fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・お天道さんのお誘いに、散歩をする為り。

                お天道さんのお誘いに、散歩をする為り。(1/5/24)
 矢張り正月で、好い映画が在った。期間限定の最新の字幕洋画で在った。内容が在って、久し振りに堪能した。邦画は、東映の松本清張の『点と線』の二本立てとした。

 本日は風は強いが、晴天の日差しで在る。久し振りの全戸開放をしての空気の総入れ替えをして来る。

 相変わらず残り料理のタッパ物の消費で、困りものでは在るが、これも、『残り物や、饗宴続きが、夢の後』とやらでも在ろうか。

 定位置コタツで、真っ白に粉の吹いた吊るし柿を充てに、インスタントコーヒーと煙草のモーニングタイムとする。外の模様は、風に煽られる洗濯物と木々の揺れでは在るが、日常の独り空間の佇まいで在る。風に揺れる日は、廊下の鉢植え物の並びが日差しを一杯に浴びて、動の外と静の植物のコントラストが、何んとも云えない。

 昨日はお留守では在ったが、一緒に納棺しての気持ちで、私のブログの愛読者で居られたインテリ先輩さんの胸元に12/28のブログ印刷を置いて来たのだが、そのコピーを何部か欲しいとの事で在ったから、関連する処を加えて、丁度3頁として入れて来た次第で在る。

『主人はRさんの事が大好きで、他人に頼まず、Rさんに頼め。ちゃんと遣って呉れるからと云ってて、甘えて本当にお世話に為りました。残して置きたかったけど、それでお棺に入れました。』

     インテリ先輩さんとは、若輩者ながら、好いお付き合いをさせて頂いた次第で在る。

 弟・Uちぃ組は、暑いマクタン島での当てに為らない管理人二人を無視して、上半身裸の短パンスタイルで、GW前の社員旅行に合わせて、悪銭苦闘の電気配線、器具付けをして居る次第で在る。

 有明、マクタン島のツカサ・ハウスの完成で在るから、完成後の運用方に就いては、私の出番が回って来る次第で、そんなアイディアの交換しながら『夢を具現化』して行くのは、実に楽しい事で在る。お互い古希坂住人で在るから、元気で動ける期間は限られて居る。中学時の陸上の私の記録を弟が書き変えた様に、生在る限り、全力でテープを切って走り抜き、一代の人生を全うするのが、夢で在る。

 後人に想いを托して、『継承』と云うバックパスを通して、前進のラグビーボールの形で『弟イズム』を完成させて行くのが、大袈裟に云えば、私達兄弟が生きて来た証しを意味する『人生の集大成の終活』なので在る。

 さてさて、朝昼兼食前に、一歩きをして来ると致しましょうかね。これで当分、毎日が日曜日のマイリズム・マイペース・オールマイタイムのマンネリ日常の日々の行進で在る。名歌の中には、スタンド・アローンとやらの『凛として立つ』などと云う高尚な歌が在るが、同じアローンながら、私は劣等性の独り身で在る。

 向かい風の強さながら、南風り波紋が透明な浅い流れに影を伴なって遡及して行く。枯れ葦の淀みにはカルガモのペア、緩やかな流れには、一、二、三と七羽の小鴨の群れで在る。雲一つ無い晴天に、西のアルプスの白銀の縦貫は、正にスタンド・アローンの信州の冬の眺望で在る。

 帰りはお天道さんを背負っての背中は、カチカチ山の背中で在る。安倍川餅と沢庵漬け、酢の物、納豆のシンプル・イズ・ベストの腹入れとする。

 さてさて、折角のお天道さんの慈愛で在るからして、午後の部は廊下読書に充てると致しましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!