fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・降りに降った為り、積もりに積もった為り。

                  降りに降った為り、積りに積もった為り。(2/6/24)
 雪は夜も降り続いて、漸く就寝時のトイレ時で止んだ次第で在る。南天、ツツジなどの雪落としも、夕刻の三度目で根負けを喫した次第で在る。大雪で、結構な作業に為って仕舞い、時代劇ドラマも、流石に途中でギブアップの就寝で在った。 

 そんなに眠った訳でも無い時に、物凄い音が2度して、とうとう雪の重みに倒壊かと吃驚して目が覚めた。大雪で多分、除雪のド―ザーが出動して居るのだろうとは思ったが、エンジン音がしないので、色々考えても仕方の無い事で在るから、起きて見て来るべしで長靴を履いて土手道に出ると、除雪が出来て居る。川の反対側のA橋辺りに、作業車の点滅が見える。松本市では30cmの積雪が在ると、建設会社が分担地域毎の除雪出道と為る。弟の会社も分担地域の除雪に駆り出されるとの由。

 雪の止んだ真っ白な世界に、除雪道が長々と続いて居る。中々幻想的な光景で在る。少し歩いて、家に入る。何時かと見れば、2時で在る。ライフライン確保の建設会社の人達も、ご苦労様で在る。街場の除雪は、雪捨ての為に決められた場所へ捨てに行かなければ為らないと云う。此処は土手道で在るから、その用は無い。従って、出動車両、人数、作業時間が短くて済む。

 気付かずに寝て居れば、知らない世界で在るし、馬鹿鈍感な文句ばかりを言う住民達は、こんな深夜の除雪作業の苦労に感謝する気も無く、『当然の行政の義務』と平然として居るのだろう。

 子供の頃は、大雪に見舞われれば、町民世帯が連帯して雪掻き作業をして、道路確保をして居た物で在る。兄達もして、兄達が居なく為れば、私も一家を代表して雪掻き作業もしたし、昔は火の用心の当番が回って来て、母親に代わって中高時は、おお寒いの鼻水を啜っての夜周りをして居た物で在る。帰って来ると、ご苦労さんと言って熱いお茶を入れて呉れた物で在る。幼児の頃は大きかった母親も、中学に為れば母親を越し、高校に為れば小さく見えた母親で在る。介護時では、可愛く見えた妖怪様で在った。そして、倅を心で育てて呉れたお婆ちゃんでも在った。

 昔に比べると、全てに於いて楽、事務的に為った物では在るが、その分、『家・家族意識』が廃れて仕舞った。その癖、口ばかりが達者に為り、その分、心が無く為って来た次第で、感動が薄く為って来た時代で在る。

 腹が空いたので、仏壇のお供え物を頂戴して来てのお茶とする。3時台の歌は、手塚治虫作品集で在る。
幼少の頃より、独り遊びが性に合って居た変わり者だった次第で、現在の独り暮らしにも、別段の寂しさは無い。あわや、倒壊かと肝を冷やしての目覚めでは在ったが、様子見で起きれば起きたで、二度寝の睡魔が訪れるまでの間をラジオ深夜便をBGMに日課のブログ打ちをすれば好いだけの事で在るから、手持無沙汰にも為らない。

 文章を打つのも、動画を観るのも、本を読むのも、料理をするのも、散歩をするのも、物を感じ、考えるのも、妄想に遊ぶのも、自問自答するのも、独りでする事が出来るから、吾ながら人畜無害の好い時間割りを習慣として創り上げて来た物と感心して居る次第で在る。

 弟の外向性と私の内向性と、流石に妖怪様で、上手く産み分けて躾をして呉れた物で、親とは有り難い存在で在る。母ちゃんこ兄弟に、婆ちゃんこ倅で在る。99歳と4カ月の一生で在った。いやはや、凄い存在感・影響力で在る。

        目下、75歳で在る。果たして妖怪様の四男坊は、何を残して逝くのだろうか。

 Yが『元気・艶々の独り生活のコツ』を教えろと云うから、独りで出来るブログ打ちを始めろと薦めると、才能が無いと逃げる。
 それは才能じゃ無くて、バッコン腹筋体操も身に着かない単なる『根性無しの言い逃れ』だと反省を促すのでは在るが、センズリの手は達者なのに、キー叩きは性に合わないの言で在る。減りらず口の達人ながら、その実、一切見込み無しの男で在る。

 土・自然を相手に作物をして居るのに、種、苗を蒔き、植えて、肥料、散水をしないと育たないのを実践して居るのに、森羅万象の『実践開眼』の無い男で、処置無しの次第で、困った性格で在る。その癖、論語・仏教の悟り・禅・五輪書を口にする俗物中の俗物なので在る。

 さて、4時で在るか。降りに降った為り、積りに積もった為りで在る。当分、溶けぬだろうから、天然の冷蔵庫と為ろう。これまた、やれやれの溜息で在る。これ以上起きて居ると、何か食べないと拙いから、寝床にUターンすると致しましょうかね。

 二度寝から覚めて、アルミのスコップ、庭箒、踏み締めの通路を作っての汗掻き労働をして来る。これで後は融雪を待つだけで在るが、空に晴れ間は無く、無風の曇天の灰色の空で在る。高齢化進む町会で在る。これ以上の降雪は、御免願いたい物で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!