fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、ショートバカンスに出立すべし為り。

                   漸くのリラックス気分為り。(4/25/24)
 漸くスマホ対処が終了して、晩飯、明日の朝飯をスーパーで買って来ての帰宅で、再度の旅行ケースの確認をして飯を食べ終える。後は風呂に入っての就寝を迎えるだけで在る。

 スマホ対処が終了して、お局さん差し入れのドーナツとコーヒーで持って行く物に落ちは無いかの話し合いと為り、『じぁ、明日。』で皆さん、ほっと笑顔のお開きと為った。

 話をして居ると、真に私達兄弟は相互補完関係で『生真面目な教師役性格』で在る。空中で妖怪様が安心安心、ウンウンとニコニコして見下ろして居る感じで在る。弟からは部屋は同部屋とするとの事。左様で在るか。同心円で、何かと意見交換をしたいのだろう。

 海外旅行では、部屋が違っても、私の部屋に来て計画を立てたり、反省会をしたりで、プライベート時間、非拘束時間は、大体兄弟は一緒で在る。T・M氏が同行して居れば、早朝時間は概ね一緒の時間を過ごして居るのが常で在った。

 弟の強みで、相手と喧嘩をすると、私にも相手が居ても、「Rちゃ、悪い頭に来ちゃったから、部屋出て来た。悪いけど、此処で寝かせて呉れ」と入って来るので在るから、男兄弟だけで育って来ると、周囲からすると『常識破れ』の感覚らしい。
 Tも用事を済ませると、私の部屋をノックして、猫撫で声で、『R君、してる事は分かって居るから、どんな塩梅か、ドアを開けて呉れ。』と澄ました顔で入って来る男で在った。

    そう言われると、至極尤もな口上で在るから、私としては開けぬ訳にも行かない。

 私、T、弟も松本二中と云われた『男子番から高の正統派OB』で在るから、番から男同士の付き合いで、笑い話のネタに為るまでの事で在る。霞ケ浦の同期の桜然とした校風とは、そう云った物なのだろう。破天荒と云えば、破天荒。番からと云えば番から。ゴタ助と云えばゴタ助と云う迄の事で在る。大層な事では決して無い。

 然しながら、無法松の一生が国際映画祭の金獅子賞に輝いたそうで在るから、これもまた日本男児の伝統の一環とも云える次第で在る。阪妻さん、三船敏郎さん共に『日本の好漢』を体現されて居た。

 明日の出立の準備も完了しての、目下8時の指しで在る。OKちゃんにおんぶにだっこながらも、一件落着しての漸くの気持ちの余裕が出ての明日分のブログ打ちで在る。

 風呂の用意もして置いたので、後は適当な時間に入れば良いだけの事で在る。人間緊張から解放されるのは、こんなにリラックス出来るので在るから、不思議な物で在る。先程、煩く猫の盛り声がして居たが、静かに成った。

 其れなりの早めの就寝で、当然の夜中の目覚めで在る。2時45分で在るか。四畳半でのラジオONとすれば、洋楽のお時間はヒッチコックの映画音楽特集の流れで在る。雨は已んで居る模様で在る。音楽、映画解説を聴きながら、映画世代の洋画専門で在ったから、懐かしさとその当時の自分、映画のストーリー、シーンが蘇って来る。こんな時間の過ごし方も悪くは無い。直近健忘症ながら、昔の事は結構覚えて居るから、人間の記憶力とは面白い構造に為って居る物で在る。最後の曲は矢張り、ドリス・デイのケセラセラで在る。

 ラジオ深夜便のトーンはしっくり来る。今日は暑い人の由。薄手の服装で行くと致そう。日本の歌は、伊東ゆかり特集との事。洋楽・邦楽とも好いでは無いか。後は冷蔵庫を空にして行くと致そう。旅行を前に、起きて居る人、寝て居る人と、年齢、性格に依って人其々の時の中に居るのだろう。朝が早くなった分、留守ご挨拶で庭を一回りして行けるから、有難い物で在る。

            さて、少々きついが、冷蔵庫消費をして行くと致しまする。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!