FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・これ、ロートルの日々為り。

                  これ、ロートルの日々為り。(1/30/18)
 本日も、無風の快晴日の日差しが廊下に差して居る。好い散歩日に成る事だろう。昨日は車検屋さんの所で、二年振りに好い時間を頂戴して、甘えて帰りは送って貰った次第で、六畳戯画廊51点の戯け画を存分に観て、感想を頂戴した。

「好く、こう云う絵が描けるもんだ。俺としちゃ、頭の中を輪切りにして天眼鏡で観て見たい。」
「何を扱いてるだい。機械も道具も、年季も揃ってる先輩に、解体、解剖なんかされた日にぁ、手の内が皆バレちゃって、煙に巻く手品が使え無く為っちまうわね。人間車検なんて、義務化されて無ぇんね。あい~!!」

「兄貴の警視庁機動捜査刑事の○も大物だったけど、弟もまた、常識を飛び越えちゃってるしさ。歴史・歴史観を語らせたら、学者・思想家並だしさ。それで居て兄貴も、弟も三人揃っての無類の女好きで、太刀打ち出来んしさ。」

「先輩、またまた何を仰います事やら。それを云うのなら、真摯な好奇心・探究心の努力の賜物って云うんですがね。へへへ。」

「なぁ~、ああ云えば、こう。こう云えば、ああだ。道さえ間違わなければ、稀代の女コマシ、詐欺師で犯罪史に名を残すんだろうに。序に兄弟対決でもして呉れたら、小説としてベストセラーだぜや。」

「そりぁ、人生経験豊かな先輩のお言葉とは信じられ無ぇわね。買い被りが、見掛倒し、見掛倒しが、とんだ喰わせ者。見立て違いが、『運の尽き』ってぇのが、世の倣いって云うじゃ無ぇかい。それを称して、娑婆の大原則『自己責任』って事ですわ。へへへ。」

「こう遣ってR画廊を魅せ付けられたら、凡人の出る幕は無いわな。でもな~、何百枚かの中からの『自選集』と云うから、どれも好い線行ってるし、描き手が同じだから、絵柄、色柄が違って居ても、共通な味わいが出て居る。
 あれだな、どれもスッキリして居て、共通項としては『優しさと明るさ』が、発散されて居る。これが才能って事なんだろうなぁ~。
文章を読ませて貰ったり、こう遣って話を聞かせて貰えば、相当な頭脳の持ち主だし、良く物を知って居る。小難しいインテリ連中は、世の中には邪魔で掃き出す位居るんだけどさ。気取らない処が、只者じゃ無いしさ。
 スケベ話をさせたら、日本を乗っこしてるしさ。俺の前じゃ猫被って居ても、弟からは内実を雄弁に聞かして貰ってるし、何しろ○の弟だからな。本当に、今日は好い物を見せて貰ったわ。もっともっと、世の中を愉しませて呉れなくちゃ、宝の持ち腐れだからさ、長生きして呉れなくちゃ、お天道さんの罰が当たるぜや。」

「有難うござんす。お言葉ながら、訂正を一つ。猫被りじゃ無くて、俺ぁただのお恥ずかしい『皮被り』だけだけどもせ。やっぱり、先輩は兄ちゃんだね。兄貴が生きて居たら、好かったんだけど。人の世は、諸行無常だぜね。俺も、今日は好い時間が頂戴出来て楽しかったですわ。じぁ、車検の方を宜しくお願いします。」

 いやはや、蛇の道は蛇とは云う物の、お互いの好色性が至る所に昇り立ち、真に有意義なお話合いが出来た次第で在る。一歩外に踏み出せば、世の中には、色んなタイプのお方が居らっしゃって、愉しい物で在る。

 昨日紹介された近くの青空市場で買って来た板粕で、野菜たっぷりの粕汁を作って見た。寒い時季の粕汁は、腹持ちと温まり具合が大した物と為る。朝飯前に、丼で食べたら、朝飯が入らなく成って仕舞った。

 本日火曜日で在る。ヤクルトママさんの後に風呂に入って、洗濯後は外気吸いの散歩を愉しんで来ると致そうか。子育て、介護を終えて、或る面では人生最良の独り暮らしにどっぷりと浸かって居る日々で在る。ラジオの国会中継では、飽きもせずにモリカケ問題の蒸し返しを遣って居る。へへへ。

 浴後は昨日の分も加えて、散歩に赴く。春を先取りするかの様な、陽光輝く散歩日和である。テスト中なのだろうか、高校生の学校帰りで在る。女子生徒自転車三人衆が、何処か破れでも在りそうな大きな笑い声で近付いて来て、サァ~と下って行く。為るほど、女族は身体の中央に裂け目を持って居るので在るから、それも然りで在る。

 本日は青空に白雲が浮かび、散歩日和で在る。コースを大きく採って歩を進める。途中で帽子、手袋、ジャンバーを脱いでのまったり歩きで在る。橋を渡る時に、自転車の美人さんとすれ違う。私は、剃り上げたばかりのスキンヘッドロートルで在る。美人さんは私のスキンヘッドに流し目で在った。橋を渡って下って来れば、背後から歩きの高校生4人で在る。スマホゲームに嵌まって、奇声を連発して居る。追い越して行く4人は、スマホ集中の段で在る。

 嗚呼、多感時代をスマホに現を抜かしているばかりでは、女性耽美眼が備わりは終いに。嗚呼、勿体無しや。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!