fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・腹が減っては、眠られず為り。

                  腹が減っては、寝ても居られず為り。(3/5/24)
 嗚呼、腹が減ったなぁ~。未だ暗いなぁ・・・。我慢するか。駄目だ。在るのは、茹で卵、即席ラーメン、肉まんか。茹で卵器で蒸しマンとするか。空腹には堪え切れない次第で在る。
 昨夜は、自作のタイムスリップ装置とやらの翻訳朗読小説を、流し放しでの就寝で在った。面白いとは思わ無かったが、一人称小説でこう云った文体も在るのかで、色んな小説家が居る物と夢うつつの中で聴いて居た。従って『まだら寝』で眠り足りないのだが、何時でも寝れる身で在る。

      寝れない時は、仕方が無い。起きる事にして時計を見れば、5時少し前で在るか。

 湯を沸かしてコーヒーに肉まん、餡まんを食べて、ラジオONとする。昨日は午後から気温が上がって、廊下で剪定鋏、枝切りカッターの刃研ぎをして油差しをして居る内に、エンジンが掛かって来て、土手に面した苺スペースの土お越しをすると、苺が無い。そうで在ったか、去年の猛暑続きと有明ハウス応援で水遣りの根気切れで、枯らして仕舞った事を思い出した。何事も表裏一体の光と影は付き物で在る。苺全滅で在るから、ニラ、雑草の類も枯れて終ったから、土お越しが深部まで入って土目の土壌改善が確認出来た次第でも在る。

         そんな次第で遣る事が出来て、川土を3杯運んで苺移植をした次第で在る。
 市販の苗を買って来て植えても、小さな実付きを続けて居る内に、何時の間にか絶えて仕舞う結果で在る。それと比べると先祖返りして野苺と化した昔苺の繁殖力や、雑草の逞しさで、毎年、大量の野趣豊かな苺ジャムを提供して呉れる『優れ物』と為って居る。知る人ぞ知るの『逸品』なので、作り手の私としては、量の確保を必要とする次第で在る。

 石コロだらけの所を、篩(ふるい)に掛けて落ち葉、川砂を入れて土作りを続けながらの好い感じの苺群が、出来ての採取が去年出来上がったのだが、一日中の猛暑の炎天下で2株を残すのみの枯れを呈して仕舞った。
 毎年落ち葉、枯れ草を鋤き込んで、その上に川砂を混ぜての土目を厚くしての生育環境を整えて来た場所で在る。其処へ3杯を被せて、庭通路に伸びて、踏まれて成長出来ない苺を穿って、『新天地で大きく為れ』の移植で在る。物言わぬ小さき者達への成長の場を与えて遣るのが、私の好む処で在る。

 大豆を搾れば、副産物のオカラが派生する。日本酒には副産物の酒粕が派生する。油を搾れば、油滓が派生する。家禽家畜の糞尿からは堆肥が、落ち葉からは腐葉土が生まれる。食肉の内蔵からは、モツ煮が生まれる。『ゴミと捨てる勿れ』の再利用のサイクルが、人間の知恵と云う物で在る。

 何事も手を加える事で、作業、観察、採取して加工して食するの手作りサイクルは、云って見れば、人間に与えられた『特権』の一つで在る。

 旧石器の打製石器から新石器の磨製石器、青銅器から鉄器の時代に、牛馬に依る鋤き込み、トラクターと専業農耕は規模拡大化と化学肥料・農薬の大量商品生産の『素人が作るよりは、買う方が安い』の消費時代ながら、毎日が日曜日の独り暮らしの日々と為れば、極力自前の旧石器時代作業を励行し無いと、時間を弄ばせて仕舞う次第でも在る。

                 これを称して、不便益の効用と云うらしい。

 天気予報に因ると、午後から雨乃至雪で、夜中からは大雪の見込みとの由。いやはや、この処、すっかり雪の回数が増えて居る。まぁそれでも川土入れ、枝始末も出来て居るから、『余裕の春待ち』と云った処で在る。前倒し、前倒しの進みで在るから、川土の堆積量も豊富なので、今日も余勢を借りて土増やしを目論んで居たのだが、何事もお天道さんの思し召しで在るから、それも好かろう。
 
   7時も回った次第で在るから、寝床にUターンして寝不足の調整をして来るべしで在る。

 二度寝から起きて、昨日移植したスペースには、充分過ぎる移植代が在るので、遣る時は遣って置くべしで、移植を完成させて置く。その間に飯炊きをして置いたので、今日も美味い朝飯と相為った。正午半とも成ると、白い物が落ちて来た。招かざる雪では在るが、これで一つ完了しての雪被りなら、それも好しで在る。あれよあれよの内に、細雪と成って来た。

 外は、生憎の天気と成って仕舞った。さてさて、如何、時間潰しをすると致そうか。晴耕雨読のコタツ住人しか手は無さそうで在る。とほほ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!