fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日は、雨の休養日とする為り。

                 本日は、雨の休息日とする為り。(4/3/24)
 嗚呼、好く寝た。昨日は体調が芳しく無く、作業中何度と無く立ち眩みに襲われて、持つかなと内心冷や冷やして居た。それでも男の見栄で、如何にか覚とられずに終了して、ホッとした。

 現場に行くと、MKちゃん、Uちぃが準備をして、重い道具、機械を重機で降ろし、作業開始で在る。近くの77歳の御隠居さんが、ズーと見学をして居る。舗装カッターが始まり、私も暫しの見学で在る。

「いや~、大した会社だ。動き、顔付を見て居ても、レベルの高い会社の云うのが、一目瞭然だ。見て居て、気持ちが好い。」

              興味が在るらしく、色々と質問をして来る。
「俺ぁ、今日だけの『お手伝い人足』だぜ、難しい質問は、駄目だんね。重機に乗ってるのが、社長さんだわね。黙々と皆さん、好い仕事振りずら。ああ云う男達の仕事振りは、俺同様に見物人としちゃ、一寸した絵に為るずらよ。」
「やぁやぁ、上手い事言うね。こりぁ、普通の連中じぁ無ぇな。見応えが在るわ。好い暇潰しに為るわ。面白いわ。」

 帰って来ての入管手続きのスマホ入力には凄い時間を要して、流石の『通のOKちゃん』も梃子摺って居た。スマホを携帯電話としか利用して居ない、70代男3人はお手上げ以前の態で在る。
 スマホを使いこなして居る人達は、OKちゃん先生のアドバイスを受けながらの入力として居る。素人にして文明の最先端スマホ操作に、全く疎い時代に付いて行けない70代男3人は、結果の通便さとそれに至るまでの悪戦苦闘の過程を比較すると、今まで通りの入管でのパスポート手続きの方が、余程楽に思うのだが。

 世の中には、進歩し過ぎる為に、『不要不急な技術の迷路の壁』を感じて仕舞う次第で在る。老兵は死なず、引退するのみの『浦島太郎の諦観』を持つのみで在る。

 それでも好人物の詳しいOKちゃんの存在で、皆がセブ島ゲストハウスをホテルにして、海外ショートバカンスを恒例事として楽しく過ごせるので在るから、これぞ『人生の花』と云うべしで在る。

 疲れ寝で体調も挽回して、コーヒーを持っての庭下りとする。遅い個所の芍薬の芽出しの揃わぬ株は在る物の、豪勢な花、楚々とした一重花の共演と為ろう芽出しの多さで在る。サクラソウの淡いベージュの花々も咲いて来て、ユリの芽出しも、幾つか見えて来た。庭での植物観察をして居ると、土手道に自転車の若い白人カップルが、大きな声でペダルを漕いで来る。目が合ったのでハローと云うと、オハヨーの返しで在る。隣班の民宿旅館のスマホを使いこなす英国人泊り客なのだろう。

 自転車出し、ゴミ出しをして来て、小部屋から鋏を持って来て、食卓の緑のニラカットをして居ると、雨が落ちて来た。いやはや、昨日の工事はボリューム満載で在ったから、今日で無くて好かったと云う次第で在る。

 さてさて、昨日はダウンして仕舞い風呂も入れず終いで在ったから、風呂の用意をして炊飯器ONとする。オカズは屋根修理の昼飯振舞いのお返しと言って、弟が呉れた特大鯵の干物、マグロ、根昆布を頂戴する事とする。

 雨は本格的に降って来た。飯までの時間を本日分ブログ打ちとして居ると、ピンポンで在る。玄関に出ると、保険のアンケートとの由。玄関では寒かろうから、六畳戯画廊に上がって貰ってのアンケート対応とする。世の中とは、色んな職業が或る物で在る。

 昨日の朝の出勤時では、先日の半ルンペンさんが早朝から自転車に乗って居る姿を見掛けた。こんなに早く鉄クズの収集の仕事で、『スイマセン、昨日から何も食べて居ません、何か有ったら、貰えませんか』の食糧獲得営業もして居るのだろうと、思った次第で在る。

 会社に行けば、一応、『相談役』の名刺まて作られて仕舞い、作業着まで与えられて仕舞った身で、行けば社員の皆さん、会社に来る人達も『社長のお兄さん』と云う事で、何かと親切にして呉れる次第で在る。一卵性兄弟でも性格の違いで、役割分担で皆さんの気分の解(ほぐ)れに寄与して居るとの由。

今年は、町会の7年に1度の班長で在る。閉じ籠りの年金暮らしの独り身ながら、適度な世間との接触も在り『退屈もしない日々の送り』と為って居る次第で在るから、当分呆けずに居られる事だろう、いやはや、有り難い次第でも在ろうか。

 飯が炊けたら、腹一杯食べて、後は風呂&洗濯をして、雨の休息日として頁進めをして、現代の残りを読了すれば、本日も終了の流れと為ろう。

 飯を食べて、一風呂、湯に浸かっての洗濯終了の段とも為ると、スッキリとして満足満足の気分で在る。アンケート調査員さんとのショートタイムも好かった次第で在る。アハハ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!