fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・雪だけは卒業願いたい為り。

                雪だけは、卒業願いたい物為り。(3/20/24)
 一時、台風並みの強風が吹いて目が覚めて、怖く為って仕舞った。これで雪なら堪った物では無いと、庭を見る物の雨も雪も無かったので一安心で在った。その後が行けなかった、硬軟二つの夢を見て、夢疲れの朝と為って仕舞った。風は収まり、無風の曇天に庭サンダルには、雨の溜まりで在る。ゴミ出しで在るから、プラスチックゴミを足で踏み込むと全然余裕が在るから、パスとする。

  昨日、墓参りをして来て正解で在る。霊園の献花状況を見ると、今日の墓参りが多いのだろう。

 昨日は寝間のPCで動画を見ながら横に為って居ると、倅が顔を出して仏壇のお供えを下ろしてのコーヒー話をして行った。倅と話をして居ると、好い気持ちに為る。好く育ち、好く成長した物で在る。
 倅は妖怪様にとっては、『百薬の長』の孫で在った。私のブログは私への安否確認で毎日読んで呉れて居るので、夫婦共に私の暮らし振りは電話は無くとも、知り尽くして居るから有り難い物で在る。

 私は、父親の居ない母子家庭で育った。結婚して子供が出来た時は、父親として如何振舞えば善いか、『原体験』が無かったから困った気分で在った。然しながら、人間は環境の中で育つしか無いので、自分を曝け出して行くしか無いので、喜怒哀楽の強い性格で地の性格で接して来た次第で在る。
 素直、大らかに育ち成長したので在るから、彼是とは口にしない事にして居る。嫁さんに言わせると、『家には、お父さんが二人居る』との事で、私と倅は瓜二つの生き方をして居ると言うし、普通の父親と倅の関係では無く『特殊な親子関係』との由で在る。

 特殊な関係と云われても、親子は血を分けた分身同士の関係で在るから、『肯定し合う』のが当然の流れと思うのだが、兎角、文学的ジャンルでは、『親子の相克』が何かと題材に為るのだが、私には何で血を分け、育てた、育てられた者同士が、親子の相克をしなければ為らないのかが、私にとっては『異常な親子関係』と思われるのだが。普通に育て、育てられれば、血の繋がりは当然の如く血の同心円と為って『和合』して行くのが、自然と思う次第なので在る。私の経験値で、いざと為ったら、親は居ても居無くても、子は育つと『達観』すれば好いだけで在る。躾け時ならいざ知らず、小学校も高学年、中学の思春期を迎えれば、過干渉は大きなお節介事で在り、過保護は成長の障害事とも為る。

 一本立ちすればお互いが人格・生き方を認め合って、対話をして行くのが『自然の成り行き』と思うのだが。

 9時近付くと、薄曇りの中にお天道さんの輝きと成って来た。これで安心と思いきや、短時間のお天道さんで再び曇天の暗さと成って、天気予報通りの冬の雲行きと成って来た。雨は仕方が無いとして、雪だけは卒業と願いたい物で在る。

 煙草を一本吸って、庭下りをして芍薬の芽出しの確認をして来ると致そう。慎重に数えて来ると、14株中の7株の出芽と相為った。出芽の早かった株からは次々と後続の並びで在る。芍薬が手揃えば、次はユリ類の出芽が続く。物言わぬ植物達の春迎えは、和みの愉しさで在る。

 下り坂お天気さんと夢疲れの所為か、本日はバイオリズムが低調で在る。飯後は何をするべしや為りで在る。

 飯後はコタツ住人で何頁かを読んで居る内に、耐性不足で瞼が重く為って来て仕舞った。休日に便乗して、廊下に頭を出しての春の選抜をBGMに一眠りとする。尿意の催しにヨッコラショと置き上がり、朝飯の洗い物をして、晩飯の研ぎをして来る。小部屋に帰ると、アジァジァの強風とともに襲い掛かる雪吹雪と成って来た。

 いやはや、この処、降雪予想確立100%で在る。閉じ籠りだけでは身体に悪いでスーパーに買い物と考えては居たが、完全に腰砕けで在る。末端底辺貧民は、在る物で我慢するしか無い。買いに行けば、独り食卓では消費が追い付かぬ次第でも在るから、これもお天道さんの足止め策なのだろうか。とほほ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!