fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・前倒しブログも、打ち終えたり為り。

                  前倒しブログも、打ち終えた為り。(2/2/24)
 遺憾いかん、目が覚めて仕舞った。4時を回った時間で、これから冷え込みが厳しくなる時間帯で在る。確認したい物が在るから、ネットに繋がって居る寝間のPC検索が必要で在るから、小部屋入りは止めて、四畳半のドアを開けてファンヒーターで暖を取る事にした。

 ラジオもONとして、コーヒーを入れる。3点の確認を終えて、腹が減って来た。暖房で空気も暖まって来て、如何するかで在る。今更、冷え切った小部屋定位置に向かうのも出来ないし、未だ二度寝の時間帯でも無い。

 ネットニュースを、新聞代わりに読む。翻訳文は、矢張り日本文に為って居ない部分が在って、???と違和感を感じる次第で、それを原文のままで注意書きして済ませる記者の無責任さに腹が立つ。

 体の好い言い訳なのだろうが、其れでは、そもそもが伝達と云う翻訳には為らないと思うのだが、職業意識、プライドの欠損したふざけた連中で在る。どんな面か、見れば、貧相な面構えをして居る事だろう。兎角、AIとやらの無機質社会が蔓延して行く時代が進行して行くのだろうが、私としては関わりたくは無い『時代の進展』で在る。

 ラジオを聞いて居ると、冷え込みの厳しい様が報じられて居る。春の気配で、梅の開花、フキノトウの便りも在る。今日は気温低下で寒い日と成るそうな。二畳小部屋と八畳・四畳半繋がりの四畳半の暖房とラジオは雰囲気が変わって、偶には好い物で在る。

 6時で在るか。腹が空いて来た。カップラーメンにするか、餅を焼いて食べるか。餅を焼いて、鰹出汁で即席雑煮とすると致そう。

 長ネギをたっぷり入れて、煮込んでの熱々の即席雑煮を食する。空腹に沁みる餅の素の美味さ、ネギの甘味か。これは、簡単便利な美味さで在る。外国人にはラーメンが人気との事では在るが、日本食は米の食文化で在る。飯同様にシンプルな美味さは、餅も同様で在る。為替益で、外国観光客が本場の日本食にアメージングを連発して居るそうな。寿司、すき焼き、天ぷら、ラーメン、うどん、蕎麦、豚カツ、カツ丼、卵掛けご飯、お握り、たこ焼き、お好み焼き、焼きそば、カレーライス、味噌汁、卵サンド、スイーツ、コンビニ食、フルーツ、梅酒、日本酒・・・etcに嵌まって居るそうな。

 そして、ちらほら餅にも関心が向き始めて居るとの由。餅の保存性、食べ易さ、食し方色々を覚えれば、家庭消費量は凄い事に為る事、必至で在ろう。4月のフィリピン行には各種乾麺類同様に、持って行って現地でのフィリピーナに試食させて、ゲストハウスの食レパートリーに加えて来る心算で在る。
 
 日本食の定番・『納豆』、焼き魚、『生卵』、海苔、『イカの塩辛』、漬物、梅干し、味噌汁が、日本通に広がったら、『食のルネッサンス』が始まるかも知れぬが、『』付き食品が浸透するには、遠い道のりを要するに違い在るまいが。
 然しながら、西洋人からは生魚・タコ、魚卵を喰らう野蛮人種だったのが、日本人だったので在るから、意外と早くクリアして仕舞うのかも知れぬ。ゲテモノも慣れれば、珍味の高値が付くのが、人の世でも在る。

 さてさて、7時で在るか。二度寝を確り取って、確認して置いた物を世界史備忘録に加えて置けば、今日のノルマ達成でも好かろう。

 掛け放しのラジオの音で、眼が覚めた。嗚呼、好う寝た。晴天の青空にお天道さんの差し込みで在る。湯を沸かして、炊飯器の保温をONとして小部屋定位置のカーテンの引いてのコーヒー&煙草とする。些かの風では在るが、好い洗濯日で在るから、飯後は風呂入りとすべしで在る。

  さて、備忘録綴りに忘れぬ内に、加入を入れて置く。加入をしながら、あっそうか、遺憾いかんの『間違い覚え』をして居た事に気付いた。いやはや、人前で云わずに胸を撫で下ろし次第で在る。
人間と云う者は、一端思い込みをして仕舞うと、注意力が働かずに失敗を繰り返して仕舞うのが落ちで在る。自分では100点満点と自信満々でも、中々100点を取るのは難しい物で在る。見直し時に○を付けて居るとの思い込みが在るので、実際には×を付けて居るケアレスミスに気が付かないで、『網の目から魚が逃げて仕舞う』とか、『上手の手から水が漏れる』の結果と相為るのと一緒なので在る。

 若い頃の気短さの修正に、努力の慎重派タイプと自負して居るのだが、困った次第で在る。増して現役を離れて毎日が日曜日のマイリズム、マイペースのオールマイタイムに沈没の日々を送って居ると、『直近健忘症の重症度』で、何をしようとして居たかをも忘れて仕舞う『体たらくさ』で在るから、参って仕舞う。

 加齢に背伸びをしての『不可避愚痴』を云って見ても始まらぬ。飯を食べて、風呂入り、洗濯をして、身の丈の一日をスタートさせるべしで在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!