日は完了の態で好かろう。

 コーヒーと煙草の一服を付けて朝飯とすると致そう。10時半で在るか。日曜日ながら、悪くは無い午前の部と為ろうか。
 朝の頭アイドリングでのふと浮かんだ中国感想に、普通考えれば辻褄の合わない中狂経済も、とうとう糊塗不能域、一党独裁の緘口令も不能域で隠蔽する事が出来ない程のバブル崩壊が次から次と露見するに至って居るそうな。殷・周の時代から『民不在』の王朝易姓革命の王朝史を繰り返して来たお国柄で在る。華夷対立、華夷並立、浸透王朝、征服王朝で一治一乱にして、求心力と遠心力のメリーゴーランドが回り続けて居るのが中国亜大陸の歴史実相で在る。

 パクリ新幹線網と21C型シルクロードの一帯一路、偉大な中華民族の復活、海の強国策、世界通貨元・・・etcと習近平体制の張ったり、大風呂敷は凄まじい限りでは在るが、残念ながら中身・実績を伴なわないのが、依然として『中華』の儘なので在る。
 そんな歴史感想で中国史、現在を観察して居ると、如何やら中国の実相は、見た目は豪華絢爛の大見栄を張って居るのだが、民不在の国柄の骨格と為ると、『骨粗鬆症』と云うのが合理的妥当な観察結果と為りそうなのだが、如何で在ろうか。

 骨粗鬆症は男族と比べると、己が骨をカルシウム・鉄分補給として与えるので、女族に不可避の傾向との由。民の根源は母体に帰する事を考えれば、中華の『骨粗鬆症』体質は、民への富国窮民・剥民富国の王朝体質を一掃させて、『育民』に180度の舵を切るしか無いと思うのだが。

              さて、腹も空いて来たから、朝飯と致しまする。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!