fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・ミッドナイトに、雨情を聴く為り。

                  ミッドナイトに起きて、雨情を聴く為り。(1/24/24)
 おやまぁ、夜中に、すっ飛ばして行く車が在る物では無いか。トイレ起きと、車の暴走のタイミングが重複して眠れなく為って仕舞った。困った次第で在る。こう為ると一端起きの流れに進んで仕舞うのだが、そう簡単には決心が行かぬ。寝床で横のバッコン腹筋体操をして、ヨッコラショの離床とする。昨日の天気予報では寒く為るとの事で在ったから、半纏の下に厚手のチョッキの着用とする。未だ2時前で在るか・・・。

      『睡眠の途中下車』ながら、幸い吾が身は非現役者で、それも仕方無しの次第で在る。

 小部屋入り、ラジオONで、濃い目のミッドナイトコーヒーとする。晩飯後は豚ブロックで満足の行くチャーシューを作り、その煮汁でラーメン垂れも仕込んで置いての米研ぎ、ニシンの切り身にも塩振りもして置いたので『抜かり無し』の段で、今日は米買いをして来れば好いだけで在る。

 就寝前の動画漁りでは、手塚治虫のアニメ孫悟空が在ったので、それを途中まで観たのだが、私の『捻くれ性』で合わ無く、止めて仕舞った。大先生と云えども、全てが傑作と云う訳には行かないのが、世の現実と云う物で在る。

 孫悟空は、玄奘の『大唐西域記』をモチーフとして居る。仏典を求めてのインド行は5Cの北魏の僧・法顕の『仏国記』、7C前半の唐代の玄奘のシルクロード経由の『大唐西域記』、7C後半の義浄の海路での『南海寄帰内法伝』が在る。

 蛇足ながら、大唐国の崩壊の『会昌の法難』・『黄巣の乱』の9Cの混乱期を生々しく活写したのが、遣唐使僧・円仁の『入唐求法巡礼行記』で在る。13Cとも為れば、『モンゴルの平和』で東西交流はシルクロードの陸路、南シナ海の海路に因って、マルコ・ポーロの東方見聞録の交流と為って妖怪、怪物の余地も無く為って、イブン・バトゥーターの『三大陸周遊記』、イスラム優勢の十字軍遠征の助成請願にローマカソリックが大都に使者を出したそうな。
 西洋・中東・西アジア・中央アジア・東アジアとユーラシア大陸の東西交流は、妄想の根を断ち切って行く時の流れで、云って見れば『閉塞の中世フロンティアの時代』で在ったと思われる。

 白馬に跨(またが)る玄奘のお伴をするのが、猿の孫悟空、豚の猪八戒、河童の沙悟浄にして、行く手を阻む地方地方の妖怪達で在る。

 7Cと云えば中東に興ったイスラムの時代が、人工都市バクダッドの『四つの門』から、世界を席巻した時代で在る。イスラムを代表する寓話が、御存知『千夜一夜物語』で在る。その中でも、殊に有名な物がシンドバッドの冒険物で、海物で在る。

 東アジア圏を構築した大唐国は、国際都市長安の都を有し、大陸国の東西大動脈としてシルクロードを。一方、商業交易ネットワークで東西の大動脈として海路に求めたイスラム帝国との同時代対比で在る。両者は8Cタラス河畔の戦いで、西トルキスタン、東トルキスタンの様に、ヨーロッパのツール・ポアチエ間の戦いに因って、ピレネー山脈を境として、イスラム圏とカソリック圏との均衡を図った時代でも在った。

 西遊記とシンドバットの冒険譚は、未知の世界に対する想像力の違いを好く現わして居る『文化の違い』を同時に見せて呉れて居る。海物冒険譚の原点は、古代の海・地中海、黒海、アラビア海、印度洋のフェニキア、ギリシアの寓話が元に為って居るのだろうが、そんな歴史の点と点を結ぶと面白い対比が出来るから、面白い物で在る。

 シルクロードは、タクラマカン砂漠越えで砂の海で在る。彷徨えるロブノール湖と共に砂漠に没した栄華を誇った国家も在ったそうな。人間の冒険譚と云う物は、砂、水の違いが在っても、単調で辛い航行で在るから、未知の世界へは、人間脳は妄想に囚われる物の様で、諸々の怪物・妖怪に苛(さいな)まれる共通項が在る様で在る。

 3時台の日本歌は、野口雨情作品の特集で在る。深夜便の時間帯には、ピッタリの日本情緒の流れで在る。西遊記にアラビアンナイトに対する私見を打った処で在る。
 そして、そろそろ寝床にUターンの頃と思って居た処に、野口雨情の特集で在る。成る程、今日のミッドナイトの小部屋時間は、これを聴けとのお天道さんのお計らいだった様で在る。『雨降りお月』、『十五夜お月さん』と、名は体を現わすでは無いが、『雨情』とは付けも付けたりの『ネーミングの妙』で在る。

 ミッドナイトに起きて、雨情を聴く為りで在ったが、澄んだ美声の女性歌手達の歌声は、日本人に生まれ育って幸せの感で在る。おやおや、深夜便女性アナウンサーさんも締め括りは同じ事を言って居る次第で、思わず苦笑いの態で在った。

              『おお、寒い~。』で、布団潜りで二度寝とする。

 サラリーマン時代の懐かしい友がひょつこり遣って来て、有明ハウスで露天風呂でゆっくりしようと、戸締りをするが、廊下サッシが外れ落下して仕舞い、如何にも復元出来ずに、苛立てば苛立つほどに、駄目で在る。漸く、原因が解ってそれを直して、ヨッコラショの復元で遣った遣ったの肩の叩き合いの好夢で在った。

 好夢に気分好く眼が覚めて、時計を見れば9時半で在る。お局さんから頂戴した防寒ジャンパーを着て、炊飯器ONで自転車で米買いにペダルを漕ぐ。寒いので車をと考えたが、これも運動の後期高齢者の瘠せ我慢行動で在る。余りの寒さに、息切れの連続で昨日と比べると、矢張り今季一番の寒気団の襲来で在る。

       時折の白い物の落ちで在る。ラジオでは、能登半島地震への国会中継で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!