fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・孫の好い体験為りしか。

                     孫の好い体験為りか。(10/8/23)
  さぁ~てと、少し早いが行くと致そうか。日曜日の7時前のドライブで在るから、スイスイと行く物で在る。現場着は、私が一番で在る。露天風呂に隣接する更衣所の床材の並べられて居て、給排水の穴開けが施されて居る。いやはや、寸暇を惜しんでの作業が進んで居る。

 差し当たってする事が無いから、ゴミの焼却をして居ると、遣って来た。更衣所の給排水の配管と床張りと二階のクッション張り、更衣所の断熱材を入れての内装、トイレ、洗面台、洗濯機の間仕切りを今日、明日で作って行くとの事。

 給排水管の連結との事で、人力掘りをした後は、呼ばれた時に手助けをすれば好いから、私は階段部の溶接手摺のペンキ塗りと二階部屋の柱などの木部の黒ペンキ塗りの中断が在るから、それを担当する事にする。
 配管の手掘りが終わって、焚き火に伐採屑を燃やして居ると、倅が顔を出して、久し振りの日曜休みで物置きの片付けをして居るとの事で、石積みの合間にシバサクラを配置する事に為って居たので、貰いに行く。

 小六の孫が出て来たので、孫の手を借りる事にする。庭の東側のシバサクラを処分したいと言うので、ジョレンで掘って、それを孫が一輪車で運び、2Tダンプに載せる。其れを段ボール箱にギュウギュウ押し込んで、正面階段の上の石置き部分に仮置きして分量を決めて行く。
 正面部分が埋まったので、今度はクルーザーからの階段部分のシバサクラを採りに行く。『今度は少ないから、小さい車で行くぞ。』『あいよ』の孫で在る。

 私と孫は相性が好くて、幼稚園坊主の時分から家に来ると、私の後ろに付いて来て、シャベルで穴を穿ったり、ジョロで水を捲いて居た。

 私の説明で、二人でシバサクラの仮置きを、次に孫がたっぷりのジョロ散水をして行く、その上に私が土をミノに入れて、上に被せて行く。そこに再び孫がジョロ散水をして土が根に回る様にする。そんな繰り返しで、シバサクラが終わった後は、掘り上げて来た蕗を私が置いて行った所に、シャベルで穿って孫が植えて、ジョロ散水を施して行く。其処で昼飯と為って、下の食堂で昼飯とする。社長、Uちぃはモツ煮定食、私は山賊焼き定食、孫はソースかつ丼で在る。

 午後は途中から孫に階段部手摺のペンキ塗り、私は二階での脚立に乗っての木部の黒ペンキ塗り。孫は引き続いてバーベキュー用のテーブル天板のニス塗りを社長に仰せつかって、独りで黙々と遣って居る。夕方に成って夫婦が見に来た。二階は未だ見て無いとの事で、三人で見に行く。

 明日は如何すると言うと、手伝いに来ると言う。小六と云えども『立派な身内』で在るから、見るだけでは無くて、自分も実際に手伝いたかったのだろう。『好い体験が出来た』と一丁前の事を言った次第で在る。アハハ!!

   大人に交じって共に働けたと云う、『男扱い』された事が嬉しかったのだろう。好い事では無いか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!