FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、同級会為り。

                本日、中学の同級会為り。(10/27/18)
 頁捲りをしようと思うが、眠くて眠くて仕方が無い。如何したと思えば、遺憾いかん、『昼寝休憩』をするのを忘れて居た。いやはや、身体は正直な物で在る。

 入浴洗濯後は散歩方々、個人スーパーへ本瓜の塩漬けパックを買いに行ったのだが、この処、出て居ない。只今、味噌漬がベッコウ色に成って『近年に無い出来』なので、お裾分けに次を仕込んで置きたいと考えて居たのだが・・・。

 無い処を見ると、個人スーパーの『知る人ぞ知るの売れ行き商品』なのだろう。加えて猛暑の夏で、今年は数が少なかったのかも知れない。

        いやはや、後の後悔、先に立たずが、世の倣いで在る。

 そんな次第で、『農家の畑始末』の小茄子を味噌漬けにしようと、小さい物を選んでレジの所に行くと、『辛子茄子にするなら、好いのが在るよ。ニイさんだから、100円にして置くよ。好きなだけ持って行き。』と云われて、交換をする。

        へへへ、値札は158円で在る。いやはや、『恐縮の極み』で在る。

 中学時代の二級上の陸上の先輩奥さんで在る。御厚意に便乗させて貰い7袋と撥ね出し大根も2本入って60円の安さで在るから、漬け物にして仕舞えば見栄えは関係ない。こう云った処が、農家から直接入る地場スーパーの好さで在る。漬け物の基本は『塩漬け』との由。

 山ウド、山蕗、雑キノコ、特辛の青唐辛子、リンゴ、根付きネギの大束、漬け物大根、野沢菜・・・etcと地場の物がふんだんに並んだり、作り方を教えて呉れるから、有難い店で在る。

 一人分作るのも、私の作る物を喜んで貰って行って呉れる倅ファミリーの分を作るのも、大して手間の違いが在る訳では無い。庭採取の野苺ジャム、ブラックベリージャム、梅干し、吊るし柿、特辛味噌、本瓜の味噌漬け、沢庵漬けと、私にしたら時間潰しの『台所遊び』の一環にして、『頭の体操』見たいな物で在る。要は、『愉しむ対象』なので在る。

 尤も料理の見栄えは男で在るから、女族には敵わない。然しながら、女族と違って観察・工夫は、会社勤めで鍛えられて居るのが男族でも在る。料理の上手かった母親が味付けでは負けると云うから、美味い物作りは『母親の遺伝子』を受け継いで居るのだろう。料理と云うか味付けは、『舌が覚えて行く』のだろうと思われる。

 味見役の倅も、何時かは台所に立たなければ為らないの『自覚』を持って居る様で在る。倅の口癖が、『俺も親父の倅だから、そんなに馬鹿じゃ無い。遣る気さえ起こせば、立派に親父の後を継げる。親父の遺伝子は、いざと為らなければ動かないスロースターターなんだ。』と、女房に云って居る次第で在る。

 小童子は、内容が解って居るのか知らないが、そんな両親の話を大人に交じって黙って聞いて居る。長男の性か、小童子は軽はずみを口にしない完全犯罪タイプで在る。家に来ると下チビを連れて、四畳半の水槽金魚の餌遣りをしに行くのだが、前回時は行かなかったと思ったが、確りと餌溢しの形跡が残って居たから、『完全犯罪の綻び』が見られた次第で在る。一端の完全犯罪をするのなら、私同様の『指差し呼称』をするべきと思うのだが、その緻密さが無い処が、未だ未だ『頭隠して尻隠さず』の小童子の域を脱し切れて居ない次第なので在る。

 その内、世界の名著・シャーロック・ホームズを確り読んで、軌道修正をして行かないと成長は覚束ない次第で在る。ギャハハ!!為りで、可愛い時期でも在る。小童子は私2世の倅から、『物事の基本は、観察から始まる。』の薫陶を受けて居る最中で在る。親子共々、頑張るべしで在る。

 そんな倅に私はニヤニヤして、『子供は妖怪様が云う様に、還暦期に入っても成長するんだ。俺が実証して居るんだから、焦る事は無い。その時に為れば、眠って居た遺伝子が動き出すまでの事だ。』と云うと、倅は、小さいながらも家庭での亭主たる私と介護賄い夫生活で、家事全般をこなして来た私の若い頃と現在をじっと観察して来た男で在る。

 そんな次第で、『流れて居る遺伝子の自信が在る』様で在る。子煩悩で、面倒見の好い、優しい男で在るから、定年退職後の倅が愉しみと云う次第でも在るし、上の小童子との相性が好いから、きっと、私と倅同様の親子関係を作って行くのだろうと思って居る次第で在る。アハハ!!

 下らないドラマとか小説では、親子の断絶、葛藤、相剋関係を『文学上のセオリー』の様に描く低能児が多にして在る。私に言わせれば、ただ単に親子共に人間としての実力が無いだけの事でしか無い。血の繋がりは、普通に行けば嗚呼、そうだよ。この道は何時か見た道、来た道の『同心円の関係』で在ろうに。

 そんな輩が青白い顔をしてウダウダと純文学気取りで深刻振った処で、世に汚い『自画像』を晒すだけの事で在る。そんな輩の顔・表情・態度に人間力の力強さ、寛容力、優しさ、鋭さから滲み出る魅力は伝わって来ない次第で在る。

 加えて、歴史観を構成する歴史の行間を読む包容力の大きさが感じられない次第で、私は小説の類を余り読みたいとは思って居ないので在る。

 肉体労働、危険労働をした事も無い人間が、『統計資料』で労働を語り、自力介護を経験した事の無い者が、介護を講演する。ミクロを経験せずして、マクロを語る。木を見て森を見ず、森を見て木を見ず。海を見て、川を知り、川を見て、森林を知る。

『森羅万象の理』と云う言葉が在る。其処に働く理は、総べからず、人間界も自然界と同様に、相を為す生態系の循環で在ろうに。へへへ。

 何々、お天気は下り坂とね。しゃ~無い。先日の反省に、ネットを取り入れて、柿簾に雨蔽いのシートを掛けて置くと致そう。

 妖怪様は親父に『同じ失敗を繰り返するは、馬鹿のする事だ』と、尻を蹴とばされたと云う。母子家庭の私は、そんな母親の下で育った。結婚すれば女房に云い、子供が出来れば子供にそう遣ってゲンコツを喰らわして来た。その倅は小童子に、同じ事を言い同じ事をして居る。そして時々、小童子はR家の家訓をいざと為ったら、怖い爺っちゃまから蹴とばされ、往複ビンタを頂戴するで在るから、堪った物では無い次第で在る。

 私が親父に付け加えた言葉が、『小童子よ、叱られて賢く為れ、我慢して強く為れ。』で在る。私も覚えて居るが、倅も小さい頃の事を的確に好く覚えて居るから、矢張り『血の繋がりは、遺伝子の同心円』とニガ笑いして居る次第で在る。

 私は素直な性質で在るから、シート掛けをする。怠ったら、墓入りの際に、親父、妖怪様のお説教が待って居る事に為って仕舞う。私は物臭者で在るから、お説教を貰うのも、するのも面倒な事で在る。

        それから小一時間もすると、風と雨が降って来た。へへへ。

 明けて本日、風と雨の残るお天気さんで在る。去年の同級会も雨で在った。まぁ、確率論からしたら、この時季2日続けての雨は無かろうから、自転車で行ける事だろう。早目に家を出て、マンドリンの弦を買って行く事にしよう。

 この頃は音楽1の『音楽障害者の身』では在るが、指先の運動の為に音の搔き鳴らしを息抜きにして居る日々で在る。

 古希の年齢に達して、皆、健康が最大の見付け物の年齢域に入るので在るから、年に一度の安否確認の場は貴重な次第で在る。付かず離れずで、中学の同級会に参加する事も楽しみの一つと為ろう。話しに依れば、初参加も何人かいるとの由。私は音痴でカラオケは聞くだけでは在るが、ワイワイガヤガヤで『呆けずにカラオケ』は、語呂が好いでは無いか。

 何事も『元気が見付け物』で在る。姿形は爺、婆為れど、顔を合わせて話を交わせば、中学時代にタイムトリップの少年少女達で在る。場と云う器の提供は、有難い次第で在る。男女幹事連4人に謝意を贈る次第で在る。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!