fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、何をするべし為りや。

                     さて、本日は何をすべし為りや。(2/10/24)
 今朝は寝床の中でPC動画の日本史受講をする。空気も温まって来たし、腹も空いて来たから起床とする。昨日の晩飯は些か食べ過ぎて仕舞ったので、軽く素麺を茹でて熱ものとして食する。沢庵、長芋の酢の物と、『精進食』の態では在るが、老人食としては申し分のない腹の落ち着きで在る。

 南側の庭通路は概ね雪解けと成ったが、北側は根雪のアイスバーンで在る。今朝は結構な冷え込みで、台所が凍って居た。

 小部屋入りが何時間も遅れて仕舞ったから、晴天の日差しに充分な温まりで在る。食後のコーヒーと吊るし柿のデザートでラジオタイムとする。

 昨日は夜の部を東南アジアのタイ、ベトナムの海鮮市場、海鮮料理を観たり、金魚の羽衣鉄魚と云う初めての観賞魚を観て、改良への開拓精神とは凄まじいものと感心して居た。 海鮮市場の物は何れも生きて居るので、日本人の感覚からすると、当然刺身で食すると予想して居たのだが、刺身用に盛り付けられた物は、それを客に新鮮さを見せる目的らしく、それをバター焼き、フライに揚げて、東南アジア特有の香采、香辛料で食する方式で在った。

 盛り付けは日本式ながら、その国、その国の長い食文化・食習慣に根差して居るから、生物は火を通さねば危ないと云う想いが在るのだろう。

   その典型例が、日本の生卵食文化で在る。他には、日本人の何割かが牛乳に関しては消化
酵素を持たない故に下痢を引き起こすと云うし、海藻類に関しては、反対に西洋人は消化酵素を持たない為に、未消化のままに排泄されるとの由で在る。水に関しても土地、国の違いで軟水、硬水の違いで、下痢を引き起こすケースも多々在る。
 咀嚼して経口した食物は胃腸に下って、多種多様多層を為す『体内バクテリア』の作用に因って、詰まりは体内分解酵素に因って、消化吸収、未消化排泄の2系統に分かれるの構図なので在る。
 それを人類史に当て嵌めれば、現在の人間の祖先はエチオピア辺りの二足歩行化石のルーシーの末裔達との由で、アフリカ大地溝帯からの出アフリカで、広大な地球の東西南北に拡散した人類達は、新天地の其々の気候風土の中で黒色・黄色・白色の人種に分かれ、生活・文化の中で、民族を構成して現在に至って居ると云う。

 羽衣鉄魚の方は、錦鯉よりも金魚の世界の方が、多種多様の体型改良が多種多様で、そんな改良種の多さから、私の様な暇人としては、色んな事を気付かせて呉れる『好材料』とも為った次第で在る。ツツジ、サツキ、シャクヤク、ボタン、ユリ、バラ・・・etcと、植物界の改良種は、天晴の百花総覧の世界でも在る。

 さてさて、土曜日のラジオは大人のお時間で在るから、文芸のお時間を頂戴して、それが終わったら、昨日の捲土重来で鶏レバー、鶏皮の入手にスーパーへ行って来るべしで在る。

 実験の台所遊びはしなくとも、冷凍にして置けば何時でも遊べるので在るから、『備えあれば憂い無し』で在る。末端底辺貧民の独り食卓ながら、3流食材で自分流の創意工夫で美味な物、乙な物を作って遊ぶのは、或る意味、人間の特権と云うジャンルで在る。

 尤も失敗すれば、作った者の責任を取らされる次第では在るが、人間は失敗してこその『成長の伸び代』も担保されて居るので在るから、その自己責任も致し方の無い処でも在る。

        相撲言葉には、『負けて覚える相撲かな』なんて、達人の名言も在るそうな。
     すんなり、腑に落ちるのが、日本人の消化酵素の遺伝子なのかも知れぬでは無いか。

 人間と云うのは、柵(しがらみ)排泄排泄から解放されて、独りに為って見ないと、自分の素地と云う物が見えて来ない様で在る。自分には気付かなかったが、こんな側面も在った物かの発見も在れば、苦笑いも在る。外野がとやかく心配する程の事では無い『解放感』も在るのが事実らしい。さて、本日は、何をすべし為りや。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!