fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・おっ、6時を回ったか為り。

                    おっ、6時を回ったか為り。(2/18/24)
 昨日は完全な春日で在ったから、家に居てもウズウズして仕舞う。自然と庭下りをして、目に付いた雑草、小石拾いをしたり、廊下の鉢植えを並べてたっぷりのジョロ散水を施したり、小部屋の睡蓮鉢を洗って、水草を綺麗にしたりして居ると、調子が上がって来た。序でに土手花壇の被せの干からびた雑草などを粉砕して居ると、お~い、お~いの声がする。誰かと思えばお隣の2級上の奥さんで在る。同様に、家に居れずに庭仕事に出て来たとの事で、暫しのお隣同士の話とする。

 さて、今度は何をするかで在る。PC不調の修正為るかで、コピーで文字が一部不鮮明に成って居る備忘録加入頁を、PC打ち直しに取り掛かる。所謂下書きをPC打ちするのは、私にとっては面倒な作業と為るので、全く気乗りのしない分野で在る。下書き無しの真っ更なPC画面に文字を入れて行くのが私には面白いので在る。誰でも出来る作業には、子供頃から興味が湧かなかった変わり者だった次第で在る。コピー部分をPC清書すると、余白が半分も出て仕舞った。さてさて、余白を如何埋めるか。これからが、本番で在る。余白部分に加筆をして、頁レイアウトを施して、世界史備忘録として投稿、印字を2部して、宿題を果たす。

 これで好しで在る。些か疲れて仕舞ったので、気分直しに自転車でスーパーまで試して見たいと思って居る鶏のレバーを買いに行く事にする。この処、無くて足踏みをして居る。最低2パック欲しいのだが未だ1パック不足で、冷凍保存をして居る次第なので在る。

 家を出ると、おやおや、生きて居られたか。何カ月振りかの下から2級上の元役員さんのストックウォーキングの姿で在る。土手で待ち受ける事にする。

「やぁやぁ、生きてたかいね。根性無しで散歩をサボって居たズラ。」
「そうそう、もう歳でさ、天気が好いんでさ。久し振りに出て来たんだけど、相当体力が落ちちゃってさ。息切れしちゃって、もう駄目だな。」
「Rさは、元気で全然変わって無いから、羨ましいぜや。何処行くだや。」
「今さ、一寸面倒臭い文章打ってて、疲れちゃったから、気晴らしにスーパー行って、精の付く物買って来ようと思ってさ。」
「Rさは、絵も文章も得手居るから、大したもんだ。料理もお手のもんだしさ。」
「そんな事ぁ無ぇわね。誰も相手して呉れ無ぇから、全部自分で遣るしか無ぇ可愛そうで惨めなもんだぜや。」
「何を扱いてるだ。何時も溌剌としてるじゃ無ぇか。人間、健康が一番だ。元気度を維持してる処が大したもんだ。口は悪いが、人を笑わせて呉れる話術が在るしさ。」
「煽てたって、俺ぁ末端底辺民だし、買い出し前だぜ、何にも出無ぇぞ。」

 そんな立ち話をして、漸く鶏レバー1パックを入手して来る。腹を2回切って居ると云う先輩さんは、少し猫背と成って来て居る。冬期の散歩敬遠で日光不足でモヤシの白さで在った。久し振りの散歩で息切れ状態で、体力の衰えを実感して居るとの由。

 いやはや、知らず知らずに忍び寄る衰えの速さに、吾が身を重ねて仕舞う次第で在る。下って行くと、河川敷から『おぅ』の元気な声で在る。白の雑種犬を日に3回の散歩として居る亡長兄とは同窓生と云う元気達者さんで在る。従って8歳上の83歳で在る。朝昼夕の適度な散歩距離が、背筋の伸びた健康達者振りを維持して居るのだろう。加齢期に達すると、健康度には個人差が歴然として来る物で在る。そして連れ添いが居れば、どちらかが病気とも為れば、如何しても影響を直接受けて仕舞う。悩みはストレスの負を産んで仕舞う。健康自活が出来る環境はピンピンコロリ上、必要な要素に為って居るのだろう。

 然しながら、こればかりは、自分の意に為らない、お天道さんの決められる定めで在るから、仕方の無い処で在る。

 おっ、6時を回ったか。5時小部屋入りして、コーヒーに煙草でラジオに耳を傾けながらの二度寝を待つ間の昨日の振り返りブログ打ちで在る。さてさて、これ以上、起きて居たら飯が必要で在るからして、寝床Uターンと致そうか。

 一眠りしての小部屋入りで、日曜討論会を聴く。専門家さん達に依るパレスチナ、イスラエル問題で在った。備忘録打ち後の、好いタイミングでの専門家達に依る問題分析と険しい今後に就いてで在った。

 食後の一服を付けて居ると、ピンポンで在る。出ると、何と横浜地裁からのずっしりと重いはち切れんばかりの特別送達の郵送物で在る。悪い事はして居ない筈なのだが、小心者の私はドギマギして仕舞った。それでも厳めしい訴状を開封して、速読して答弁書を万年筆書きして、最初の法的義務をこなした次第で在る。
 こう云った椿事が突然舞い込んで来ても、法学を学んだ事は無駄では無く、自分で対処出来る事に至極平静感で居られる学問の有り難さに感謝する次第で在る。日々に於ける直近健忘症の重度さながら、いざと為ると脳細胞への高酸素の供給で、分厚い訴状、請求の趣旨、その資料への読み込みの素早さには、『吾、未だ衰えず』の驚愕の態で在った。

 なんだかんだと言っても、年に2、3度は在る相談事が舞い込んで来る次第で、頭がフル回転する事が在るのだが、脳運動としての脳維持が出来る次第で、これも有り難い脳の活性化に寄与する処でも在ろうか。従って、易々と耄碌も出来兼ねると云った処が現状の様で在る。人生、何事も然るべき時にも然るべき学びと経験をして来ないと、人生の助けとは為って呉れ無い物の様で在る。そして、然るべく健康な長生きをして見無いと、然るべき学びと経験が生きて来ないと云うのが、如何やら人生の実態らしい。

 昨日は土手での先輩さんとの立ち話の折に、庭から飛んで来たジョービタキが、川原に飛んで行く姿を目撃して、一安心したので在るが、この行を打って居ると、メジロが廊下の上がり石の所に遣って来た。本日も4月並の陽気で在る。

「お前さんの処にも、裁判所から郵便物が届いて居るか?」と弟に電話をすると仕事中との由で、夕方に顔を出すとの事。本も読了した次第で在るから、休日の日曜日で在るからして、ブログ投稿後はチョイと散歩をして来る事に致そう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!