FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・好天成れど、師走の風強し。

              本日、好天成れど、師走の風音強し為り。(12/10/17)
 空気は寒いが、好天の陽差しで在る。陽差しを受けた睡蓮鉢のグッピィ達も、色とりどりの長い尾ヒレを震わせて泳ぎ回って居る。軒下の布団にも陽が当たって、松の小枝の小さな揺れで在る。日蔭には雪の名残が点在するのみて在る。コタツは、強から3にダウンして在る。

 昨夜の寒さを振り返れば、時季早尚の猫の盛り声に面喰って仕舞った。人も寒く成ると兎角、人肌が恋しく為るとは云うが、猫も寒さに本能が掻き立てられて『盛り声』を発して居たのかも知れ無い。その点、私には『自制心』と二つの『湯たんぽ』が在るから、人騒がせな『盛り声の咆哮』も、夜更し体質では在るが、バイク爆音小僧の様な『夜鳴らしの奇習』もしなくて済んで居る次第で在る。

 さて、動画仕入れからすると、外国人にも『沢庵漬け』が美味いと云う人も増えて居るとの由。この処、作り過ぎて仕舞ったシチューを飯の上にたっぷり掛けて、漬かり始めの沢庵をバリバリさせて食して居る。ルーが異なるだけのカレーとシチューで在るが、淡白味のシチューには、分厚く切ったミヤシゲ大根による沢庵が好くマッチする。

                  これは、面白い発見で在った。

 味の濃いカレーには、味の濃い福神漬、ラッキョウがマッチするのと同様に、淡白なシチューの塩味には、沢庵の塩気がマッチするのだろう。日本色の中核・ライスの広まりが大きく成れば、日本の漬け物もセットで世界に広まって行くのかも知れない。食が人間を作ると云う事にも繋がるのだろうから、世界の原色・肉食・強調人種の食生活を中間色・草食・協調人種に変えて行けば、世界も大分穏やかに成るのかも知れぬでは無いだろうか。ひひひ。

 おやおや、戯けた事を打って居ると、風が出て来て仕舞った。布団の掛かった物干し竿が、ブランコをして居る。本日、好天成れど、風強し成り。これも師走の風の為せる処で在ろうか。強風の兆しに、雌ジョービタキの姿見せも無さそうで在る。それ以前に、ヒヨドリも雀も顔を出さない次第で在る。散歩も、今の処、廊下の日光浴頁捲りをしようか、運動細胞を満たすべきか、二の足を踏んで居る次第で在る。

 ラジオに依れば、午後から下り坂で冬の寒気団の侵攻とやらで在る。布団を取り込んで、少し外気吸いに行って来ると致そうか。中々、巧く咬み合わない天気具合で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!