fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・j松本平北半分をドライブして来た為り。

                 さて、出掛けると致しましょうかね為り。(9/20/23)
 Tと一緒に居る夢を見て居た。夢の中では中々多才な男で、小さなアングラ劇団を遣って居た夢で在った。夢も尿意で目覚めて仕舞い、トイレで放出して来て寝直しとするが、本日は予定が有るから、しゃ~無いで起床とする。炊飯器ONとして、小部屋入りに廊下から庭を見れば、この日照り続きで外の鉢植え物と楓の木の下のツツジの葉が萎れて枯れに向かう葉色と成って居る。半日留守をする次第で在るから、見て見ぬ振りも出来ず、新しいジョロに2杯、たっぷりの散水を小玉スイカにも施して、小部屋入りをしてのモーニングコーヒーとする。

 6時の天気予報、ニュースを聴きながら、薄曇りの朝を見る。8時半からの受付で在るから、塩尻市の外れに在る免許センターへの所要時間を考えると、7時半頃に出掛けると致そう。早目に行って午前中に免許更新をして、帰りに中山霊園に寄っての墓参りの日程で在る。雨が降るらしいから、墓参り時の傘も忘れずにと云う事で在る。センターでの時間待ちは、読み掛けの本を持って行けば丁度好かろう。

 ラジオでは国連での台湾問題が討論されるらしく、そのニュース解説が台湾支局の記者からのレポートがされて居た。目下、2000年に発行された『21世紀の中国を予見する中国人の思想構造』を半分程読み進めて居るので、これも何かのご縁なのだろう。面白いタイミングの好さと云う物では無いか。

 黄文雄、西尾幹二、田中英道、三氏の日本を立ち位置とする保守派の中国史観とグローバル商売人の邱氏の中国観は親中国の観点から書かれて居るので、好い参考本と為る。Yの性格からすると黄文雄氏の本よりも、説得力を持った読み物と為る感じで、私としては是非とも読み比べて、自分の中国観の足しにして貰いたいのだが、実際問題、それが響いて返って来ないから、『大きなお節介』に帰して仕舞う残念さが在る。

 ジャニーズ事務所の男色・男食ゴシップの声色使いの下世話タイムも、人間であるから面白いし必要な次第では在るが、古希坂男の芯の部分では、それ相応の質を伴ないたいと考える次第でも在る。男同士の会話では、硬軟併せ持つが肝要事で在る。

         さて、7時で在るか。朝飯として、出掛ける用意をすると致しましょうかね。
 受け付けは、8時半から9時半で在る。時間調整の為に、弟の会社に寄って行くと皆さん会社に居る。貰い物が在るので、電話をしようと思って居たと云う。連休を利用して、横浜のIさんを誘って、お盆の台風で行けなかった宇都宮のSマリーンさんの散骨に神津島に行って来たとの由で、真っ黒けの真黒の日焼けで在った。免許更新の帰りに、Hモーターズ、墓参りの後に寄って持って行くと言って、塩尻に向かう。通勤帯と成って仕舞い、ウンザリの市内を漸く抜けて、土手沿いの裏道を行くと、途中で工事中とやらで、対岸の道路を行く羽目と為って仕舞った。

 然しながら受付時間内には、充分過ぎる程の余裕が在るから、ドライブを愉しむ。矢張り、川の渇水状況で今年の異常な熱波を感じる次第で在った。田んぼの稲刈りも殆どが済んで居る。待ち時間を読書タイムとして、手続きの列にに進む。高齢者講習の終了証書が在るので、講習も無くすんなりと新免許を得た。免許証入れを貰って、昨日散々に探した写真付きマイナンバー証を使用し無い免許証入れに入れた記憶が蘇って、若しかしたら正解と、ついニヤリの段で在った。

 弟が高級ブドウを半分分けて呉れたので、渡りに舟で買い物をせずに行かれるので、儲けて仕舞った。花は霊園入口に業者の販売所が在るから、それで好しで在る。そんな次第で帰りはスムーズなドライブで、Hモーターズに寄って、昼までの間を有明保養施設の売り込みをして来た。直ぐ上の兄貴の親友だった先輩さんで在るから、話も大いに弾んで、折を見て見学に行って来るとの由。

 さて、霊園で墓参りをして、弟の会社に行くと、今日は段取り日と組合の寄り合いが在るから、会社に居るとの事で、事務員さんにアイスコーヒーを入れて貰い、兄弟の談笑として来た。松本平の北を半周するドライブで在った。

 帰って来て、気合いを入れて仕舞忘れのマイナンバーカード探しに着手する。楽勝と考えて居たが、昨日あれだけ探して見付からなかった代物で在る。それでも手掛かりを掴んだ以上、おいそれとギブアップ出来ない。徹底的に、自分の性向をホームズ的分析をして、私は並の馬鹿では無いの呪文掛けをして、遂に発見に漕ぎ付けた。

 思わず、万歳三唱の喜びとした次第で在る。ギャハハ、ニャハハ、目出度し目出度しの一日で在った。墓参り時は暑くて堪らなかったが、目下4時の時刻で在る。雨が期待出来そうな雲行きと成って来た。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!