FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・これ、早起き効果為りや。

                これ、早起き効果為りや?(10/18/18)
 気が付けば、すっかり日中が短く成った物で在る。朝の遅いのは有難いが、夜の帳の何と早い事か。未だコタツの時季では無いから、うかうか昼寝も出来ない次第で、その分、夜更かしが出来ずに居る。好いのか悪いのかは分らないが、そんなリズムで推移して居る。

 さてさて、破けを繕うとするか。針に糸が通らない次第で、『嗚呼、嫌だ嫌だ』の嘆き節で在る。まぁ、それでも遣る事が無いので在るから、半分は遊びで在る。

「コンニャローメ、何で云う事を聞か無ぇんだ。」「由利徹にぁ、すんなり通って、生意気じゃ無ぇか。俺にぁ差別か。」「何を~、名前が徹だから、通るってか。」「上等じぁ無ぇか、糸の切り口を斜めに切りぁ、如何だ~。」「おお、入ったか、通ったか。通れば、こっちの物だ。」「俺だって、その気に為りゃ、出来るんだわさ。散々、駄々を捏ね遣がってからに。」「好し好し、これで、当分はOKじゃがね。」

 小さな針穴を相手に、声を出して直接会話をする事が出来るので在るから、物は愉しみ様なので在る。

           さてと、部屋を移動して何か見付けて見ると致そうか。

 本日は、ペットボトルの出し日で在る。先々週は曜日を錯覚して、持って行った物の、誰も居なかった早朝の公民館で在った。本日は早起きゴミ出し後には、庭の落ち葉掃き、朝飯、米屋さん経由での個人スーパーへと考えて居る次第で在る。

 溜め込んだペットボトルを持って公民館へ歩いて居ると、中学の同級生&幹事のSちゃんに遭う。同級会の出席顔振れの話などを聞く。男の方は、常連2人が用事で欠席との由。70の大台に乗ったので在るから、人数は気にせず一年に一度の『中学時代へのタイムスリップの提供場』に為れば、好しの線で遣って居るとの由。

 中学卒業まで暮らした町会で在るから、毎日の散歩コースにはこの町会の道を通って、文化会館前の広場で『太極拳』を遣って帰るのを日課として居るそうで在る。元気そうで在る。幼稚園から中学まで隣近所で好く遊んで居た仲で在る。

「何処も悪く無いか」と聞けば、
「頭の具合が駄目に為って来た」と笑って居る。
「そんな物はお互い様で、俺なんか一分前の事を忘れちゃってわさ」と云えば、
「Rの化け物記憶力の凄さは、大したもんだよ。同級生の語り草で、みんな話を愉しみにしてる」との由で在る。

 すっかり立ち話が長く成って仕舞った。立会人は、一本線殿で在る。顔を合わせて知らぬ振りも出来ぬから、またまたボランティア草刈の縁で駄洒落コーナーが始まって仕舞う。二本線先輩も見えられて、トリオの顔合わせで在る。公民館長の一本線殿は、文化祭の旧本郷地区の展覧会に絵を出せとの由。

「面倒臭ぇ、嫌な事ぁ、他を当たれや。」
「自分の部屋に飾ってるだけじゃ、勿体無いよ。Rさは、このM町会を代表する知識人の評価がされてるんだんね。人格者だから、人気度も高いんだぜや。」
「またまた、役員に引張り込もうとして、下心見え見えじゃ無ぇか。その手にぁ乗らねえよ。」

 概ね、団塊世代のオヤジ連で在るから、私とは違って早起きの口で、口には充分な潤滑油が回って居るの態で在る。役員さん、御苦労さんにゴザンす。皆様が居られるから、7年の1回の班長役で済ませて頂けるので在る。感謝感謝で在りまする。

 落ち葉、柿収穫で散らかった庭に熊手を動かして、朝のウォーミングアップとする。朝飯をして、日に当てた寝具を取り込んで、洗濯物を干して、ブログ打ちを始める。

 本日は、好くお天道さんが照って居る。睡蓮鉢には腹の膨らんだ雌達が、気持ち好さそうに浮上して、パクパク口を動かして泳いで居る。土曜日に吊るされた柿達は、水分が抜けて来て大分飴色に成って来た。試しに揉み揉みをすると、未だ未だ内部の2/3は、オボコ娘の硬さで在る。

                 さてさて、昼前に米屋さんに行って参りまする。

 無風の青空に、各種の白い雲の浮かびで在る。米屋さんに行けば、丁度好い処に来たとばかりに、コーヒー&お茶を頂戴して、奥さんを交えての歓談で在る。個人スーパーに寄るも、お目当ての本瓜の塩漬け無しで在る。下って来ると、先輩殿が庭の芝生でゴルフ打ちで在る。黙って背後から見て居ると、気付いた様で在る。

 暫しの立ち話を交わして来る。暑い位のお日和で、本日は纏めて一週間分以上の会話が出来たから、充分過ぎる程の言葉出しに為った次第で在る。この上天気で、吊るし柿も一気に果肉を乾かして行く事で在ろう。

 さてさて、昼をして、午後の部へ移行させましょうかね。好天は、気持ちが好い次第で在る。※1、1、0、0、0、0、



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!