fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・お天道さんの為さる事は、卒無し為り。

                お天道さんの為さる事に、卒無し為り。(4/16/24)
 好う寝たわ。もう少し寝ては居たい物の、トイレ放出をして来ないと、漏らして仕舞う次第で、起床とする。6時で在るか。本日は曇天の空で在る。空気の入れ替えにサッシ、窓を半分開けて、自転車出し、コーヒーを持っての庭下りとする。

 種蒔きをした葉野菜からの発芽が幾つか現れて、曇天後の雨と成れば、グッドタイムと為る。雨の降らぬ内に、切り枝ゴミを袋入れして置くべしで在る。有明ハウスをして、ズボラと云う訳には行かない。

 昨日は平地の桜、山桜、赤の濃い桃の花盛りにして、青空に雄大に屹立するアルプスの残雪を正面に、安曇野を東西にドライブする心地好さで在った。倅の嫁さんの前を通ると車が2台停まって居るので、作業前にお茶を頂戴して行く事にした。作業中のお菓子にとおやきを2つ頂戴して、沢庵漬け容器に苺ジャム用の砂糖を入れて置いたと云う容器を貰って、作業開始とする。

 先ずは全戸開放で1、2階を開放して来る。来る前の自生種アヤメ、スミレを掘り起こして、バケツに入れて水を入れて来たので、露天風呂からのバーベキュースペースのハウスの顔部分の巨岩を並べた側面の土部分に植えて、岩と緑の演出をする次第で在る。

 雪で折れた隣の木が屋根に掛かって居るとの事で、弟とUちぃが伐採して大雑把な始末の儘なので、散乱する枯れ枝、落ち葉を掻き集めて、焼却処分をして置く必要も在る。
 通りからの花ポイントとして、既設の車庫の上部を整理して去年ユリの球根を植えて来た。それが2、3個発芽して居る。土目が少ないので大量の松落ち葉を載せて、その上に抑えの枯れ枝を載せての冬越しをさせて置いた。春に成ったら落ち葉を載せて、抑え枝を取り除いて、土を被せて、腐葉土作りにする予定として居た。

            そんな次第で、本日作業は焼却処分が加わって三つと為った。
 本日作業の目的は、持ち寄った物の植栽とユリの発芽状況、孫と植えた芝桜の根付き状況、ユリスペース、芍薬スペースを目論んで居るスペースの腐葉土作りで在る。焚き火をしながら、植栽、熊手での掻き集め、落ち葉の積み足し、土をミノに入れての被せと作業量は半端では無いが、遣れば片付いて行く次第で在る。独り作業で在るから、集中して出来るから、頑張り具合で帳尻を付けて行けば好かろう。

 お隣さんが解体されて更地に為って居るので、ウグイスの声は聞かれないと思って居たが、ウグイスの声が響き渡って、流石に温泉付き別荘村の雰囲気満載と云った風情で在る。

 黙々とする独り作業は疲れるが、私の性に合った物で在る。休憩無しで焼却も終わって、消火、バケツ、手道具を車に入れて、備え付けの道具を片付ければ1時の回りで在る。

 食堂に昼食を食べに行く力も無く為って、即席ラーンを煮て、頂戴して来たおやき2個を食べての一服とする。予定では風呂に浸かって、一眠りして帰ろうとは思ったが、本格的に寝入って仕舞いそうで在るから、戸締りをして帰って、夏並の暑さで在るから、家でシャワーで好かろうと帰る事にした。

 大口沢を抜けて左に向かえば、Yの家で在る。顔を出そうとは思ったが、燃料を入れて直帰する事にした。植栽の足らずまいをホームセンターで買う予定で在ったが、持って行った物で間に合って、その手間が省けたから驚いた。

 木の根っこの処分に、今度は手ノコ、剪定鋏、枝切りカッターを持って来る必要が在る。後は社員旅行後のクルーザー設置、船体ペンキ塗り作業時にアジサイを買って来て植え付ければ、保養所ハウスに好い感じに馴染んで行く事だろう。

 帰りのドライブでは陽気の好さと、春爛満の安曇野にスポーツカー、バイク、自転車集団が来て居た。都会人からすると縦断するアルプスの麓・安曇野は魅力的なのだろう。私にして見ても、好いドライブと満足の行く作業で在った。

 本日のお天気は下り坂の曇天ながら、移植植物には恵みの雨とも為ろう。おやおや、雨が落ちて来た。洗濯物を取り入れて置くべしで在る。いやはや、お天道さんの為さる事は、卒が無い次第で在る。さて、飯と致しまする。

 さっと地面を濡らしただけで、風は強い物の、青空に変わって仕舞った。お天道さんが出れば、家に居るのが退屈に為る物で在る。家庭菜園にジョロ散水を施し、旬と云うかラッシュのニラカットを2握りカットして、浸しと微塵きりにしての醤油漬けとして、パック収納をしてニラ消費に回す事にする。ジャンボ・カサブランカと云うだけ在って、2年目の発芽が現れて、その他を圧する『ご太さ』は、ユリ群に君臨する王女と云うよりも王者の出現で在る。

 晩飯の米研ぎもしたし、適当な処で昼小食をして昼寝導入に何頁か読むと致そう。昨日は好い働きだった様で、疲れが残って居る。とほほ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!