fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・お茶と梅干のモーニングタイム為り。

                  お茶と梅干しのモーニングタイム為り。 (12/12/23)
 昨日は帰って来て、入浴、大量の洗濯をして、それが済んだのが夜の8時過ぎで在った。独り生活で在るから、何事もしなければ片付かない次第で在る。面倒ながら『自己完結生活態』ながら、誰からも文句を言われない分、有り難い処でも在る。

 出張中は8時から6時までの、目一杯の一日の労働を終えて、ホテルに帰って来る。汚れた身体をシャワーで流して、外に食べに行って、2時間のマッサージを受けて、痛い痛いの顔を顰めながらの後半の1時間で、気持ちが好く為っての居眠りで在る。
冬の日本から、常夏のフィリピンの労働で在るから、兎に角、暑い室内労働で日本人は皆上半身裸の、パンツ、短パンはグショグショで在る。安いホテルで在るから、シャワーが在るだけで在る。風呂に浸かっての筋肉解しが出来ないから、入念なマッサージは不可欠の老体ケアなので在る。

 弟の集大成のマクタン・ゲストハウス造りで在るから、使われて労働して居る消極さが生まれて来ない処が、皆、遣る気充分の『協働海外労働』と云った次第で在る。電気配線がデタラメコーナーで、通電されて居ない個所ばかりで在る。予定の3割程度しか進まなかった、今回の作業行で在った。それでもシャワー、スイッチ、電球等を買って来て、豪華なバスタブ、家具、デスク、椅子等を買っての設置作業で在る。一階が弟とOKちゃんの部屋と共用スペース、2階が個室の6部屋、屋上がバーベキューが出来るスペースで在る。泊っているホテル以上に内部の造りのゆったりした造りと為って居る。

 今回の私の担当は、シャワーの部組み、購入部品の並べ、バスタブ設置場所のタイル貼り部の下地のコンクリートの凸凹修正、排水部のハツリと職人さんOKちゃんへのモルタルの手捏ねり、弟、Uちぃコンビの材料運び、作業場の片付けで在る。

 一応、管理人が2人居るのだが、言葉は通じないし、兎に角、気が利かないから『どうしようも無い。』当てに為らない人間は、無視して自分が遣るしか無い。
 糠床に釘打ち、柳に手押し。これでは『連行される訳』で在る。技能、技術の無いオテコは周辺作業、補助作業で、老体を酷使するしか協働作業をして行くしか無いのが実情で在る。弟にしたら、連行してカリカリする気分を冷静に保つスポンジ役が不可欠なのだろう。兄弟で在るから、本音の愚痴を溢して、アハハで済ます『特効薬』なのだろう。

 私は飽く迄、ピンチヒッターで在るから、何事も経験の風景で在る。従って日課のブログ取材の非日常の体験が出来るから、物は考え様と『頭の切り替え』をして居る次第でも在る。

 周囲から見ると、お互い得手不得手、足らざるを補完・補強し合う関係の、最強最高コンビに見える筈で在る。長期滞在型のホテルには東京からの高齢者のダイビングツアー客が居て、名刺交換が出来て、完成したら是非遣わせて呉れの営業も出来た次第でも在る。有明ハウスも一緒に宣伝して置いた次第でも在る。
 世の中とは面白い物で、一歩踏み出すと人との交流が開けて来る物で在る。マクタンには日本語の通じる案内役のジェニスが居るから、営業上の持ちつ持たれつの関係も構築出来て居るから、完成すればハウスの有効利用も出来る。

 人気の高いフィリピンスタイルのカリカリ硬いチキンフライとスパゲティを食べたら、余りに硬過ぎて、歯の詰め物を割って仕舞い、本日は歯医者に行かねば為らない。

 ゲストハウスが完成すれば、今度は『管理人の質』が問われて来るから、自分の居場所を確保する為には、『自助努力』が必要と為って来る。私としては、和風の味噌汁・半熟卵・焼き海苔・梅簿し・漬け物・佃煮・焼き魚、ハムエッグ、トースト、バター&ジャム、コーヒーなどのアメリカンスタイルの安上がりの朝食などのメニューを考えて居る。

 誰誰の身内だから特別待遇などと云う下らない『属人思考』は、自助努力の学習能力を育てない。『頭の良い者は知恵を出せ、知恵の無い者は汗を流せ、両方在る者は両方出せ。どちらも無い者は速やかに去れ。』これは、新入社員教育の組織訓示で在った。仕事を与え、それに適応すべき自助努力をしなければ淘汰されて仕舞うのが、現実と云う常識を持たせる事が、肝要で在る。
仕事を与え、それに適応すべき自助努力をしなければ淘汰されて仕舞うのが、現実と云う『常識』を持たせる事が、肝要で在る。横文字で云う処のポジション争いで在る。

 ジェニスのスタッフに、頭の良い日本語を真面目に勉強して居る男が居る。3年前よりも日本語の上達が在る。相手が何をしたいかの『観察力を全開させた目付き』で在る。そして、サービス精神の旺盛な男で在る。
 
 社員旅行は、セブ島を計画して居て、一月に残り工事を遣りに来ると云う。一月の残工事に就いては、多分、私は不要と思われるが、社員旅行時には彼に和風&アメリカンスタイルのブレックファーストと客応対の手解きをして来ると致そう。

 今回は最終日の食事会はジェニスの豪邸では無く、ゲストハウスの屋上でのジェニスが先頭に為ってのジェニス・カンパニーのスタッフのもてなしで在った。それらを『込み』でのセブ観光をセットにすれば、好い流れに進んで行く方向で在る。

          本日のモーニングタイムは、お茶と梅干しで日本に帰って来た気分として居る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!