fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・吊るし柿を充てに、モーニングタイムする為り。

             吊るし柿を充てに、モーニングタイムとする為り。(11/23/23)
 嗚呼、朝か。寒い寒い。起きるのが嫌じぁ、嫌じゃの『布団被り』で在る。未だ冬に至らぬ11月下旬ながら、目覚めと起床に『覚悟』が必要と為って来て居る次第で在る。吾が身は頻尿体質で在るから、我慢も出来ぬ次第で体内湯たんぽを放出して来れば、おお寒い序でに着替えての起床と為らざるを得ないのが現実で在る。嗚呼、歳は取りたく無い物で在る。

 さて障子を開ければ、楓の紅葉の鮮やかさで在る。その下の干し台に並べられた硬大根、青首のミヤシゲ大根の白さが、際立つ静寂の朝で在る。昨日は飯を食べ様とすると、遺憾いかんの水没した米の炊飯器で在ったから、炊飯器ONとしての自転車出しとする。

 一日の始まりの全戸開放には腰が引ける外気温で在るから、敬遠しての小部屋コタツをONとして、柿簾の甘柿を一つ外して、モーニングタイムのコーヒー宛て&煙草タイムとする。ラジオの天気状況、ニュースを耳に、お天道さんの出を待つ。

 毎日が日曜日の後期高齢者の変わり映えのしないマンネリ生活なので、米食は2度で昼食は麺若しくはパン食の『二食半の胃袋』と為って久しい次第で在る。昨日は駅蕎麦が恋しく為って、うどん、そばと卵、掻き揚げ天ぷらを買いにスーパーに行った処、小振りの硬大根が袋詰めにして売られて居た。
 スーパーで初めて見たのだが、『年寄り向けに需要』が在るのだろう。季節の漬け物で、ラッキョウ、梅、紫蘇は売られては居たが、漬け物大根が売られて居たのは、初めてで在った。地産地消の契約農家のコーナーで在る。私が個人スーパーから買う大きさの1/3~1/2の物足りない小振り大根に、子育てを終えた『老夫婦の郷愁漬け』を想像した次第で在る。

 私は毎日が日曜日の時間配分として、自炊生活を愉しむ傾向が在るから、地産地消の個人スーパーだとかシルバーセンターで野菜類、果物類を安値で買って来る。梅、柿の季節に成ると、梅漬け、干し柿用の柿が並び、リンゴ、漬け物用の白菜、大根、野沢菜が並び、それを知って居る『通の買い物客』が、他市から訪れる。

 生産農家の方も選別の規格物は市場に、規格外の物は、個人的スーパーへと云う使い分けをして居るのだろう。消費者は見た目の不揃いよりも、実質の味と安値を知って居るから、流通の棲み分けが成立する構図が在る次第で、私はそれにエールを送って居る部分が在る。

 学校で同じ授業を平等に受けても、受ける側の生徒の受け止め方、結果物の習得は其々に違いが在るのと同様に、平等画一的に為らないのが、教育現場の実態で在る。従ってよの仕組みは、機会均等と考えるべきで、受け取る側に個性、能力差が厳然として存在して居るので在るから、教育効果とか能力の平等性などと、働き掛け、方法、努力の教育的理想論などを標榜した処で、所詮、解る者と解らない者との差は埋めようも無かろう。

 力み過ぎて、理想と現実のギャプに『徒労感』を覚えるよりも、生まれた以上は自分で生きて行かねば為らぬのが、生物の性なので在るから、職業も千差万別、生き方も千差万別で、寧(むし)ろ、ケセラセラで為る様にしか為らぬの『冷静な距離感』を持った方が、長生きが出来ると云う物では無かろうか。

 その証拠に私とて、甲斐性無しの懐中(懐)不如意に就き、社会の末端底辺で、背伸びをせずの『足るを知る』の、其れなりに人畜無害の生活を送れて居る次第で在る。人間衣食足りて、礼節を知るは好いのだが、ややもするとお節介、干渉が多岐に亘って来るのが常で在る。過保護過ぎると、肉体も精神も成長障害を引き起こすのが、『過ぎたるは及ばざりしか』の事象を引き起こす次第でも在る。

 さてさて、腹も空いて来たから、飯の用意をして朝風呂で血の巡りを活性化させて、一日をスタートさせると致しましょうかね。へへへ。

 浴後は体も空気も温まって来たので、外気吸い方々、自転車で大手スーパーの鉢植えのシクラメンを買いに行って来る。此処のシクラメンが大きさ値段から言って、『お得』な次第で在る。大1と小2を買って、冬の廊下のオアシスとする。男ヤモメの空間で在っても、ちょいとした花が在るか否かでは、気分が変わって来る物で在る。

 これで好しで在る。腹が空くには未だ時間が在るから、廊下で日光浴方々、頁進めをして置くと致しましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!