fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、飯、浴後は二度寝に戻るべし為り。

               さて、飯、風呂後は二度寝とするべし為り。(11/7/23)
 昨日は夜に成って、凄い風音で大量の落ち葉が吹き捲って居るのだろうと驚きの夜の過ごしで在った。する事も無いし、動画観も目ぼしい物も無かったので、朗読小説をノートパソコンを閉じての聴きで何時しか寝入って仕舞った。

 4時過ぎにトイレに行くと、何やら雨の感じで在る。未だ暗いし、寝て居たいので大事には為らないとタカを括って布団に潜ったのだが、その内に本格的な叩き付ける雨音に成って来た。

 こりぁ行かんで、廊下のブルーシートで柿簾の養生と成った。吹き付ける風雨にシートは捲れ上がり、雨が廊下に吹き込んで来る始末で在る。甘柿と渋柿の2か所掛けとして居るので、それをしての起床と為って仕舞った。
 小部屋入りして、未明のコーヒー&煙草タイムとすれば、5時の回りで在る。嵐状の風雨は一時の事で、半頃に成ると収まって来た。梅干し、柿干し、大根干しと天日干しをして居ると、こう云った事は付き物で、期間の長い吊るし柿作りに於いては、雨養生が一番の管理項目と為る。留守にしたり、養生を怠ると、即青カビの発生に繋がるから困った次第なので在る。
 柿簾の粉噴きを見ての取り入れ、紐外しで、それを部屋に並べて、全面の粉噴きを待って、タッパ収納とするのだが、内部の水分で時々、陰干しの要領で水分の調整をして置かないと、青カビの発生を来すのが自家製吊るし柿の宿命で在る。そんな真っ白に粉噴きをする高級和菓子を作り上げるには、観察と調整と云う管理が必要と為る。従って時間への余裕と観察力・調整力の無い鈍感タイプには出来ない代物で在る。

 自家製の梅干し、吊るし柿も、生り物で在るから、実りを観察しながらの採り時、塩加減、漬ける期間を観察して、梅を取り上げて天日干しをする一方、漬け汁を煮沸して灰汁を取り除いて別容器に保存して、干し上がった梅干しを甕収納して、食べる分を小容器に移して、還元の漬け汁を入れて食する。当然に、時々、甕の梅干しの具合を見て、時には水洗いをしての再度の天日干しをして、保存食としての梅干しの品度を維持すると云った具合で在る。
 一切、化学的保存剤を使用しない分、自然食品の作りは総合的観察・論理的、経験的配慮を要するから、面白い分野なので在る。

 然しながら、料理音痴、面倒臭がり屋の市販物、有名ブランド志向・嗜好者の多いのが、世の実情で在るから、ノウハウと云った食の交換機会が無いのが、面白く無い次第でも在る。出来た物を貰うと云った連中が多いから、左様で御座るかで、おざなりの付き合いに為る事が通常で在る。人間、基本スタンスとしては、遣って見なければ解らない事が大半で在る。

 本日は雨で、一大事の飛び起きで在ったが、そのお陰で、イスラエルの大シオニストが目論むシリア、パレスチナ、ヨルダン、エジプト、イラクの大版図構想の意味が解った。『メソポタミア(イラク)』の最初の統一者はアッカド人でサルゴン大王と言われて居る。中東、エジプトの『オリエント』を最初に統一したのが、アッシリアのサルゴン2世で在る。

 当初、何故に時代も大きく隔たって居るアッカドとアッシリアなのに、何で二人のサルゴン大王が登場するかの大疑問で在った。

 中東地域は『セム語族』、エジプトは『ハム語族』で在る。中東に興ったアッカド、アッシリアは、彼等にとっては同族関係で在るから、長い歴史スパンの中でメソポタミアの最初の統一者アッカドのサルゴン大王に因んで、オリエントを最初に統一したアッシリア王に対してサルゴン2世を名乗って居ると考えれば、得心が行く。
 BC1000年頃の建国ヘブライ王国は、ソロモンの栄華も長くは続かず、ユダとイスラエルに分裂して、イスラエルはアッシリアに、ユダはアッシリアが四分した後に登場した新バビロニアに依って亡国と為る。BC586年の遥か古代の時間帯の出来事で在る。

 そして、イスラエルの大シオニストのオリエント君臨構想の版図は、取りも直さずセム語族に属するヘブライ人のオリエント君臨構想に基ずく物と考えれば、解らなくもない次第で在る。ユダヤ、キリスト教対イスラム教の宗教対立だけの抗争劇だけでは無く、セル語族、ハム語族、印欧語族のイラン系の民族対立の構造も根底に在るのかも知れない。イラク、イランの対立も片や多数派のスンニ派、片やシーア派で、民族的対立も宗教対立の根底に在るのかも知れない。

 同様の歴史観は、一治一乱の農耕漢民族と遊牧北方騎馬民族との浸透・征服王朝史が繰り広げられて、現赤い征服王朝の中狂国の歴史観と同様の思考法で在る。何しろ中国史上、最大の版図を持つに至った征服王朝の清帝国の版図を以って、『中華民族』の版図と嘯く思考回路と一緒で在る。そんな事を言い出したら、ゲルマンとローマに因って駆逐された欧州森の民・ケルトは如何為ると云うので在ろうか。

        兎角、選民思想、中華思想が強過ぎると、恩讐の立場に立って仕舞うのだろう。

 7時とも成ると、雨は止んで来た。ずーと雨の降らなかったお天気で在る。好いお湿りと成った事で在る。落ち葉溜めにも充分雨が沁み渡り、抑えにも為るし、落ち葉分解の水分補給とも為ろう。朝飯、風呂入りをして、このお天気で在るからして、二度寝とすると致そう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!