fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・まだまだ、遣れる為り。

            未だ未だ遣れるの確認作業をする為り。(3/13/24)
 昨日は雨からミゾレ、そして憎々しい程のドカンドカンの重い雪の状況に成って、『冗談アラスカ』の態で、不貞寝の態で在ったが、庭の植物達の圧死振りを見兼ねて、晩飯前に雪払いをしての、後は如何にでも為れの突き放しとした次第で在る。

 それでも長々と飽きずに降っては居たが、一定の限度を越せば遣る気さえも起こらないのが、現実と云う物で在る。

 動画漁りも面白い物も無く、頁捲りも根気切れで、晩飯後はチョイとウイスキーを飲んで、其の儘、寝入って仕舞った次第で在る。ウンザリのウィスキー引っ掛け寝も、時には功を奏する物で、本日はお天道さんの明るさに目が覚めた。

 流石に大降りの積雪も弥生三月半ばの『カミ雪』とも為れば、輝くお天道さんの下では、飽くまで淡雪の溶けの段で在る。学童時代の教室から見る降雪の後の、晴天の太陽に溶け落ちる雪の儚さを久し振りに間の辺りに観る想いで在る。

★雨⇒ミゾレ⇒カミ雪のドカ降り⇒目一杯のお天道さん⇒融雪の流れを『自然現象』と観て、今回の雪は其の儘の放置にする事に決めた。

 一応大事にして、弱い物の雪払いをして置いた庭の雪と緑の雪落ちと融雪の滴落ち、濡れた緑の反射のコントラストが、ドカ雪からの解放感を示して、中々の風情で在る。またまたの積雪で、春の足踏み状況ながら、雪解けのスピードの速さとも為れば、地面の吸水力が春始動の推進力に作用すると云う物で在る。

     雨降って地固まるに因めば、雪溶けて春を促し、潤わすの季節の巡りとすべしで在る。

 落ち葉抑えの枝置きから、川土の被せをして、切り枝ゴミも綺麗さっぱりゴミ出しをして、切り枝ゴミの焼却灰はメインの苺群に散布した。土手の全滅した苺スペースは起死回生の土お越しをしての一からの出直しで、苺移植を済ませた次第でも在る。春遅い吾が家の庭ながら、福寿草が花を咲かせ、牡丹が、芍薬が紅の蕾、芽出しを見せ始めて居る。

     地上の融雪の水分が上昇しての、白雲の盛り上がりを見せて居る青空で在る。
 さて、今日は何をすべしか。頁捲りで、一つ気付いた事が在って、地図のコピーをしたい気分なのだが、文庫サイズでしかも、適当な赤線を引いて仕舞って居るから、手持ちのスキャナー印刷には向かない代物で在る。
頭に明確インプットするか、工夫宿題とするか、趣味のライフワークの世界史は、関連本をローテーションする度に、気付くを齎せて呉れる物で、奥の深い領域で在る。

 飯を保温入れして、気は心のシャーベット雪を掃いて、宅内通路の確保と家周りの雪掃きをして来ると致そう。

 いやはや、水分たっぷりのカミ雪の何と重い事やら。それでも運動と思えば、独り黙々との『道産子農耕馬』のスイッチが入る次第で在る。疲れる次第では在るが、それを遣り遂げると、未だ未だ遣れるの『確認作業』とも為る。身体のほてりと息切れに、廊下のサッシを開放しての白湯の一服とする。

 飯を食べての正午半で在るか。道路に捲き散らした雪も、綺麗さっぱりに溶けた。空は何時の間にかの白い曇天に様代わりで在る。おやおや、これは珍しいシメの来庭では無いか。

 さてさて、午後タイムをのんびりと過ごすべしで在る。ヒヨドリの奴が、餌の催促か、此方を見て鳴いて居る。

『馬鹿もんが、餌は遣ったろう。甘ったれるな。自前で調達して来い。』と拳を振り上げると、さっと何処ぞへか飛んで行った。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!