FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・習慣とは

               何事も、一長一短は付き物で在る。(10/24/18)
 習慣とは、大した物で在る。昨日も其れなりの庭整理をして、運動量には不足が無かったのに、散歩が無いと何か忘れ物をして居る気分で、夜の一歩きをして来た次第で在る。

 夜で在るから人に見られる事も無いのに、年々老いが姿勢に現われて行く人達の姿を見て、独り暮らしの自分の姿勢を重ね合わせをして仕舞う。それに抗して、体幹を保ち、顎を引いて、胸を張り、歩幅を確保しての歩きを心掛けて居る次第でも在る。

 今週土曜日は、中学時代の同級会が在るから、毛無し、金無し、女無し、止めが甲斐性無しの四重苦、男寡の醜態を晒したくないとの見栄なのだろう。あはは。

 スキンヘッドに、少し霧雨の様な湿気を感じながら、歩を進める。昼の風景には東山系には紅葉も未だ始まって居ないので在るが、川音に、何時しか虫達の声も無く成って居る。季節の終わりを感じる物で在る。

 地区文化祭の義理出品要請に、どんな戯画を出そうかとか、作品名記載カードに、どんなお品書きをして遊んで遣ろうかなどと考えたり、同級会には何をコピーして行こうかなどとのんきな事を考えたりする。世の中は兎角、常識の捉われ人達が多過ぎて、私の様な戯け人間には、面白味に掛ける次第で在る。

 先日、シルバーセンターでのコーヒーを奢って貰った籠、布バックなどの手芸作品を展示販売してると云う同年配女性が絵のタイプが似て居るから、是非観たいと云って居たのを思い出して、吾が戯画廊でコーヒーを飲みながら、『感性の交換』などしたら面白いだろうと思ったりする。多分、話が合いそうな印象で在った。

 また、世界史を振り返りながらの米中経済戦争と形容されて居る国際問題に、世界史の歴史絵巻に展開されて来たオリエント世界の古代王国間の覇権争い、中国の春秋戦国次回から始まる一治一乱の農耕民族と北方騎馬民族間で争われて来た征服、混沌の中国史・・・etcの歴史を彩って来た世界帝国のローマ~米国までのお浚いをしたり、太平洋の覇権で衝突した日米開戦の引き金に成ったABCD包囲網との比較などをしながらの散歩周回をして来た次第で在る。

 就寝前のPC動画を見て居ると、何やら雨音で在る。目下の最重要事は吊るし柿作りで在るから、深夜の柿簾へのシート掛けに立つ。幸い、早い気付きで雨を遮断する事が出来て、胸を撫で下ろした次第で在る。

 明けて本日も青空に恵まれた朝で在る。ブルーシートを外して、取り入れた廊下のネットを軒下に吊るして、目一杯のお天道さんに当てる。

           飯の炊けるまでの間を、このブログ打ちに当てる。

 それにしても好いお天気さんで在る事か、チョイと庭に出れば手が動く次第で在る。ジョービタキは一向に姿見せに来ない次第で、寂しいから、再び金華鳥でも飼って見ようとは思うが、繁殖すると里子に出すのも出来ないし、家を空ける事も出来なく為る。総べからず、何事も一長一短は付き物で在る。へへへ。



スポンサーサイト

コメント

^^

自国の歴史に好意的でなく「非とする」歴史教育にはウンザリしています(元文科省次官=M川!)次第に皇室儀礼の簡素化。「~さま」など呼称の平民化など。ある大きな力で封じ込められつつあります。皇室は日本国民にとって最後の砦です。皇室がなくなれば三流国に成り下がる事必須です。

安倍総理にとっても重要な改憲国民投票・消費増税・移民受け入れ・・・消費税は明らかに安倍政権にマイナスに働く。それはわかっているはずです。何かしら大きな影が後ろから差しているようで。気になってしょうがありません。「なぜそこでヘタを打つ?」定期的に訪れる「景気中折れ」という謎。

No title

                waravinoさんへ。
           こんにちわ。全く、100%の同意で在ります。
 
 日本は神代の時代から、天皇の国です。その精神性を思考・思想の基に置かず、西洋だ東洋だとの近代的?、現代的?人間理論思想で断じて居る輩ばかりがインテリ面をして居るから、中身が面白く無いんでしょうかね。

 西洋にハム、ソーセージ在れば、日本に竹輪、はんぺん在りです。堂々として居れば好いだけの事です。

 国土・風土・歴史が在れば、其々に生活向き、国柄が存在する訳ですから、一神教の国柄と違って、八百万の神々の国柄に立脚した考えが出来ないのかと不思議で堪らないと云うのが、正直な気持ちです。

 縄文以来の日本文化に異質なものが入って来れば、当然に遺物に対する拒絶反応が起きる物です。頭で無理に理解するよりも、日本人の血で直感出来る物にこそ、大事に、そして素直に受け入れる事の方が、理に敵って居ると考えて居ります。

 八百万の神々の国・日本於いては、四の五の考えるよりシンプルイズベストでしょうに。何かに付けて、訳の分からない横文字、カタカナ文字を多投する似非インテリ共の与太話よりも、日本の話芸の落語長屋の御隠居さんの方が、上品で啓蒙的と感じて居る次第で在りまする。

 朝から、高質で内容の在るコメントを頂戴して、本日の気分は上々で在りまする。コメント有難う御座います。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!