FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・今年も柿簾完成為り。

                  今年も柿簾完成為り。(10/17/18)
 この位が、好いのでは無いか。今年は柿の生り年では在るが、一昨年、去年と思い切り木を切ったので数は少ない。320~30位を吊るし、木に残るのは後僅かで在る。妖怪様は熟柿が好きだったから、20前後を皮を剥かずにストックとする。

 大口消費者のTが逝き、ヤクルトママさんも交替して仕舞ったから、この位が丁度好い。美人後輩の『秀子さん』の剥いて、紐掛けして、吊るした何連か在る。何かと好奇心旺盛な女性で在るから、犬の散歩時に自分の吊るし柿を観察に来るのも好かろう。

 さてさて、最後の柿採りをして朝飯と致そうか。終わりと為ると、矢張り寂しく為る物で在る。飯後は、最後の皮剥きとゆっくりと遣って、物干し竿に掛けた次第で在る。

 体を洗った後は浴場磨きをして、先日買って来た厚での部屋着上下を着ると、未だ時季早尚の段で在る。それを買った時に冬物の同タイプの物が在ったから、買いに行く事にする。

 冬物を何点か入れてレジに行くと、在った在った。お目当ての袢纏が吊るして在った。寒い信州の部屋着は、袢纏に勝るもの無しで在る。実際問題、着て居る袢纏がボロ着と成って居るから、街場まで買いに行かねば為らないと思って居た処でも在った。財布を見ると、中身が覚束ない次第で、2点を返して如何にか恥を搔かぬ支払いで在った。へへへ。

 薄曇りの昇り勾配をひぃ~こら、ひぃ~こらとペダルを漕いで、ノンストップで我慢の運動をして来た。それにしても電動自転車の凄さで、小柄婆さんに何無く追い越されて行く息切れでは在るが、何のこれしきのロートル親父の意地漕ぎの次第で在る。

 庭付きのお宅には、梅、杏、柿の果樹は定番で在る。子育てを終えたロートル所帯では、木々は年々大きく為れど、採る者もすっかり老齢化して、生るに任せる秋の実りと云った処で在る。買えば高級品、手を掛ければ秋の風物詩・橙色の柿簾の風情で在る。

 自転車漕ぎをして帰って来れば、未だ4つ採り残しの我が家の柿の実で在る。落ち葉が終われば、ニョキニョキ生えた枝をカットして、来年に備えて遣らねば為るまい。

 枝木を剪定して、落ち葉を溜めて土に還す。春の梅花、苺花、梅に苺、夏の野菜に、秋の柿と、小さいながらも四季折々の自然との共生の日々でも在る。小菊が蕾を膨らませて、開花し様として居る。

 本日は未だ、ジョービタキの姿見せは無い。それでも雄ジョービタキが姿を見せないから、雌ジョービタキの引き継いで居る縄張りには望みが残って居る次第でも在る。

 曇天のパッとしないお天気さんで在る。柿簾が完成したので、今週一杯は雨が降らないで居て欲しい次第で在る。水分が抜けて来たら、間隔を狭めて、手際好く雨除けのシートが掛かる様にして置きたい物で在る。

 干し柿作りが上手く行かないと、『二本線後輩・秀子さん』から委託された『干し工程』で在るからして、吾が家の『高級和菓子』を進呈する義務が在る次第で在る。アハハ。

 剥くかと問えば、日当が高いとか、出来た物を貰うとか、何かと私の流儀に合わないのが娑場と云う物で在る。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!