FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・思い出は、これまた友為り。

                   思い出は、これまた友為り。(8/21/18)
 夕方の一時は、好い調子で激しい雨が降って呉れた。これだけ降って呉れると、地中に浸み渡って、植物も充分の日中の暑さに耐えられる事、間違い無しで在る。

 好く眠れた朝で在る。キリギリスが、好い声で鳴いて居る。起きるのも勿体無いから、其の儘、まどろみの時間とする。色んな顔顔、シーンが浮かんでは消えして、ソフトなまどろみの時間で在った。

                     さて、起きると致そうか。

 廊下を全戸開放すれば、白い雲は秋空の清々しさにして、上がり石のサンダルには、一杯の雨の溜まりで在る。払って立て掛けて置く。玄関を開けて、自転車を出し、暫しの空気の総入れ替えで、開放して置く。四畳半から節煙タバコを一本咥えて、二畳小部屋の定位置に座り、ラジオを付けてのモーニングヒートする。

 今や節煙タバコも、すっかり習慣付いて、直ぐに火を付けない次第で在る。火を点けて仕舞えば、スパスパ吸い込んで仕舞う。煙草は3口位が美味い。それで一度消して次に回す。勿論、外には煙草は持って行かない。

 ラジオを聞いて居ると、ロシア側の思惑が在る様で、北方領土の日本側調査が出来無く為り、経済協力の道が頓挫して居るとの由。何時もの手口で在るから、関心も無い次第で在る。続いて、台湾の話題が出て居た。直接関係は無いのだが、不図、思い出した事が在った。

 日本統治時代の世代は、自分達は『日本人』と自覚して居たので、日本の敗戦により、日本人が強制退去させられて、毛沢東に敗れた蒋介石が上陸して来た時には、父の国日本は広島、長崎の二発の原爆を落とされ、台湾は蒋介石の原爆を落とされて仕舞ったと嘆いたそうで在る。

 云うまでも無く、世界最大の親日国が、台湾で在る。子供の頃から、台湾は日本の一部だったとの思いが在った。台湾は、率先垂範の日本精神を生活の信条として居るそうな。日本に大災害が起きると、『肉心感情』で多額な見舞金を即座に送って呉れる。

 多感な時代には、戦争に負けて台湾を置き去りにして仕舞った事に、肉心的な痛みを持って居た。

 国連加盟が中華民国から中華人民共和国に替わり、米追従で国交断絶の方向に舵を振った日本には、日本人の道義心から怒りと申し訳ないの気持ちを持ち続けて居た。

 従って台湾が報道されると、欠かさず読んだり見たりして居た。当然に世界史でも、台湾か所の記述には、自国史同様に『無意識に頭に入って居た』次第でも在る。

 或る時、弟の無尽旅行時、移動でフィリピンの国内線に乗って居る時に、隣席に若い女性が乗り合わせた。片言の英語で話し掛けると、『台湾人』だと云うから、ペーパーを貰って、漢字で筆談と為った。
『内省人、外省人』と書くと、嬉しそうに内省人に丸を付けた。直ぐ様、握手の手を出された次第で、台湾の絵を書いて、うろ覚えの歴史を書き込んだり、日本の台湾の先駆者達の固有名詞、八田宇一のダムを書くと、知って居る、知って居るで、フライト40~50分の楽しい筆談が出来た。

 彼女は鼻水をかんで居たので、私の風邪薬をプレゼントしたりして、最後に『日本敗戦、日本原爆2発投下・米軍占領、台湾蒋介石占領、子国台湾、遺棄。不憫、申し訳無い、祈願台湾発展』と書くと、涙を溜めて、『日本父国・台湾在・日本精神』と書いて呉れて、アリガトウゴザイマスと強く手を握られた思い出が在る。彼女は、台湾の大学生との由で在った。

 私の微々たる体験では在るが、中狂人、朝鮮半島人は別として、外国人にその国の歴史を出すと、此方に好感度を示して呉れる事が在る。従って、大人の素養として、世界史は好いツールの一つでも在ろう。

      さてさて、丁度好い時間と成って来たから、朝飯と致しましょうかね。へへへ。

 朝食後は台風の影響らしく、曇天の涼しさで在るから、久し振りに湯張りをして、温めの湯船にどっぷりと浸かる。熱暑猛暑はシャワー浴びで魔の時間帯に対抗して来た訳で在るが、シャワーと違って日本人には、湯船で無いとリラックス気分には為らない物で在る。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!