fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・庭は、鬼百合の咲きで在る。

                  庭は、鬼ユリの咲きで在る。(7/28/17)
 昨日は四畳半に居ると2級上の先輩さんが手を振って下されたから、外で立ち話とする。好いタイミングなので、庭のカサブランカ、鬼ユリ、グラジオラスをカットしてプレゼントとする。土手の木イチゴ・ブラックベリーも色付いて来たので、お取り申し上げる。散歩の帰りと云うので、今度は私の散歩の番で在るから、送り歩きでスタートさせる。

 親譲りの土地持ちさんで在るから、家の前の広い貸出駐車場の前で、男の井戸端会議で在る。私は男5人兄弟の4男坊として育った所為だろうか、年上男性と話して居た方が気分的にしっくり来るタイプで在る。フォローするのと、して呉れるのとは、精神的負担は大きく異なる。お釈迦様が居られれば、孫悟空は好き勝手が出来ると云う物で在る。

                へへへにしてギャハハ!!の段で在る。

「そう遣ってさ、何振っても、それなりに応えちゃう処が、只者じゃ無い。それにしても、毎日、あれだけの文章を書けるもんだわ。ぶっつけ本番らしく、二三の誤字は在ってもさ、精度の高い文章だわ。何回も云うけど、雑草生い茂る隅に、こんな大物が潜んで居たなんて、草刈は絶対に必要だ。」

「何て云ったって、顔も声も知らない者同士のブログ世界だぜ。恥も外聞も不要せ。知ってる人から見たら、この戯けオヤジ、出任せ放題言い遣がっての蔑みも在るだろうけど、知らなきぁ、言った者勝ちって事さね。
 別に学問遣ってる訳じゃ無い。単なるお役御免の暇親父の有る事無い事の、『ただ日常の創作日記』だいね。一々、目くじら立てて読んでたら、『胃潰瘍』を患っちまうわね。とどの詰まりが、俺の戯画と同じせ。ヒヒヒ。」

「胃潰瘍って云えばさ、俺、此処ん処、股関節痛でさ。俺の歩き方、おかしいかな? 特意の観察眼で、俺の歩き方を見て呉や。」

「先輩、ちょっとガニマタが過ぎるんね。」

「じぁ、こうか。内股で吉原のオイラン歩きして見るか。」

「何を遣ってるだい、天下の公道で。古事記の昔から男女間には、一物の有無の差が在らぁね。特に信州じゃ諏訪の御柱が在るわね。男が自然体に歩けば、ガニマタせ。
 股関節通は、女より男の方に聞くから、股関物の有無に起因するんじゃ無いかの読みが在るんだけどね。
 他人見には俺のもデカイらしいから、股関節のV字開きの修正に、外を歩く時は意識して、足の向きを真っ直ぐと云うか、足跡の向きを並行させる感じでガニマタ修正の時間としてるけどね。ガニマタ歩行と股関物の大小の相関関係は、未着手だけどせ。ホームズ的思考回路を働かせて、真面目に相関関係に着手すれば、メラニン色素に基ずく、勃起力、締まりの強弱仕組みに辿り付けると思ってるんだけど。ヒヒヒ。」

「やいやい、古事記に諏訪の御柱、締め括りに、メラニン色素と来ちまったいな。こりぁ、二本線懇親会だけにして置いたら、罰が当たるぜや。
 一本線の公民館長に公民館開放させて、『R塾』を立ち上げなきぁ、町会御柱も単なる宝物の『立ち枯れ』だぜや。」

「宝物だって、生物(なまもの)だぜね。機能が現役の内に一杯『レジェンド』作っとかなきぁ、逸物ミイラに幾ら〆縄撒いたって、現世御利益にぁ与れんわね。女にぁ、バイブレーション、世界宗教にはバイブル、経典、コーランって云うぜね。」

「レジェンド、バイブレーション、バイブル、経典にコーランと来ちまったか。丸で、女鳥羽川のホタルにカジカ蛙、キリギリス物だぜや。」

「あいあい、エジプトはナイルの賜りもの、ヨーロッパはギリシャの賜りもの。四重苦男は、世界史経典に女鳥羽川散策の賜りものだいね。イッヒッヒ!!」

 こんな次第でロートル二本線で盛り上がって居ると、通りの先に前回の二本線後輩奥さんが座敷き犬の散歩姿で在る。早速、手招きをして、先輩・後輩のお目通しをさせて頂く。

         さてさて、先輩さんと別れて、私は日課の散歩をして来た次第で在る。

 明けて本日。11時を回ったか。まぁ、好い具合の時間の回りで在る。朝飯時には、いい加減うんざりとして来た雨で在った。雨が止んだので、そろそろ私道の草退治をしなければ為らないと思いつつ、その都度、健忘症の常で忘れて仕舞って居た次第で在る。こう毎日、天からジョロ散水を何時間も頂戴して居たら、当然に雑草天国と成るのも当然で在る。

 丁度雨が止んで、ミンミンゼミも鳴いて来たので、時間の掛からない仕事で在る。蚊対策もせずに、Tシャツ、短パン、庭サンダル、素手で雨後の雑草を引き抜いて行く。雨で地面が柔らかいので、スイスイと抜けて来る。一通り奇麗にして、零れ種から自生するナツメをカットする為に、鎌を持って来る。春に、根の掘り起こしをした筈なのだが、残って居たと云う事で在る。

 鎌の使用序に、鎌研ぎ、包丁研ぎをして時間潰しとする。狩猟を分担して居た縄文男族の遺伝子なのだろうか、刃研ぎを始めると、ついつい面白く成って来るのが、男と云う物で在る。角度の付いた刃の部分を研いで、裏返して研ぎによって出来たバリを刃裏の平面に沿ってバリを舐める様な感じで軽く落として、ガスに火を付けて『焼き入れ』をしてジュツと水を掛けて冷やし、ガス火を付けて水分を飛ばす。鉄部分に食用油を塗って、完了で在る。

 庭の鬼ユリも一気に咲き始めて、曇天では在るが、ミンミンゼミが忙しく鳴き始めて居る。仏壇に贈ったカサブランカも、真っ白な大輪の花を3個開花させて、益々バランスを醸し出して来た。

 毎日が日曜日のマンネリブログを打ち上げる頃に成ると、雨後の蒸し暑さが充満して来た。無風曇天に、庭は鬼ユリの咲きで在る。さてさて、即席の焼きそばをして、午後のマイタイムに移りましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!