fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・愈々以て、近づいて来た為り。

                愈々〈いよいよ〉以って、近付いて来た為り。(4/22/23)
 庭下りをすれば、スキンヘッドに霧雨の当たりで在る。地面にはそれなりの濡れで在るから、夜半に降って居たのだろう。赤花のシバサクラは萎びての花の終わりを告げ、白花の方が雨を吸って活き活きとして居る。庭はサクラソウ、野性スミレ、山吹き、苺の白い花、山つつじの赤い花の開花で、信州の一番いい季節・春の佇まいで在る。花々が春に潤えば、花咲かぬ雑草も旺盛に成って来る。

 後3日もすれば、小一週間程の留守をするので、目下の処は目に付いた雑草を根こそぎ引き抜いて、『留守養生』をして居る次第で在る。

 周囲からすると、マメと言われるが、それをしないと雑草の旺盛力に負けて、厄介な根張りで、庭は忽ちの『雑草の巣窟』と化して仕舞うのが現実なので在る。従って、褒められる以前の防衛上、遣らざるを得ない行為なので在る。加えて、作業応援とか旅行で家を空ける段とも為れば、独り暮らしの頼る者が居ない以上は、仕方が無い事ながら、それを前倒しに持って来ないと『帳尻』が合わないだけの事なので在る。

             これを称して、『単純明快な事前手当て』と云う次第で在る。

 水遣りの手間は省ける物の、大人数の味噌汁の具材に日干しエノキとマイタケを目論んで居るのだが、全一日の夏日を期待する次第で在る。

 昨夜の就寝前の刑事ドラマのお座なり具合と来たら、腹が立っての付き合いで在った。船仲間の俳優さんとの話の中で、テレビドラマの衰退振りに就いて、俳優・タレントの力抜き、手抜き演技との相乗結果が産んで居る詰まらさが、その原因との由で在った。
 一般人が見て感じる以上に、仕事仲間の目からすると、本来の技量を知って居るから『一目瞭然の批判』なので在ろう。私からすると衣装と云うハンガー物を着ただけのマネキン俳優・タレントのお座なり台詞演技で在る。

 従ってプロの役者がナンジャラホイの演じ手の内面が伝わって来ないから、観るに値せずのテレビ離れが進行して居るまでの事で在る。

          何事に付け、中身の薄い物は、軽過ぎて詰まらない物で在る。

 それに対して、物言わぬ庭ながら、あれ、こんな所に植えた筈の無い芍薬の芽が顔を出して来た、ナンジャラホイで見えぬ地中の根張りを想像して、どの株が地下で繋がって居るのか?と新芽と三株の距離を観察して見ても、不思議な事にほぼ等間隔なので、益々興味をそそられる次第なので在る。芍薬の遅れ芽出しの方が、余程演技力が在ると云う物で在る。プロの役者なら、シャキとせんかい、シャキとの体たらくドラマで在った。その癖、変に冗長した真犯人の結果で、いやはや視聴者を舐めるのも好い加減に晒せの段で在った。
 低予算ドラマの言逃れで在っては、役者も安易サラリーマンの口で、衰退のスパイラル加担者の責め負う自縄自縛で在ろうに。

      本日は月曜日で在るから、新築工事の屋根張りの鉄鎚音が始まって居る。
 明日は会社でOKちゃんにスマホの確認をして貰う次第で、フィリピン旅行出立つも目前と為って来た。

 今回はセブ島ゲストハウスのお披露目旅行で、忘年会の常連さんの建機屋さんの一歳年下さんが、『冥土の土産』に参加するとの由。歳格好で同部屋、話し相手と為ろう。話し好きで、酒はドクターストップの掛けられて居る人で在る。
 海の日の佐渡行常連の兎に角、喋るお節介好きの大工さんの韓国人奥さんも同行するとの由で在るから、差し詰め私の役回りは、『問題児の目付け役』が回って来るのだろうが、これもショート・バカンスの常でも在る。
人間、動ける内が花でも在り、プロスポーツには『異種格闘技』と云うジャンルも在る次第で、後期高齢者とも為ると、皆でワイワイガヤガヤも、『老後の友は思い出』の一助とも為ろう。

 マンネリ日常から一歩踏み出せば、異世界が拡がる物で在る。自分で旅行を計画して行動する事を考えれば、お誘いに『便乗参加』する程、楽な事は無い。或る意味、こんな簡単便利な事は無い。柵から解放されて、毎日が日曜日で詰まらないのボヤキを聞く次第なので、『如何だ、一緒に参加し様か』と云うと、途端に腰を引いて仕舞う面白味の無い周囲で在る。
 その癖、一丁前に『金はあの世に持って行く事が出来ないから、金は生きて居る内に使え』の言で在る。若い頃と比べると、『臍下三寸、不如意棒』で在るから、海外遊興費も格安の段で在る。体力・精力の限界域に達すれば、賄い夫兼問題児担当も又愉しからずやの『ショート異次元体験』と云う物で在ろう。老後の友・思い出体験は人生にとって、遜色は無かろう物と考える次第でも在る。

 T、M氏が存命だったら、『待ってました』のさぞや浮き浮きして二つ返事の参加だった筈で在ろう。 思えば、不良中年連の海外破廉恥行の数々で在った。アハハ!!

 昨日の世界史備忘録の読み進めで、訂正個所が出て来て仕舞った。面倒ながら過ちに気付いて仕舞った以上は、プライドとしてPC清書をして置かなければ、余命幾ばくも無い身で在るから、致し方無い。思い込みとは困った過ちを仕出かす物で在る。とほほ。

 10時で在るか、炊飯器ONとして局に払い込みに行ってから、食後は備忘録訂正をするべしで在る。吾ながら、何と生真面目な男では無いか。不届き者、不埒者に私の爪の垢でも煎じて飲ませたい物で在る。さて、一服吸って行って来るべし。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!