fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・シクラメンにジョウビタキの朝為り。

           シクラメンに、雄ジョービタキのモーニングタイム為り。(11/24/23)
 薔薇が咲いたと云う、団塊世代のフォークソングの大ヒット曲が在る。今朝は、そんな気分での廊下モーニングタイムと為った。昨日買って来た紅白ピンクのシクラメン鉢に朝日が降り注いで、一時の和みの気分で在った。昨日の天気情報だとし、寒気団の影響で冬の到来との由では在ったが、その影響前の全戸開放の外気の受け入れで在った。

 コーヒーを飲み干して、風の強まって来たお天道さん雲隠れに、全戸開放を終了させに行くと、庭奥の南天と昔ブドウのスペースに、雄ジョービタキが飛んで来て、此方を見てカツ、カッの声と尾のタクト振りをして居る。完全に私を認識して居るらしく、飛び去らない。私も、カッカッに対応して、口笛を吹いた次第で在る。私が少し動くと、サァと飛び去って行った。この場所はジョービタキ、シジューカラが好むらしく、来ると寄って行く次第で在る。

 シクラメンと雄ジョービタキとのコンタクトに気分が高揚して、今日は何か好い事が訪れるのかなの『助平心』が出たのだが、お天気は灰色の曇天の覆いと風の強まりと成って来た。自然は何事も、お天道さんの為される事で在るから、私如きが文句を言った処で、如何にも為らない次第で在る。

 今日は金曜日で在るか。月火と作業応援の労働日で在るから、米買いに行くとしようか。大根干しの具合を庭下りして、手で硬大根、ミヤシゲ大根の大中をグリグリと確認して見る。大分進んで居る。硬大根は小さいから干しが回って居る。ミヤシゲの方は、矢張り形が4倍以上も在るから、未だ半ばの態で在る。

 雨さえ降らなければ、水曜日は漬け込みと為ろうか。そう為れば、車で米屋さんで糠も仕入れて、コスコで調味料の入った炒り糠を一袋買って来ると致そう。今年は本数をセーブしたから、それで充分足りるだろう。

 沢庵の漬け込みが終了すれば、冬備えの歳時記も完了の運びと為る。そして、やれやれの信州の酷寒の長さを迎える次第で在る。信州は漬け物県で在るから、冬の沢庵漬けは食卓には欠かせない。私の消費分は、1/3以下では在るが、私の手作りの季節の物は当てにされて居るから、それも社会貢献のボランティアの一環と作り続けて居る次第で在る。

 昨日は自転車でシクラメン買いに行く途中で、畑をして居る所が在る。所有者は、私と同年配の夫婦で在る。その畑には大きな桑の木が道路脇に在って、季節に成ると、桑の実をジャムにすべく、採りに来る人が多い『名所』でも在る。
 畑には、毎年、概ねネギが作付けされて居る。果樹が好きな様でカリンが2本、柿の木が甘柿、渋柿と4本が在る。散歩コースの土手に面して居るので、所有者が居ると、気軽に声を掛けて、頂戴して行く人が多い。

 手の届く大きさで、立派な渋柿の木が在る。渋柿で在るから、吊るし柿作りの私としては、如何して採らないのだろうと、その勿体無さに、歳でズクが無く為って来たのだろうかの眺めで在ったが、旦那は奥の方の高い木の柿採り、奥さんの方は、低い柿の木に上っての柿採りをして居た。

 成る程、左様で在るか。夫婦は『熟し柿派』だった次第で在る。帰りには柿の収穫を終えて、所々に鳥に残された柿の実だけで在った。住宅地の真空スポットの様な畑で在る。当然、専業農家さんでは在るまい。相続した親の畑を無駄にしない様に管理をして居る構図なのだろう。言って見れば、家守の一環仕事の様なのだろう。無駄に放置したら、御先祖さんの罰が当たるの想いからの、夫唱婦随の畑の維持行為なのだろう。そんな日本人の一端を見れるのも、車に頼らぬ不便益の好光景の一つでも在る。きっと、夫婦共に好い味を持った顔をして居る事だろう。へへへ。

 さてさて、本日分ブログの字数も頃合いと為って来た。買い出しに行ってからの食事と致しましょうかね。

 米屋さんに行くと、沢庵漬けのシーズンで糠が無いから、容器を置いて明日取りに来いとの由。了解で米を買ってコスコで買い物をして来て、遺憾いかんの個人スーパーに寄っての漬け物用白菜を忘れて仕舞ったの感で、買い物を所定の位置に置いて居ると、玄関が開いて、Yが大きな白菜を持っての顔出しで在る。

 いやはや、グットタイミングの差し入れで在る。買って来た駄菓子で、インスタントコーヒーとする。目下、持ち直したお袋さんの入院先の病院の空き探しで、大変との由。畑仕事中で長居も出来ないと、短時間のYを見送っての、トーストとカップラーメンの用意をしながらの、採り立て白菜の塩漬けとして、本日の朝昼兼食とする。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!