fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・今日は何をすべし為りや。。

                   今日は何をすべしか、為り。(1/31/24)
 昨夜は俳優陣に釣られて時代劇の大作を観たのだが、監督の意図する芸術性が解らずに、大い為る駄作に最後まで付き合っての徒労感での就寝で在った。その分、寝坊が出来たから好しとすべしで在ろうか。ゴミ出しをして来ての小部屋入りで、お茶と煙草でのモーニングタイムとする。

 カレンダーを見れば、大した事もして居ないのに、一月も最終日で在るか。今年も1/12が終わり、月日の流れだけが元気が好いだけの日々で在る。本日は、薄い曇天の中の天道さんで在るか。さてさて、今日は何をして見ると致そうか。
 そろそろ家庭菜園スペースに積んで居る柿の枝整理の端緒を、付けて置くと致そうか。剪定ゴミ袋を出して、バケツを腰掛けにラジオを聴きながらのカット作業すると致そう。朝昼兼食の後には、気温も上昇する事だろう。

 ユリ、芍薬のスペースの落ち葉抑えに載せて在る切り枝の除去は春に成っての、例年の川土、砂被せまでは除去出来ないから、それまでの間に遣って置けば好いの余裕で在る。

 ビタミン何とやらは日光が必要との由ながら、それを教えられた頃から、何んと無く疑問を持って居た。裸で日光浴をするのなら、分かるのだが、水泳じゃ無いので在るから、肌を出さない季節は如何為るのだろうかとか、冬は露出している部分は顔だけでは無いかと、単純疑問が出て来る一方、太陽光線の波動と云うか周波数がレントゲンの様に体内に照射されて行くのかも知れず、そう考えるしか理屈が合わない『難しさ』が生じる次第で在る。

 一応大人に為っての知恵増しで、曇天でも紫外線によって日焼けするし、コンクリート、土に覆われた土蔵の木部も高熱に晒されると、炭化するので在るから、多分そう云った『自然の原理』が作用して居るのだろう。日光を含んだ外気に身を置くのが、『植物・動物の生命の源泉』と考えて、お天道さん信仰を持つのが、自然的生活と考えた方が、スカンポ脳の私には簡単で在る。難しい事を覚えたとしても、粗雑脳で在るから、如何しても忘れて仕舞い、公式の維持が出来ない体質なので在る。

 従って、背伸びの不得手領域には踏み込まない事にして居る次第で在る。これを称して、『馬鹿と戯けは、歳の巡りが遅い』の実証例とする次第なので在る。アハハ!!

 さて、其れなりのお天道さんの射しが出て来たから、飯を食べて切り枝整理の端緒を付けて置くべしで在る。『千里の道も一歩から』、『全ての道はローマに続く』との由で在るから、遣って見ると致しましょうかね。

 ラジオ、剪定鋏、大小、半纏に軍手のバケツ腰掛けで始めたビタミン摂取為れど、風の冷たさに、鼻水の垂れで在る。いやはや、参った。その内に、手がかじかんで来た。

 遺憾いかん、止め止めの段で在る。寒風に撤退を余儀なくされて、片付けとする。まぁ、負け惜しみでは無いが、一応の枝始末の『出初式』の意味合いでも在るからして、無駄でも無かった次第で在る。

 土方黙らすにぁ、刃物は不要。三日も雨を降らせば足りる。古希坂爺の外仕事、チョイと寒風吹かせば、コタツ潜りで在る。

 然しながら、不要不急の外出は慎むべしのラジオ喚起も在る次第で、これも老体と付き合う『生活の知恵』自己管理の『自愛』でも在る。

 さてさて、本日は午後からはコタツ住人の進みと為ろう。歴史本ローテーションは、何を手に取ると致そうか。肩の凝らない流し読み本が好かろう。

       洗濯物を取り入れて、晩飯の米研ぎをして、午後の部に移行すると致そう。
 午後の部に入って居ると、やや、雨が降って来たでは無いか。庭サンダルを縁の下に入れて、自転車を玄関に戻して来る。好天の暖かさが続いたので在るから、それも仕方無しで在る。とほほ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!